NEWS

その他の記事

オープンリー・ゲイのエドワード・エニンフルが英版『ヴォーグ』誌の編集長に就任

2017/08/03

VOGUEほか


バッキンガム宮殿で行われた
大英帝国勲章授与式典にて。
左からヴァレリー・アモス、
エドワード・エニンフル、
ナオミ・キャンベル

エドワードの受章記念パーティ
に駆けつけたマドンナ
 8月1日、英版『ヴォーグ』誌の編集長にオープンリー・ゲイのエドワード・エニンフルが就任しました。
 45歳の元スタイリストであるエニンフルは、101年の歴史を持つ『ヴォーグ』にとって初めての男性であり、初めての黒人、初めてのゲイの編集長となります。

 エニンフルは仲のいい友人であるモデルのナオミ・キャンベルや受賞歴の多い映画監督でありアーティストのスティーブ・マックイーン、米『ヴォーグ』のグレース・コディントンらを含む新しいチームをすぐさま編成し、新しいスナップチャット版『ヴォーグ』もローンチしました。「英版『ヴォーグ』は、創造性と革新を築いてきた素晴らしい雑誌だ」とエニンフルは語ります。「読者のために今後もわくわくするような美しい雑誌をプロデュースしていくことが楽しみでならない」

 『ヴォーグ』を出版するコンデナスト・インターナショナル社の会長兼最高経営責任者であるジョナサン・ニューハウスは、エニンフルを「文化的な時代精神を形作る、ファッション界やハリウッド、音楽業界に大きな影響を与える存在」と描写しています。
 前任のアレクサンドラ・シュルマンも、「エドワードは非常に才能のあるスタイリストです。エキサイティングでクリエイティブな美的感覚をこの雑紙にもたらすことは間違いありません」と期待を示しています。

 ガーナで生まれ、ロンドンのノッティングヒルで育った5人兄弟のエドワード・エニンフルは、16歳のときにモデルとしてスカウトされ、スタイリストのキャリアをスタートさせました。18歳で英国の『i-D』誌に参加し、業界で最年少のファッションディレクターに。その後、米版『ヴォーグ』で働き、伊版『ヴォーグ』のコントリビューティングエディターとなります。2011年にはニューヨークで「W」マガジンのクリエイティブ&ファッションディレクターに就任しました。2014年にはブリティッシュ・ファッション賞でファッションクリエイターに贈られるイザベラ・ブロー賞を受賞。昨年10月にはファッション界における貢献により大英帝国最優秀勲章も受賞しています。
 大英帝国勲章が授与された際は、ナオミ・キャンベルやケイト・モスが彼のために大きなパーティを催しました(このパーティにはマドンナもお祝いに駆けつけました)

 エニンフルは長年、ファッションにおける広い多様性を追求しており、2008年には伊版『ヴォーグ』で画期的な「オールブラック」号を発表、また女優のルピタ・ニョンゴや、ラッパーからプロデューサーへと転身したディディを含む黒人スターをフィーチャーした来年の「ピレリ」カレンダーもスタイリング、さらに「私は移民(I am an immigrant)」と題された、トランプ米大統領による入国制限令に抗議するショートフィルムの編成も支援し、81人のファッションアイコンたちを登場させています。
 
 ファッション業界で活躍するゲイの方は、枚挙にいとまがありません。デザイナーだけでも、ピエール・カルダン、カール・ラガーフェルド、イヴ・サン=ローラン、ジャン・ポール・ゴルチェ、トム・フォード、ジョルジオ・アルマーニ、ジョン・ガリアーノ、ドルチェ&ガッバーナ、クリスチャン・ルブタン、アレクサンダー・マックイーン、カルバン・クライン、マーク・ジェイコブズなどなど(デザイナーのほとんどがゲイと言っても過言ではないのでは…)、ほかにも、スタイリストやファッション・フォトグラファーなどとしてクリエイティビティを発揮するゲイの方もたくさんいらっしゃいます。しかし、エドワード・エニンフルは『ヴォーグ』誌の「編集長は女性」という暗黙の伝統を打ち砕き、ファッション界のレジェンド、歴史に名を刻む人となりました。そして、数多のゲイ・セレブの中でも最も尊敬を集めるような新時代のロールモデルとなるでしょう(黒人の移民であり、ある意味「叩き上げ」の、実力と人間力でここまで登りつめたというストーリーにも、多くの人々を勇気づけるものがあると思います)
 『ヴォーグ』誌の編集長といえば、『プラダを着た悪魔』(『アグリー・ベティ』も?)の鬼編集長のモデルと言われるアナ・ウィンターを思い浮かべる方も多いことでしょうが、エドワード・エニンフルは将来、この手の映画やドラマのモデルになるかもしれないですね。



【速報】エドワード・エニンフルが、イギリス版「VOGUE」新編集長に決定。(VOGUE)
https://www.vogue.co.jp/fashion/news/2017-04/11/uk-vogue/

英Vogue新編集長に、何故エドワード・エニンフルがふさわしいのか。(FUKROO)
https://fuk-roo.com/originals/560

スナチャ版もローンチ! 英「ヴォーグ」を刷新する新編集長エドワード・エニンフル(Yahoo!ニュース/AFPBB)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170803-00000028-jij_afp-ent