g-lad xx

NEWS

渋谷区の同性パートナー条例案が委員会を通過、31日の本会議で成立の見通し

[+dr.title+]

 東京都渋谷区議会の総務区民委員会は3月26日、生計をともにする同性カップルを「結婚に相当する関係」と認めるパートナー証明書を発行する条例案を賛成多数で可決しました。31日の本会議で可決、成立する見通しです。区は4月1日施行、早ければ夏ごろからの証明書発行を目指します。
 条例案は、渋谷区在住の20歳以上の同性カップルに夫婦と同等の関係と認める「パートナーシップ証明書」を区が発行するという内容(互いを後見人とする公正証書の提出などが条件となります)。区民住宅の入居申し込みの際、家族と同じように処遇されるほか、区民と区内の事業者に証明書を持つ同性カップルを夫婦と同等に扱うよう、最大限の配慮を求め、公平に対応することを求めるものです。カップルの権利を侵害するような事例が発生した場合は、区は指導や助言などを行い、是正を勧告したり、悪質な権利侵害を行った事業者名を公表するというものです。
 採決に先立つ質疑では、条例趣旨に反した事業者名の公表を定めた規定などについて質問が相次ぎ、桑原敏武区長は「事業者名の公表は最終手段で、著しい人権侵害の場合のみ。いきなり公表するのでなく、事業者に条例を理解してもらえるよう努める」と説明しました。
 採決では自民党区議2人が反対、共産、公明、民主とその他2会派の計6人が賛成しました。また、公明党区議の提案で「制度は公平かつ厳格に運用すること」「事業者名の公表は避けるよう努めること」などの付帯決議※が行われ、こちらも採択されました。
 31日の本会議では、全32人の区議のうち共産(6人)、公明(5人)、民主(4人)など5会派計21人が賛成を決めていて、反対の自民(8人)などを上回るとみられています。

[+dr.title+]

 3月23日に日本外国特派員協会で会見した桑原区長は「社会秩序や制度は人のためにあり、問題があれば改善するのは当然。法律があって事実があるのではなく、事実があって法があるのだと思う。(国は)いずれかの時期に考えを変えなくてはならない」「早い段階から人間の性の多様性について肯定的な啓発が重要」「仮に成立しなかった場合でも、相談窓口は置きたい。教育や職場の現場では、こういったことに対する配慮、理解といったことの活動は進めさせていただきたい」と語っていました。
 26日に無事に委員会を通過したのを受け、桑原区長は「大変うれしい。いろいろな意見があったが、最終的にご理解いただく意見が過半だったということで、ありがたい」と語りました。

 渋谷区在住で、パートナーの東小雪さんと共に性的マイノリティの問題に取り組む増原裕子さんは、成立の見通しとなったことについて、「率直にうれしい。条例は性的マイノリティの人権を守る姿勢を表しており、区は丁寧に説明し、いろいろな立場の人が考えるきっかけとなってほしい」と語りました。

 一方、3月25日、自民党の「家族の絆を守る特命委員会」が党本部で会合を開き、渋谷区の同性パートナー条例案について議論しました。参加議員から「党としてしっかり議論するため、区議会は継続案件とすべきだ」との声が上がり、桑原敏武区長や同党区議から説明を聴くため、同委への出席を求めることを決めました。また「『婚姻は両性の合意のみに基づいて成立する』という憲法24条の両性は、男女としか読めない」などという理由で条例案の適法性に疑問の声が上がり、事実婚との関係から「同性間だけにパートナーシップを認めるのは異性愛者差別ではないか」との意見も出たそうです。
 古川俊治委員長によると、法務省の担当者からは「同性間のパートナーシップを認めることを禁じる法制になっていないので、(条例案は)法律上の問題があるとはいえない」との見解が示されました。


※付帯決議の内容(詳しくはこちら
一、男女平等・多様性社会推進行動計画の策定にあたっては、区民と事業者に対して講演、説明会を開き、条例の理念を徹底するよう努められたい。
一、「診断後」、「治療中」である性別変更前の性同一性障害者へ特段の配慮を講じるよう努められたい。
一、パートナーシップ証明発行の区規則策定にあたっては、運用前に少なくとも2回以上、委員会に報告するよう努められたい。
一、パートナーシップ証明発行の区規則においては、丁寧に、公平に、かつ厳格に運用するよう努められたい。
一、相談及び苦情への対応にあたっての関係者名等の公表は避けるよう努められたい。
一、男女平等と多様性を尊重する社会を推進するための拠点施設につきては、渋谷女性センターアイリスの運営委員会を継続するとともに体制を拡充し、これまでの女性団体等の活動が後退することのないよう努められたい。


渋谷区、同性パートナー条例案が委員会通過 自民は反対(朝日新聞)
http://www.asahi.com/articles/ASH3V5H7FH3VUTIL026.html

同性カップル:東京・渋谷区議会委 パートナー条例案可決(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/news/20150327k0000m040091000c.html

「同性カップル証明」施行へ…渋谷区議会委可決(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20150326-OYT1T50127.html

同性パートナー条例が成立へ(ロイター)
http://jp.reuters.com/article/kyodoPoliticsNews/idJP2015032601001288

同性カップルに証明書発行する条例 自民党反対で成立は不透明、と渋谷区長明かす(J-CASTニュース)
http://www.j-cast.com/2015/03/23231125.html

同性婚について「国がやるべきこと」桑原渋谷区長(日刊スポーツ)
http://www.nikkansports.com/general/news/1451060.html

渋谷区の「同性婚」条例案、自民内から異論相次ぐ(朝日新聞)
http://www.asahi.com/articles/ASH3T5Q0KH3TUTFK00Y.html

INDEX

SCHEDULE