g-lad xx

NEWS

韓国初のオープンリー・ゲイのアイドル「Holland」が鮮烈にデビュー、MVでは男の子とのキスシーンも

 ゲイであることをオープンにした初のK-POPアイドル、Holland(ホランド)が1月22日、シングル「Neverland」でデビューしました。

 デビュー曲「Neverland」は、差別のない、自由に愛しあうことができる場所に逃避行したいと願う男の子の感情を描いたオルタナティヴR&B。青空や海の美しく爽やかな色彩に目を奪われるミュージックビデオでは、Hollandと男の子のキスシーンも描かれています。

 K-POPの世界でゲイであることをカミングアウトした人は初めてで、Hollandのデビューは(国内ではそれほど大きく取り上げられていないようですが)海外からも注目を集めています。
 アメリカのBillboardはHollandのデビューに関して「韓国の音楽シーンは劇的な一歩を踏み出した」と報じ、彼のことを応援しています。また、Twitter上では「#HollandDebutDay」のハッシュタグがWorldwideのトレンド入りを果たしています。日本でもこのハッシュタグで「曲も歌声もMVも全部素敵」「MVがすごくきれい。もっとたくさんの人が見てくれますように」「たくさんの葛藤があったと思うけど、勇気づけられた人が絶対にいる」「これからたくさんの曲を世界に届けてほしい。応援しています」といった応援のメッセージが多数寄せられています。

 HollandはInstagramでデビューを報告した際、1年前から長い時間をかけて進めてきたプロジェクトであるとして、「このような経験は私も初めてであり、ほとんど独力で準備して進めてきたので、とても大変で、ストレスも多く受けましたが、発表することによって私の人生で夢を一つ達成した気持ちです。これからもっと大きな夢を叶えられるよう頑張ります」とコメントしています。

 韓国では2000年にタレントのホン・ソクチョンが初めてゲイであることをカミングアウトし、バッシングを受け、しばらく芸能界を干され…という憂き目に遭いながらも辛抱強く困難を乗り越え、現在もTVなどで活躍しています。2001年にはトランスジェンダーのハリスが化粧品のCMでデビューし、女優・歌手・モデルとして活躍しています。
 対照的に、2008年、モデル・俳優のキム・ジフは、ゲイであることをカミングアウトした後、所属事務所との契約が打ち切られ、世間の風当たりの強さに堪えかねて自死しました。
 
 韓国では昨年、陸軍の軍事裁判所が、私的空間で業務上関連のない、合意された相手と性的関係をもった同性愛者の軍人A大尉に禁錮6ヶ月の「有罪」を宣告したほか、同性愛者の一斉摘発を行っており、非人道的だとして国際社会の非難を浴びています。
 ソウルのクィアパレードもずっと、保守派宗教団体などアンチ勢力による激しい妨害を受けてきました(が、日本などからも応援に行く方が増え、昨年は過去最高の8.5万人で盛り上がりを見せました
 昨年12月には、韓国の中学生の80%が「友だちが同性愛者(やトランスジェンダー)でも絶交したり距離を置いたりしない」と答えたというアンケート結果が発表され、若い世代ではLGBTの受容度が高まっていることが明らかになりました。
 また、年末年始には教育テレビEBSの番組でLGBT特集が放送され、人気お笑いタレントがLGBTに偏見を持っていたことを反省し、「(無知と偏見を解消するのに)とても有益な時間だった」とコメントしています(「韓国の教育テレビでLGBT特集 人気の女性お笑い芸人「私、頭がとっても硬かった」」より)
 おそらく、平昌五輪開催を目前に控え(五輪憲章で同性愛差別が禁じられ、LGBT支援はオリンピック・パラリンピック開催の条件となっています)、にわかにLGBTを受容するムードになっているのでしょう。
 もともと儒教思想の影響で家父長制的な(男尊女卑な)社会だったところに保守派キリスト教も加わり、同性愛差別が根強い韓国ですが、着実に社会も変わってきているようです。
 Hollandはそんな今の韓国を象徴する存在なのかもしれません。LGBTの希望となるべくデビューした新時代のアイドルを、日本からも応援したいですね。



K-POP歌手が初めてゲイを公表、MV公開で社会的イシューなるか(Yahoo!ニュース)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180125-00000021-wow-int

同性愛を告白した初のK-POPアイドルHollandがデビュー、日本でも話題に(modelpress)
https://mdpr.jp/k-enta/detail/1742291

INDEX

SCHEDULE