g-lad xx

NEWS

同性婚実現後初となる第40回シドニー・ゲイ&レズビアン・マルディグラ・パレードが盛大に開催、シェールも登場

[+dr.title+]

[+dr.title+]

[+dr.title+]

[+dr.title+]

[+dr.title+]
 昨年12月に同性婚が認められたばかりのオーストラリアのシドニーで3月3日、40周年を記念する「シドニー・ゲイ&レズビアン・マルディグラ・パレード」が開催され、200のフロートが出走し(約1万2500人の着飾った人たちが行進し※)、世界各地から約50万人が訪れ、世界で最も華やかと言われるプライドパレードや、シェールがメイン・アクトとして登場したアフターパーティを楽しみました。
 
※1万2500人は少ないと思われるかもしれませんが、マルディグラのパレードはデモ行進ではなく、巨大なフロートにゴージャスなクイーンがたくさん乗っていたり、お揃いのコスチュームで大勢がダンスしながら行進したり、ほとんどすべてのフロートがショーアップされたものになっています(登録のない方や普段着での参加はNG)。1万2500人でエレクトリカルパレード並みのショーをやっているようなものです。

 今回、シェールはアフターパーティだけでなくパレードにも現れると噂されていました。いざ、パレードが始まると、出発地点であるテイラースクエアに、オレンジのヘアーでシルバーの刺繍が入ったジャケットを着た世界的なゲイアイコンが登場し、沿道の人々を歓喜させました。メディアの取材に対し、シェールは「同性婚が認められたオーストラリアでの、この素敵なパレードを愛してる。みんな楽しく過ごしてて、ネガティブなものが全くない。最高ね」と語りました。その場にいたターンブル首相は、「ようこそシドニーへ! グラディス(ニューサウスウェールズ州知事)も私もみんなも、この40回目にして同性婚実現後初めてとなるマルディグラをシェールとともに過ごせて大感激だよ」というコメントとともに、シェールと一緒の写真をツイートしました。



[+dr.title+]

[+dr.title+]

[+dr.title+]

[+dr.title+]

[+dr.title+]

[+dr.title+]

[+dr.title+]
 シドニー・ゲイ&レズビアン・マルディグラは約1ヵ月間に及ぶお祭り月間(プライド月間)で、公園でピクニックを楽しむ「フェアデー」や映画祭、アート展、演劇、ビーチでのイベント、クラブパーティなど様々な催しが行われ、フィナーレとして3月第1土曜の夜に盛大なパレードが行われ、その後、数万人規模の巨大なアフターパーティが開催されるのが恒例となっています。今年は2月16日からスタートしていて、3月3日がパレード&アフターパーティでした。
 
 今回のパレードは、シェールが登場したことが最も華やかな話題でしたが、フロートとしては、カイリー・ミノーグの曲に合わせてダンスするフロート、『プリシラ』をイメージした巨大なハイヒールにたくさんのドラァグクイーンが乗ったフロート、大型トラックからサーチライトを放出するフロート、巨大なビニールのボールの中にドラァグクイーンが入っているフロート、恐竜のコスプレ、レザーマンやベアーの一団といった、実に多彩でゲイゲイしいフロートが見られました。また、1978年に初めてパレードを行った(最初は警察官と揉み合いになったそうです)先駆者の方々を讃えるフロート(みなさんご高齢になられているので、大型バスに搭乗)なども参加していました。今ではニューサウスウェールズ州の警察官が1000人も来て、(お祭りを楽しみつつ)和やかに会場の警備にあたっています。
 
 ムーアパーク内のエンターテイメント・クウォーター(FOXスタジオ)で開催されたアフターパーティは、今年は(1万円もする)チケットがあっという間に完売となりました。エリア内にいくつものフロアが点在し、海外からのゲストも含めた総勢数十名のDJがスピンし、メインのHordern Pavilion(体育館のような巨大なハコ)では、シャツを脱いだマッチョなゲイたちがダンス(まるで「肉の海」)、そしてシェールのライブに歓喜し、朝方まで盛り上がったことと思います。シェールは「All or Nothing」「Strong Enough」「Believe」「If I Could Turn Back Time」といった自身のヒット曲をメドレーで披露したそうです。
 アフターパーティのメイン・アクトにはこれまで、カイリー・ミノーグやダニー・ミノーグ、オリビア・ニュートン=ジョンのようなオーストラリアが誇るメジャーなアーティストをはじめ、世界的に有名なアーティストがゲストとして出演しています(過去にはジョージ・マイケル、シンディ・ローパー、チャカ・カーンなども出演)

 90年代から何度となくマルディグラのパレードとパーティを楽しむツアーが実施されてきたので、参加された方もいらっしゃるかと思いますが、まだ体験したのことのない方、ぜひいつかはあの興奮と感動を、人生観が変わるような圧倒的なスゴさを体験してみてください。
 


豪でLGBTパレード 世界最大級、50万人が見物に(中日新聞)
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2018030301001987.html

豪シドニーでLGBTの祭典、同性婚の合法化祝う(ロイター)
https://jp.reuters.com/article/china-parliament-growth-idJPKBN1GH0DP

Cher Dazzles at Gay and Lesbian Mardi Gras in Sydney(TOWLEROAD)
http://www.towleroad.com/2018/03/cher-mardi-gras-2/

INDEX

SCHEDULE