g-lad xx

NEWS

東京レインボーウィークがスタート!

[+dr.title+]

[+dr.title+]

[+dr.title+]

[+dr.title+]

[+dr.title+]
 4月30日(土)19時~、東京都庁南展望室「TOKYO cafe 202」で東京レインボープライド2016オープニングレセプションが開催され、5月8日までの東京レインボーウィークが華々しく幕を開けました。

 ナビゲーターはフジテレビ報道局シニアコメンテーターの阿部知代さん。GAPのチャリティTシャツ(パレード会場で限定1000枚販売。売り上げはLGBT団体に寄付)を着て、素晴らしく熱いアライとして司会を務めてくださいました。
 最初にNPO法人 東京レインボープライド共同代表理事の山縣真矢さんが「東京レインボーウィークではいろんなイベントが行われます。みなさんぜひ、楽しんでください」と開幕を宣言。それから、ご来場の来賓として、都議会民進党政調会長を務める斎藤あつし都議会議長、公明党「性自認と性的指向に関するプロジェクトチーム」事務局次長の新妻秀規参議院議員、共産党の池内さおり参議院議員、社民党副党首の福島みずほ参議院議員が登壇し、スピーチを行いました。
 続いて、レインボーの台に恭しく祝樽(高知・菊水酒造提供)が置かれ、世田谷区の保坂展人区長、渋谷区の長谷部健区長、教育評論家の尾木ママこと尾木直樹さん、女優の東ちづるさん、東京レインボープライド共同代表理事の山縣真矢さんと杉山文野さんとで「ハッピープライド!」のかけ声とともに鏡開きが行われました。
 ご歓談の後、東京レインボープライド2016について、杉山さん、共同運営委員長の神谷江戸さん(フェスタ担当)、瀧簾三郎さん(パレード担当)、土屋ゆきさん(ウィーク担当)より説明が行われました。
 20時からは、保坂区長、長谷部区長、尾木さん、杉山さんをパネリストにしてトークセッション「LGBTミライ会議!in 東京都庁」がスタート。昨年11月からスタートした同性パートナーシップ証明制度の利用者が、渋谷区では8組、世田谷区では28組にも上ったことをはじめ、最新の情報も盛り込みながら、尾木ママの楽しいおしゃべりも交えながらの楽しいトークセッションでした。最後に阿部知代さんが「LGBTに優しくない東京都はカッコ悪くないか!」と熱く語っていました。
 ここで再び来賓のご挨拶。千葉市でも同性パートナーシップ証明を実現させようとするレインボー千葉の市議会議員の方たちや、上川あや世田谷区議、石川大我豊島区議、石坂わたる中野区議が登壇しました。それから、メインスポンサーである株式会社チェリオジャパンの専務取締役・菅大介さんが登壇し、「LGBTを見える化するという趣旨に共感し、スポンサーを務めさせていただいてます。オリンピックに向けて、東京都からフレンドリーにしていきましょう」とご挨拶されました。
 最後に、お待ちかねのパフォーマーの登場!です。日本初のFTMユニット、レインボーなアイドルとして活躍中のSECRET GUYZの3人が登場し、女性ファンの方たちの熱い声援で大いに盛り上がりました。トリを飾ったのはドラァグクィーンのオナン・スペルマーメイドさん。昨年に続き、パレードでの司会も務めるオナンさんは『パレードに雨を降らせないで』をオリジナルの歌詞で歌ったり、会場の方たちをトリコにしつつ、楽しませてくれました。
 
 東京レインボーウィークの期間中、都内各地で連日、レインボーなイベントがたくさん行われます。トークショーなどは時間の都合で参加が難しいという方も、紀伊国屋新宿本店3階で行われているブックフェア「LGBTを知る100冊!」や、GAP原宿店&渋谷店でのレインボーなキャンペーン、各種写真展など、ちょっとした合間に行ける催しもありますので、みなさんぜひ、足を運んでみてください。

(東京レインボープライド2016オープニングレセプションについては、またあらためて詳細なレポートをお届けします)

INDEX

SCHEDULE