g-lad xx

NEWS

宝塚市も同性パートナー条例の制定を検討

 兵庫県宝塚市の中川智子市長は3月24日、LGBT支援策として、同性カップルを男女の夫婦と同等の間柄として認め、証明書を発行する条例の制定に向け、検討を始めることを発表しました。
 4月に検討会を設置し、パートナー証明書の発行や同性カップルの市営住宅への入居、相談窓口の設置、LGBTへの理解を求める冊子の作成にも取り組むそうです。
 検討会は人権や福祉、教育などの担当者15人程度(課長級職員)で構成し、LGBTに詳しい学識者をアドバイザーに迎えます。5月にはゲイであることを表明している大阪市の弁護士を招いて講演会を開くそうです。

 中川市長は「渋谷区の動きがきっかけとなり、議論を進めることにした。行政にできることを考えたい」「人が自分らしく生きていくための大切な施策。LGBTの子どもたちが孤立感を抱えている可能性もあり、勇気を持って一歩を踏み出したい」と語りました。

 渋谷区の発表以来、世田谷区、横浜市などが同性パートナー条例の制定を検討すると表明してきましたが、宝塚市もこれに続くかたちとなりました(西日本では初です)




宝塚市:LGBT支援策 同性カップル証明書 条例検討へ(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/news/20150325k0000m010171000c.html

同性カップル、市営住宅への入居検討…宝塚市(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20150325-OYT1T50037.html

INDEX

SCHEDULE