g-lad xx

NEWS

【平昌五輪】フィギュアのアダム・リッポンがアメリカ初の五輪出場を決めたオープンリーゲイの選手になりました

[+dr.title+]
 全米フィギュアスケート協会は1月7日、平昌冬季五輪の男子シングルに出場する同国代表3選手を発表し、全米選手権で2連覇した18歳のネーサン・チェン、3位で昨年の世界ジュニア選手権覇者のビンセント・ゾウ、そして4位のアダム・リッポンが選ばれました。今季のグランプリシリーズ2戦はともに2位でGPファイナル5位のリッポンは、国際大会での実績が評価された模様です。
 アダム・リッポンは2015年にゲイであることをカミングアウトしていますが、今回、平昌行きの切符を手にしたことで、オープンリーゲイのフィギュアスケート選手として初めて五輪のアメリカ代表となったことが本国でニュースになっています。
 アダム・リッポン選手は「五輪出場選手に選ばれて本当にワクワクしているよ。ぼくは常に本来の自分であろうと努めてきた、そして自分自身の物語はいつもとても重要だったんだ。ぼくはアメリカとLGBTコミュニティを代表して平昌に行くことを待ち遠しく思ってるよ」と語りました。

 ジョニー・ウィアーじゃないの?と思った方も多いことでしょう。
 実はジョニー・ウィアーがカミングアウトしたのは2011年で、2010年バンクーバー五輪に出場(6位入賞)したあとで、2013年に引退し、2014年のソチには出場していないのです。今回の平昌冬季五輪では、大会の放映権を持つNBCでフィギュア競技の解説を行うことが決まっているそうです。

 これまで、多くのフィギュアスケート選手が、引退後にカミングアウトしてきましたが、アダム・リッポンは現役中にカミングアウトして五輪出場を決めた初の選手です。平昌での活躍に注目しましょう。

 平昌に行く各国の代表が決まってくると、今回の大会に出場するLGBT選手が何人かというニュースも入ってくると思います。続報をお届けします。



 

Gay Skater Adam Rippon Shares His Joy in Making the Olympic Team(Advocate)
https://www.advocate.com/sports/2018/1/08/gay-skater-adam-rippon-shares-his-joy-making-olympic-team

INDEX

SCHEDULE