g-lad xx

NEWS

「バーバリー」のチェック柄がレインボーカラーに…LGBTQ支援の心意気として

[+dr.title+]

[+dr.title+]
 バーバリー(BURBERRY)が2月17日(現地時間)、ロンドン・ファッション・ウイークで発表する2018-19年秋冬コレクションのショーで、レインボーカラーをアレンジしたアイテム「ヴィンテージ レインボーチェック」を初披露することが明らかになりました。
 
 「ヴィンテージ レインボーチェック」はバーバリーのアイコニックなチェックにレインボーカラーが差し込まれたパターン。レインボーは性の多様性や包括性、未来へ向けての明るくハッピーな意味合いを含むシンボルとして使用されており、バーバリーは今回のコレクションの売り上げをLGBTQ※コミュニティへの寄付に充てることを表明しています。

 また、ショーに登場する一部アイテムは「見てすぐ買える」カプセルコレクションとして展開、ショー終了直後からバーバリーの店舗やオンラインストアで発売するほか、伊勢丹新宿店本館1階で2月21日から1週間限定で行われるバーバリーのポップアップストアでもお買い求めいただけるそうです。なお、ショーの様子はブランド公式サイトでライブ配信される予定です。
 
 バーバリーはこれまでにも、アルバート・ケネディ・トラスト(LGBTQのホームレスの若者を支援するイギリスの団体)、トレバー・プロジェクト(LGBTQの若者の緊急援助や自殺防止に取り組むアメリカの団体)、ILGA(国際レズビアン・ゲイ協会)などの団体に寄付を行ってきました。

 アルバート・ケネディ・トラストのチーフ・エグゼクティブであるティム・シグズワースは「イギリスの15万人のホームレスの若者うち、24%はLGBTQであることが判明している。勇気を出して家族にカミングアウトしたのに虐待や拒絶を受け、ホームレスになった若者たちだ。『バーバリー』の寄付金の金額は公開し、彼らが安全な家に住むことを目指すわれわれの活動のサポートに使われる」と語っています。

 17年間にわたってバーバリーの成長に貢献し、ファッション業界にも大きく影響を与えたプレジデント兼チーフ・クリエイティブ・オフィサーのクリストファー・ベイリーは、今年の12月をもって退任することが決まっており、今回が最後のコレクションになるそうです。クリストファー・ベイリーは「私の最後のコレクションは、世界中のLGBTQの若者をサポートする最も優秀な団体に捧げる。ダイバーシティはわれわれの強みであり、創造力だとアピールするのに今回は1番のタイミングだ」と語っています。
  
[+dr.title+]

右がクリストファー・ベイリー、
左がサイモン・ウッズ
 なお、クリストファー・ベイリーはオープンリー・ゲイで、MIU MIUのデザイナーだったゲール・クルエと長い間パートナーシップを築いていましたが、2005年にゲールが病気で他界し、現在は俳優のサイモン・ウッズと婚約中です(2012年に結婚するとの報道がありましたが、まだしていないようです)
 
※LGBTQ:アメリカではLGBTにQ(クエスチョニング、クィア)を含めたLGBTQという言い方が主流になっています。もっと多様なマイノリティも含めようとする意味でLGBTQ+とも表記されます。




「バーバリー」のチェック柄がレインボーに ベイリー最後のコレクションはLGBTQに捧げる(WWD JAPAN)
https://www.wwdjapan.com/557959

「バーバリー」チェックが虹色に、ベイリー最後のコレクションはLGBTQ+をサポート(Fashionsnap)
https://www.fashionsnap.com/article/2018-02-14/burberry-rainbow/

INDEX

SCHEDULE