NEWS

その他の記事

第26回レインボー・リール東京が開幕!

2017/07/08

 7月8日(土)、二丁目に程近いシネマート新宿で『ファーザーズ』が上映され、第26回レインボー・リール東京が開幕しました。

 開場は18:45からだったのですが、18:30にはすでに大勢のお客様が詰めかけていて、熱気を感じさせました。開場を前に、スタッフの方が「今年もみなさまのおかげで映画祭を開催することができましたことをお礼申し上げます。本当にありがとうございます」とご挨拶し、拍手が起こっていました。
 シネマート新宿は、昨年同様、出展ブースなどはありませんが(スタッフの方はいらっしゃるので、何かあればお気軽にお声かけを)、数百名を収容する大きなホールで、ゆったりと映画を楽しんでいただけます。空調もちょうどよく、寒すぎるということもありません。Tシャツ+ハーパンといったラフな格好で全然大丈夫です。
 今年も本編上映前に協賛企業のCMが上映されました。LGBTファイナンス(LGBTを支援する金融系企業のネットワーク)、ルピシア、TOOT、そしてアルファロメオでした。 
 気づけば開場は超満員で(その多くがゲイの方だったと思います)、みなさんとても熱心に映画をご覧になっていました。上映後には拍手も起こりました。

 これから来週金曜まで、毎日19時からシネマート新宿で上映が行われます。
 そして、こちらの記事でお伝えしたように、14日(金)には、表参道のスパイラルホールで映画祭(本祭)が華やかにスタートします。そちらもぜひ、足をお運びいただければと思います。この映画祭でしか観ることのできない世界のゲイ映画の数々をぜひ、お楽しみください!


ちなみにシネマート新宿のすぐ近くのマルイメンでは、まだレインボーフラッグが掲げられていました! 映画祭に行く前にちょっと立ち寄ってみてもよいかもしれませんね。