g-lad xx

NEWS

トランスジェンダーの保坂いづみ市議が根室市長選へ出馬 

 8月27日、MtFトランスジェンダー(性同一性障害)であることを公表している北海道根室市の保坂いづみ市議が、任期満了に伴う根室市長選(9月2日告示、9日投開票)に無所属で立候補することを表明しました。

 同日、市内で記者会見を開いた保坂氏は「市役所のためではなく、市民のための政治を」と訴え、阪神大震災のとき神戸市に住んでいた経験から「災害に強い街づくり」を最重点項目に挙げるとしながらも、「市民の声を直接聞き、少数者に配慮した政治をしたい」と語りました。

 保坂氏は神戸市出身で、神戸大を卒業後、2010年に司法試験に合格。口述試験で「24時間女性として生きたい」と覚悟を決め、女性の服装で臨み、面接官に思いが届き、合格したといいます。岡山県の法律事務所を経て、2016年に根室市内に法律事務所を開設。2017年9月の根室市議選に女性として立候補し、20人中5番目に多い得票数でで初当選しました。
 
 根室ではこの6月、長谷川俊輔市長が体力面の不安などから市長を退く意向を表明し、9月に市長選が行われることになりました。7月には経済界などの要請を受けて前副市長の石垣雅敏氏が出馬を表明していました。

 国内でトランスジェンダーであることをオープンにして選挙に出馬した方は過去に7人で、当選を果たしたのは保坂さんが3人目でした。
 そのうち、市区町村議会の議員ではなく、市区町村長(首長)の選挙については、今年6月、女性装の東大教授・安冨歩氏が埼玉県東松山市長選に出馬し、話題を呼んでいました。



性同一性障害の市議、市長選へ(共同通信)
https://this.kiji.is/406758873900844129?c=39550187727945729

選挙 根室市長選 保坂市議出馬へ/北海道(毎日新聞)
https://mainichi.jp/articles/20180828/ddl/k01/010/090000c

INDEX

SCHEDULE