g-lad xx

NEWS

第90回アカデミー賞でトランスジェンダー映画『ナチュラルウーマン』が外国語映画賞に輝き、ジェームズ・アイヴォリーが脚色賞を受賞


レッドカーペットに登場した
ダニエラ・ヴェガ
 3月4日(現地時間)、第90回アカデミー賞授賞式が開催されました。
 92ヵ国からエントリーがあり、大激戦となった外国語映画賞は、チリ映画の『ナチュラルウーマン』に贈られました。逆境に負けずに生きるトランスジェンダーのマリアを主人公に、どれほど揺るぎない絆を結んでいても法で守られない社会の不条理や、トランスジェンダーを拒絶する人々の心理を描いた作品です。主人公を演じたダニエラ・ヴェガ自身もトランスジェンダーのアクターであるというところでも注目を集めました。
 授賞式でセバスティアン・レリオ監督は「本当にありがとうございます。素晴らしい贈り物です。アカデミーの皆さんありがとうございます。友人たちにも感謝したいと思います。プロデューサーのパブロ・ララインにも。キャストにも感謝します。特に素晴らしい俳優フランシスコ・レジェスとインスピレーションを与えてくれたダニエラ・ヴェガに。この映画は多くの友人たちの力でできたものです。彼らと賞を分かち合いたいと思います。そして永遠に愛している妻とも」と喜びを語りました。
 過去にジャレッド・レト(『ダラス・バイヤーズ・クラブ』)やヒラリー・スワンク(『ボーイズ・ドント・クライ』)がトランスジェンダーを演じてオスカーを受賞していますが、トランスジェンダーのアクターが演じたトランスジェンダー作品がオスカーに輝いたのは史上初の快挙です。また、ダニエラ・ヴェガは今回、プレゼンターも務めており(主題歌賞にノミネートされた「Mystery of Love」(『君の名前で僕を呼んで』)を歌うスフィアン・スティーヴンスをイントロデュースしています)、アカデミー賞初のトランスジェンダーのプレゼンターとなりました(なお、もう1人、ジャネット・モックというトランス女性が『マーシャル 法廷を変えた男』の主題歌「Stand Up for Something」のパフォーマンスで登場しています。2人のトランス女性がアカデミー賞のステージに立つのも史上初です)。外国語映画賞をチリ映画が受賞するのも初めてで、ダニエラ・ヴェガの活躍は、まだトランスジェンダーの性別変更が難しいチリの現状にプラスの影響を与えるだろうと目されています。
 

レッドカーペットに登場した
ジェームズ・アイヴォリー
 それから、『モーリス』の監督であるジェームズ・アイヴォリー(オープンリー・ゲイの方。現在89歳)が、『君の名前で僕を呼んで』の脚本で脚色賞に輝きました。ジェームズ・アイヴォリー監督は、監督作『眺めのいい部屋』が脚色賞、衣装賞、美術賞の3部門を受賞してはいましたが、自身が受賞するのは今回が初です(よかったですね)。そして2012年に『人生はビギナーズ』で助演男優賞を受賞したクリストファー・プラマーの82歳を塗り替える、アカデミー賞全部門での史上最年長での受賞となりました。
 受賞スピーチでジェームズ・アイヴォリーは「ストレートだろうとゲイだろうとその間のどこかに位置する人だろうと、わたしたちはみな、初恋を経験し、相手に恋する気持ちをまるごと伝える(カムアウトする)」と語りました。それから、原作者のアンドレ・アシマンやキャスト、スタッフへの謝辞と並んで、2005年に亡くなるまでアイヴォリー監督の公私にわたるパートナーだったイスマイル・マーチャントに言及して「私の生涯のパートナーからのインスパイアがなければ、ここに立つことはなかっただろう」と語りました。
 なお、ジェームズ・アイヴォリーは、『君の名前で僕を呼んで』の主人公を演じたティモシー・シャラメ(今回、主演男優賞にノミネートされていましたが、残念ながら受賞はなりませんでした)の顔がプリントされたシャツを着て、レッドカーペットに登場しました。
 
 ほかにも、ゲイに関係する受賞がありました。
 助演男優賞を獲得した『スリー・ビルボード』のサム・ロックウェルは、映画でジェイソン・ディクソンという警官の役を演じていますが、こっそりABBAの「チキチータ」を聴くシーンなどから、ゲイのキャラクターであることが示唆されているそうです(詳しくはこちら
 また、作品賞や監督賞を受賞した『シェイプ・オブ・ウォーター』は、1960年代のアメリカを舞台に、口のきけないイライザ、ゲイであるジャイルズ、黒人の同僚ゼルダなど、差別されているさまざまなマイノリテイが登場し、国家権力に立ち向かっていく姿が描かれています。ジャイルズを演じたリチャード・ジェンキンスは助演男優賞にもノミネートされていました。

 昨年の『ムーンライト』の作品賞受賞のようなインパクトはなかったかもしれませんが、今年も随所にゲイやトランスジェンダーの輝きが見られるアカデミー賞授賞式となりました。

 
 

【第90回アカデミー賞】トランスジェンダーの女性の生き様を描く『ナチュラルウーマン』が栄光を掴む!(Movie Walker)
https://news.walkerplus.com/article/139410/

第90回アカデミー賞外国語映画賞『ナチュラルウーマン』監督のセバスティアン・レリオから喜びのコメントが到着(映画ランド)
https://eigaland.com/topics/?p=70772

【第90回アカデミー賞】最高齢受賞の89歳!『君の名前で僕を呼んで』で脚色賞を受賞のジェームズ・アイヴォリー(Movie Walker)
https://news.walkerplus.com/article/139420/

Oscars 2018: Call Me by Your Name’s James Ivory Gave a Tender Shout-Out to Ismail Merchant(VANITY FAIR)
https://www.vanityfair.com/hollywood/2018/03/oscars-2018-james-ivory-call-me-by-your-name-screenplay-merchant

 

INDEX

SCHEDULE