g-lad xx

NEWS

AKB48の峯岸みなみさんが「女の子ともつきあえる」とカミングアウト

 AKB48の峯岸みなみさんが、5月6日深夜放送の「僕らが考える夜」(フジテレビ系)に出演し、「同性も結婚の対象ですか?」というテーマでトークが展開されるなかで、中学生のときに女性に恋をしていたことをカミングアウト、今でも「女の子ともつきあえる」と語りました。

 この番組は、日本の若者が直面するさまざまな問題をテーマに、現代を生きる若者代表としてAKB48のメンバーが論客とともに真剣に考え議論を交わしていくもの。司会は土田晃之さん&指原莉乃さん(HKT48)
 今回、番組に「いつも楽しくそして真剣に見ています。第二回で自殺をテーマにしていましたが、その原因の中にLGBTという人たちがいたということをもっと色んな人に知って貰いたいです。LGBTは最近多くの人に認知されていますが、実際色んな人の意見が聞いてみたいです。厳しい意見も含め、討論していただければ幸いです。自分はLGBTのT(トランスジェンダー)で、女性として生まれ男性の心を持って生きています。まだ、未治療ですが体にメスを入れる治療を考えています。(雄惺・男・大学生・20’s)」というメールが寄せられ、LGBTがテーマとして採用されることになったものです。
 パネラーとして、小笠原茉由さん(AKB48)、島田晴香さん(AKB48)、峯岸みなみさん(AKB48)、内山奈月さん(AKB48)、上島竜兵さん(ダチョウ倶楽部)、作家の岩下尚史さん、社会学者の濱野智史さんが紹介された後、LGBTが20人に1人はいるということ、渋谷区の条例のこと、それを7割の若者が支持していることなどを伝える映像が流れ、初めて東京ディズニーシーで同性結婚式を挙げた東小雪さんが登場しました。
「同性婚をどう思う?」というお題に対して、岩下さんが「(欧米と違って)日本では同性愛は罪ではない。日本人はのんきに考えていた」とコメント、島田さんが「固定観念をどうにかしないと」などとコメント。
「なぜ同性婚は理解されないのか?」というお題に対して、東さんが「同性愛者が見えづらいということもある。禁止されていませんし」と、土田さんが「ふわっとしてるんですよね」とコメント。
「身近にLGBTの人はいる?」というお題では、小笠原さんが「身近に性同一性障がいの友達がいる。ぜんぜん嫌悪感もないし、同性婚も早く認められたらいいと思う」と、指原さんが「あるメンバーがそういう気持ちがあることに気づいていた」と、土田さんが「あれだけ人数がいたらいてもおかしくない」とコメントし、ここで峯岸さんが「中学生の時に女のマネージャーが好きになった。実際に、女の子とつきあえるなっていう時分もいる。男性の容姿にタイプがあるように、女性のタイプにも容姿がある。好きだった方は、ほかの人としゃべるのに嫉妬したり。泣いてたり。離れるのがさびしくて泣いたり。なんで女同士って結婚できないんだろう、これはきっと報われないし、意味ないんだなって思って。女の人を好きって言ったらお母さんはもしかして悲しむんじゃないかなって思った時に子どもながらにいけないことをしてる、というかいけない感情なのかなって」と語りました。それを受けて東さんが「罪悪感を覚え、自殺を考える人も多い」と語り、同性愛者でいじめられた経験がある人は7割、自殺を考えたことがある人は3割にも上る、というデータが示されました。続けて東さんが「おかしなことじゃないって大人が示すことが大事」と語り、岩下さんが「決めつけられると迷惑。相手次第だもん。好きっていうか寝たい。日本の恋って寝たいってことですよ」とバイセクシュアルなのでは?とも受け取れる発言をして、さらに小笠原さんが「渡辺美優紀ちゃんがすごくキスしてくる」ことをさらっと語ったりもしました。
 最後に「同性から告白されたことは?」というお題で、島田さんが「中学が女子校だったけど、先輩が卒業するときにお手紙をくれて、告白された」と語り、濱野さんが「男子校でもありました」と、上島さんが「もし自分の子どもがそうだったらOKしちゃうな」と、土田さんが「将来そうなるかなと思っても何も変わらない」とコメント。濱野さんが「LGBTが認められる多様性のある都市の方がクリエイティブと言われている」と述べて、同性婚が認められているニューヨークでは、1年に8000組の同性カップルが結婚し、経済効果は200億円に上ったとのデータが示されました。最後に、土田さんが「タイとかって第三のトイレがある。当たり前になるといいね」と、小笠原さんが「同性婚を思い切って今、条例(法律?)として出していけば、これからの子たちにとってもいいこと」とコメントしました。
こちらこちらで動画をご覧いただけます)

 このように、峯岸みなみさんのカミングアウトをメインとして、いろんな方が自身の体験(主にバイセクシュアル的なこと)を語り、また、全体として終始LGBTフレンドリーなスタンスで話が進んでいきました。深夜とはいえ、天下のAKB48の番組ですし、世間にいい影響を与えたのではないでしょうか?



峯岸みなみ、同性を好きになった過去「いけない感情なのかなって」(モデルプレス)
http://mdpr.jp/news/detail/1485521

峯岸みなみ、同性に恋した過去告白 「女の子と付き合える自分もいる」(RBB TODAY)
http://www.rbbtoday.com/article/2015/05/07/131018.html

 

INDEX

SCHEDULE