g-lad xx

NEWS

アカデミー賞ノミネート作品が出揃い、アラン・チューリングの生涯を描いた『イミテーション・ゲーム』などが注目を集めています


 1月15日(現地時間)、第87回アカデミー賞のノミネート作品が発表されました(全ノミネートの一覧はこちら

 今回、ゲイ的に最も注目を集めているのは、作品賞、監督賞、主演男優賞、助演女優賞、脚色賞、美術賞、編集賞にノミネートされている『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(The Imitation Game)』です。コンピュータの父と呼ばれ、第二次大戦の英雄ともなりながら、ゲイであることを理由に逮捕され、悲劇的な生涯を終えた天才数学者、アラン・チューリングを描いた作品で、今をときめくベネディクト・カンバーバッチが主演をつとめています。

 それから『シカゴ』のロブ・マーシャルが監督し、パートナーのジョン・デルーカがプロデュースしたミュージカル映画『イントゥ・ザ・ウッズ』でメリル・ストリープが助演女優賞にノミネート(アカデミー賞史上最多となる19回目のノミネート)されています。 

 また、リチャード・グラッツァー&ウォッシュ・ウエストモアランド監督による『アリスのままで(Still Alice)』のジュリアン・ムーアが主演女優賞にノミネートされました。リチャード・グラッツァーとウォッシュ・ウエストモアランドはゲイカップルで、リチャード・グラッツァーはALS(筋委縮性側索硬化症)という病気と闘いながらの撮影となりました。
 
 以上の3作品は、今年の3月から日本で公開されます。

 長編アニメーション部門には、ゴールデングローブ賞に輝いた『ヒックとドラゴン2』がノミネートされています。『ヒックとドラゴン』はドラゴンという異族(化け物)と人間の共生をテーマにした感動的な作品で、あのDreamWorksが製作しています。監督のディーン・デュボアはオープンリー・ゲイで、『ヒックとドラゴン2』では主要なキャラクター(ヒックのお父さんの右腕)がゲイであることをカミングアウトしています。今のところ日本での公開の予定はないようです(が、受賞を機にきっと配給が決まることでしょう)
 
 なお、長編ドキュメンタリー部門に、昨年の東京国際レズビアン&ゲイ映画祭でも上映された『アゲンスト8』がノミネートされるのでは?と期待されていましたが、残念ながら実現しませんでした。

 アカデミー賞授賞式は2月22日(現地時間)に開催。ホスト(司会)をつとめるのは、先日同性婚したニール・パトリック・ハリスです。23日にWOWOWで生中継されるほか、各種メディアで報じられると思いますので、結果を楽しみにしましょう。



2015 Oscar Nominations: The Imitation Game, Meryl Streep, Still Alice & More(OUT.com)
http://www.out.com/entertainment/popnography/2015/01/15/lgbt-oscar-nominations-imitation-game-meryl-streep-still-alice-

INDEX

SCHEDULE