g-lad xx

NEWS

レディ・ガガ、シーア、たくさんの方たちが、トランプ政権によって無きものにされようとしているトランスジェンダーへの支援を表明

『ニューヨーク・タイムズ』紙は10月21日、米トランプ政権が、ジェンダーを生まれ持った生殖器によって決まる生物学的性別であり不変なものであると定義する(性別の変更を禁じる)法案を準備していると報じました。これが事実なら、「全米の推定140万人に上るトランスジェンダーの人々が連邦政府から存在を認定されなくなる」わけで、衝撃的です。
 
 『ニューヨーク・タイムズ』紙が入手したメモ(今年の春ごろに起草され、回覧されていた法律の草案)によると、米保健福祉省は、政府の助成する教育課程において、法律上の性別の定義を「性別とは男性か女性のいずれか一方である」「生まれた時または生まれる前に確認された不変の生物学的特徴に基づく」と規定し、また、「出生証明書の原本に記載された性別は、信頼できる遺伝的証拠による反証がない限り、個人の性別の決定的証拠とみなされる」というふうに変えようとしています(つまり、トランスジェンダーが性別違和に基づいて性別変更することが不可能になります)。保健福祉省は、この定義を教育省、司法省、労働省でも適用し、政府内で統一性を確立するよう呼びかけているとのことです。
 
 法がどう決めようが関係なく、異性装など出生時の性別とは異なる性別を生きようとする振る舞いは(同性愛と同様)有史以来、普遍的に存在してきました。世界各地に「第三の性」と呼ばれる人々がいて、シャーマンやヒーラーとして敬われるような存在だったりしました。
 性別違和は趣味嗜好などではなく、誤った性別で生まれてきたという無限に続く歯痛のような苦しみで、そこから何とかして逃れたいと願う切実なものであるのに、それを完全に無視し、世の中に存在しない、認めないと国家が決めつけてしまうことの暴力性たるや…ほとんど殺人的と言えるのではないでしょうか。
 万が一、この時代錯誤極まりない、無慈悲で非人道的な(おそらく国連をはじめ各方面から非難されるであろう)法案が成立すれば、トランスフォビアが激しい地域では、自殺したり、亡くなる方も増えるのではないでしょうか(ただでさえ、アメリカでは毎年数十人のトランスジェンダーが憎悪犯罪の犠牲になっています)
 
 アメリカではオバマ政権時代に(同性婚をアメリカ全土で認めただけでなく)、トランスジェンダーの生徒に自身の望むほうの性別のトイレを使うことを認めるよう全米の公立学校に求める通達を出すなど、教育や保健医療などの分野で、各人の性自認を尊重するような施策を(共和党が過半数を占める議会の反対でなかなか進まなかったものの)少しずつ採用してきました。
 対照的に、トランプ大統領は、就任初日にホワイトハウスの公式サイトからLGBTQのページを削除し、トランスジェンダーのトイレ利用に関する上記の通達も破棄し、そしてトランスジェンダーの従軍も禁じるなど、LGBTQの権利を少しずつ剥奪してきました。同性愛者の就労差別を禁じた法律に否定的で、企業や店舗が宗教的信条に基づき同性カップルへのサービス提供を拒否する権利を擁護しています。今月からは、米国に駐在する外交官らの同性パートナーに認められていた査証(ビザ)の発給が停止され、すでに入国しているパートナーが出国を迫られる恐れも生じています。そしてとうとう、このような恐ろしい法案の成立(トランスジェンダーの迫害)まで目論むようになりました。
 テイラー・スウィフトがとうとう、共和党に投票してはダメ!と声を上げはじめたくらい、LGBTQや社会的マイノリティにとって本当に厳しく、残酷な政策が次々に打ち出されてきているのです。

 22日には、この法案について報道陣から問われたトランプ大統領が「真剣に検討している」と認め、事実として確定されました。
 
 この暗澹たる状況に対して、人々は即座に声を上げはじめ、多くの人たちがトランスジェンダーを支援するメッセージを発しています。
 21日にはニューヨークのワシントンスクエア公園で集会が開かれ、22日にはホワイトハウス前で開かれ、トランスジェンダーが社会から抹殺されることなどありえない、「We will not be erased」と叫びました。
 『ニューヨーク・タイムズ』の報道の数時間後には、#WontBeErased(私たちは消されたりしない)というハッシュタグが作られ、ソーシャルメディアを駆け巡り、多くの当事者やアライが投稿しました。
 レディ・ガガやシーアといったセレブが、また、ラヴァーン・コックスやチャズ・ボノに代表されるトランスジェンダーの当事者が、そして人権団体や政治家らが次々と、#WontBeErasedのツイートを行い、トランスジェンダー支援を表明しました。以下、ピックアップしてご紹介します。

レディ・ガガ
「トランプ政権は、ここではない別の世界に生きているのかもね。私たちは社会や文化(の一員)として、私たちがどういう存在かを理解しているし、真実を知っている。彼らに性自認のことを教育するため、結束し、声を上げないといけない」
 
シーア(『シャンデリア』が大ヒットしたシンガー・ソングライター。バイセクシュアルであることを公にしています)
「トランスジェンダーの権利は人権です。トランスジェンダーの権利は私たちの権利です」

ラヴァーン・コックス(『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』への出演で有名になったトランス女優)
「私たちは闘いをあきらめてはいけない。しかしこの、私や私のコミュニティの存在への侮辱に直面して、私は恐れではなく、愛を選ぶ。私たちは存在し、いつも有している」

チャズ・ボノ(シェールの娘、チャスティティとして生まれ、のちにFtMトランスジェンダーであるとしてチャズに改名し、男性タレントとなった)
「私は、私という存在を無きものに再定義しようとする政権に対しての怒りを表明することはしないでおく。ただ、アメリカを偉大にしてきた多様性という価値を恐れるトランプの狭量な政権に、別のプレゼントをしようじゃないか。そう、投票だ」

チェルシー・マニング(元軍人のトランス女性。ウィキリークスへの米軍の情報のリークで有名に。『Vogue』誌の125周年記念限定コレクションの表紙を飾ったりもしている)
「法が私たちの存在を決めるのではない。”私たち”が自分で決めるのだ。それは私たちの武器。私たちのシェルター。私たちのエネルギー。私たちの癒し。私たちの真実。私たちは前に進み続ける。闘い続ける。存在が”私たちの”唯一の法だ」

バーニー・サンダース(上院議員。2016年大統領選の民主党予備選でヒラリーと争った人)
「この政権の残酷さと頑迷さは本当に底なしだ。私たちは、トランスジェンダーの兄弟姉妹を守るためにあらゆる手立てを尽くさなくてはいけない」

ギャビン・ニューサム(カリフォルニア州副知事。サンフランシスコ市長時代に、同性婚を解禁したことで知られる)
「まさに存在している人々のあからさまな否定以外の何物でもない。端的に言って、間違っている。とても容認できるものではない」

カマラ・ハリス(カリフォルニア州の上院議員で、初の女性大統領になる人物ではないかと言われている人物。提案8号(同性婚を州法で禁止する住民投票)をめぐって同州で裁判合戦が行われていた時期に司法長官を務めており、同性カップルを支援する立場を明確にして、感謝された人)
「トランプ政権が、また必要のない残酷な方針を打ち出してきた。トランスジェンダーの人たち、私たちはあなたたちの味方です。消されるなんて絶対に許さない」

ウィメンズ・マーチ(トランプ大統領就任式翌日に首都ワシントンD.Cで行われた行進)
「トランスジェンダーやXジェンダー(自認する性別が典型的な男/女に当てはまらない人々)は、打たれたり、収監されたり、存在を抹消されたりすることはない。トランスジェンダーの権利を守れ。トランスジェンダーの命を守れ」

アメリカ自由人権協会(主に権利章典で保証されている言論の自由を守ることを目的とした、アメリカ合衆国で最も影響力のある非営利団体の一つ)
「もしトランプ政権が、このトランスジェンダーへの憎悪に満ちた残酷な政策を推し進めるなら、私たちは法廷で、路上で、彼らに対面するだろう。トランスジェンダーを政争の具にしようとするあらゆる試みに、私たちは毅然と抗するだろう」


 日本でも、今回の件を報じたWeb上のニュース記事に対して、そら見たことかとばかりに差別的なコメントがつけられていたりして、決して対岸の火事ではない、無関係な話ではないと実感させられます。性自認への無理解・ハラスメント・差別をやめさせ、アライを増やしていくような活動の必要性がますます切実なものになっていきそうです。




'Transgender' Could Be Defined Out of Existence Under Trump Administration(The New York Times)
https://www.nytimes.com/2018/10/21/us/politics/transgender-trump-administration-sex-definition.html

性別は生物学的に変更不可能なものと定義、米政権が検討と報道(TBS)
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3503884.html

トランプ米政権、トランスジェンダーの排除検討(日経新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3675007022102018EAF000/

トランプ政権、トランスジェンダーの排除を検討 性別を男女に限定(産経新聞)
https://www.sankei.com/world/news/181022/wor1810220016-n1.html

トランスジェンダー排除へ 米政権検討、行政上認めず(東京新聞)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/list/201810/CK2018102202000266.html

性別は「生まれつき不変」で男女に限定、米トランプ政権が定義付け検討(AFP)
http://www.afpbb.com/articles/-/3194131

トランスジェンダーの排除、トランプ政権が検討。ニューヨークタイムズが報道(ハフィントンポスト)
https://www.huffingtonpost.jp/2018/10/21/trump-transgender_a_23567646/

トランスジェンダー排除の方針に『#私たちは消されない』広がる。当事者の思いは「何があっても、黙らない」(ハフィントンポスト)
https://www.huffingtonpost.jp/2018/10/23/trasgender_a_23568816/

レディー・ガガ、トランスジェンダー排除を検討しているトランプ政権を批判「リーダーシップが無知によって動かされている」(Billboard Japan)
http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/69007/2

INDEX

SCHEDULE