g-lad xx

NEWS

米プロスポーツ界で初となるトランスジェンダーの選手が誕生

[+dr.title+]

 昨年10月、NWHL(北米女子プロアイスホッケーリーグ)に、アメリカのプロスポーツ界では初となるトランスジェンダーの選手が誕生しました。 
 バッファロー・セイバーズでフォワードをつとめるカナダ出身のハリソン・ブラウン選手(23歳)です。

 ブラウン選手は、体の性は女性であり、昨シーズンは、ヘイリー・ブラウンとしてでプレーしていました。しかし、今シーズンの開幕時に、アメリカのスポーツ専門チャンネルESPNの取材で「自分は明らかに男性である」と、FtMトランスジェンダーであることを公表しました。複数のメディアによると、アメリカのプロスポーツ界でトランスジェンダーであることを公表した現役選手はブラウン選手が初めてとのことです。
 ESPNの記事によると、ブラウン選手は、カナダの学校からアメリカのメーン大学に編入し、大学時代にもアイスホッケー部のコーチにはトランスジェンダーであることを告げていたそうです。卒業後には性別適合手術を受けるつもりでいましたが、NWHLでプレーすることになり、女性から男性になった選手が女子リーグでプレーすることは難しいと考えたため、手術を先延ばしすることにしたそうです。
 ブラウン選手は、氷から降りて、自分のことを男性と認めてくれ、そのように接してくれる友達といるとリラックスできたといいます。そこで、今シーズンの開幕にあわせて、トランスジェンダーであることを公表し、名前も男性名として選手登録することを決断。ゴールを決めたときの場内アナウンスも、男性名になりました。

 アメリカプロスポーツ初のトランスジェンダー選手の登場を受けて、NWHLは昨年12月27日に、トランスジェンダー選手の出場資格について発表しました。
 その中で「NWHLは男性・女性と2つに分けることだけでなく、アスリートが彼らのジェンダーを表現することをサポートする」と宣言しています。
 参加規則は国際オリンピック委員会IOCのトランスジェンダー規則とほぼ同じで、以下のような内容です。

1.性自認に関わらず、女性として生まれた人
1.1 競技者はテストステロン(男性ホルモンの一種)のホルモン療法を受けることはできない。女性から男性へのトランスジェンダーアスリートでホルモン療法を受けている人は出場資格を失う。
2.男性から女性へのトランスジェンダー選手
2.1 競技者の自認する性は女性であると宣言していること。この宣言はスポーツのために少なくとも4年間は変更できない。
2.2 競技者のテストステロンレベルが、一般的な女子選手の限度内にあること。
2.3 競技者のトータルなテストステロンレベルは、女子選手として競技することを希望する期間中、一般的な女子選手の範囲にあること。
2.4 これらの条件は検査によってモニターされる。検査を拒否した場合には12カ月の出場停止処分を科す。

 ブラウン選手は、この参加資格の1に該当します。女性から男性にトランスするためのホルモン療法は受けていないそうです。
 また、男性から女性になったトランスジェンダー選手も上記の4つの条件を満たしていれば、出場資格を得ることができます。ホルモン療法を受けていても、男性から女性になった人は、一般的に他の女性より背が高く、より筋肉の密度が高いわけですが、出場資格の条件を満たしているなら個人差として受け入れられなければいけないという考え方です。

『ニューヨーク・タイムズ』紙によると、ブラウンの名前が入ったグッズの売り上げは、NWHLで第3位だそうです。1位と2位はアメリカ代表チームのスターですので、カナダ人のブラウン選手が3位に入っているということは、トランスジェンダーであることを公表したブラウン選手を応援するファンが多いことを示しています(素晴らしいですね)
 Yahoo!ニュースの記事は「厳しい財政事情で興業をやりくりしているNWHLにとっては、トランスジェンダーを含むLGBTを排除しないことは、差別の解消だけでなく、より多くのファンを獲得することにもつながっていくのかもしれない」と締めくくっています。

 スポーツの世界では、身体上の性別が体格差や運動能力の差につながることもあり、男性と女性とを分けて競技が実施されてきました。LGBについては問題がないものの、トランスジェンダーやインターセックスとして生まれた方の場合、男性/女性のカテゴリーに当てはまらないとしてオリンピックやプロスポーツへの参加が阻まれてきたと思います。
 こうした性別や性自認に関するマイノリティの選手を国際大会で受け入れようとする動きは、約20年前に遡ります。
 マウンテンバイク女子で世界選手権にも出場しているミシェル・ダマレスク選手(カナダ)が1996年、性別適合手術を受けたMtFトランスジェンダーであることを公表しました。その頃から議論が起こり、IOCは2003年、ストックホルムでの総会で、性別適合手術を受けた選手が術後の性別で五輪に出場できるようにするためのガイドラインをまとめました。(1)性別適合手術を受ける(2)法的に新しい性となる(3)適切なホルモン治療を受けて、スポーツ競技における性別由来の有利さが十分に縮小されている(ガイドラインの全文はこちら
 2004年、IOCはスイス・ローザンヌで理事会を開き、(3)に手術後2年間が経過していること、という文言を付け加えました。そしてこれらの条件を満たせば、男女どちらの性にトランスした選手でもオリンピックへ出場することを認める(アテネ五輪から適用する)と発表しました。
 2008年、世界最高のタイムで圧勝した18歳の女子選手(南アフリカのセメンヤ選手)について、性別詐称疑惑の報道がなされ、国際陸連(IAAF)が調査に乗り出しました。世の中には生まれつき性別が非典型なインターセックス(性分化疾患)の人がいますが、セメンヤ選手は、性別詐称という不正な方法で競技に参加したような非難を受けたのです。IAAFは世界選手権後にセメンヤ選手の性別検査を実施し、インターセックスであることがわかりましたが、自分が知るよりも世界にそのことが報道され、センセーショナルな扱いを受けたことでとても傷つき、自殺防止センターに入院しました(のちに競技へと復帰し、五輪でもメダルを獲得し、現在も活躍中です)。この出来事があって、IOCは2011年、身体上の性別が明らかでない場合に対応するため、(1)法律上、女性と認められた選手のアンドロゲン値(男性ホルモン)が通常の男性の範囲を超えない(2)各競技団体が選手の匿名性を保った上で評価(3)適格性がないと判断された選手は当該競技に出場できない、という規定を設けました。
 そして昨年、IOCはリオデジャネイロ五輪を前に、トランスジェンダー選手の出場基準を緩和する新たなガイドラインを発表しました。女性から男性にトランスしたFtMの選手については出場の規制がなくなり、MtFの選手については男性ホルモンのテストステロン値が一定レベルを下回っていることなどの条件を満たせば出場できるとするものです。性別適合手術を必須要件から外したことが画期的です。例えば、MtFで精巣が残存していても、エストロゲン補充療法によりテストステロンが一定期間抑制されていれば女性の競技に出場できます(ガイドラインの全文はこちら
 以前はトランスジェンダーだから、インターセックスだからと夢をあきらめていた選手も多かったはずですが、こうして少しずつ道が開かれていき、希望が持てるようになってきました。いずれはNFLやMLBに参加する選手も現れるかもしれないですね。
 


米プロスポーツ初のトランスジェンダー選手登場。昨年末に出場資格規則も整備。(Yahoo!ニュース)
http://bylines.news.yahoo.co.jp/kiyokotaniguchi/20170110-00066424/

INDEX

SCHEDULE