g-lad xx

NEWS

3月に銀座で「日本のゲイ・エロティック・アート展」開催

 『日本のゲイ・エロティック・アート』(ポット出版)は、日本が生んだ優れたゲイ・エロティック・アートの数々を発掘、再評価した画集で、2003年にVol1、2006年にVol2、そして2018年に完結版としてVol3が刊行されました。
 その完結版発売を記念して、この3冊の本に収録され、紹介された作家を中心に、この本を編集した田亀源五郎氏の作品も交え、ゲイ雑誌創世記の作家から現代の作家まで貴重な作品群を展示する「日本のゲイ・エロティック・アート展」が東京銀座・ヴァニラ画廊で開催されます。全3巻で紹介された作家の作品が一堂に会する、おそらく最初で最後の機会となりそうです。

日本のゲイ・エロティック・アート展
会場:東京銀座・ヴァニラ画廊
入場料:1,000円(展示室AB共通)
※会期中無休
出展作家:稲垣征次、大川辰次、小田利美、木村べん、児夢、髙蔵大介、田亀源五郎、天道寺慎、武内条二、遠山実、長谷川サダオ、林月光、平野剛、船山三四、三島剛
展示協力:伊藤文學、STUDIOKAIZ 城平海、日暮孝夫


 また、『日本のゲイ・エロティック・アート』シリーズの完結と展覧会の開催を記念して、特別トークイベントが開催されます。登壇するのは『日本のゲイ・エロティック・アート』Vol1~Vol3を編集し、今展覧会にも作品を出品する田亀源五郎氏と、文化資源学の一環として、見世物から動物園、戦争、股間表現まで、幅広く研究している木下直之氏です。

展覧会特別トークイベント
田亀源五郎×木下直之
日時:2019年3月10日(日)17時20分開場、17時30分開演
入場料:2,000円1ドリンク付き(事前チケット制、定員40名、18歳未満入場禁止)
チケットのご購入:こちら

INDEX

SCHEDULE