g-lad xx

NEWS

【熊本地震】ゲイシーンでも被災地支援が始まっています

 熊本・大分で被災された方々をはじめ、度重なる余震で眠れない夜を過ごしている九州の方々に謹んでお見舞い申し上げます。まだ予断を許さない状況ですが、早く余震も収まり、ライフラインが復旧し、元のような生活に戻れるようになることを心よりお祈り申し上げます。
 
 おそらく読者のみなさんは、熊本や大分の友人に連絡を取ったり、お見舞いコメントをツイートしたり、義援金に協力したり、何かできることはないかと気をもんだり、まだ余震が続くなか祈るような気持ちで状況を見守ったりされていることと思います。

 5年前の東日本大震災の際も、ゲイコミュニティでは、被災地のLGBTを支援するJAPANレインボー・エイドという団体が立ち上がったり、チャリティイベントが開催されたり、さまざまなクラブパーティやゲイバーなどで義援金が集められたりしました。

 今回も、すぐに募金箱を置きはじめたゲイバーがあったり、義援褌が販売されたり、三重県から熊本まで支援のトラックを走らせた方がいらしたり、で気持ちを伝えたり、それぞれにできることを行っている方たちがたくさんいらっしゃいます。
 
 4月19日(火)には、二丁目の「食堂酒場いたるの部屋@A Day In The Life」で、大分出身のマスター・いたるさんによる【熊本・大分食べて美味しく応援ナイト!】が開催されるそうです。お仕事帰りにフラッと立ち寄ってみてはいかがでしょうか。
 
 おそらく二丁目では今後、復興支援イベントなども行われるのではないでしょうか(g-lad xxも記事や広告などで喜んでご協力したいと思っております)

 その他、復興支援関連の情報が集まってきたら(情報があれば、ぜひお寄せください)、東日本大震災の時のように、特集なども設けたいと考えております。ゲイシーンから被災地を応援していきましょう。

※なお、今週末24日開催予定の小倉レインボーパレードは予定通り行われるそうです。)

INDEX

SCHEDULE