g-lad xx

NEWS

ジャシー・スモレットが復活ライブのステージに立ちました

 ジャシー・スモレット暴行事件を受け、ナオミ・キャンベルらセレブリティが続々とサポートを表明というニュースでお伝えしたように、暴漢に襲われて負傷した『Empire 成功の代償』のスター、ジャシー・スモレットが2月1日、初めて公式声明を発表し、また、2日にはLAで復活ライブに臨みました。
 
 ジャシーは1月29日(現地時間)、シカゴの路上で男性2名に襲われ、負傷しました。犯人たちは「これがMAGA※の国だ!」と叫びながら襲ったといい、警察はヘイトクライム(憎悪犯罪)として捜査を進めています。 

※MAGA:トランプ大統領の言葉「Make America Great Again(アメリカを再び偉大な国にしよう)」
 
 多くの人々がジャシーへのサポートのメッセージを送るなか、2月1日、彼は事件後、初となる声明を発表しました。
「まず最初に、自分は大丈夫であると伝えさせて」 
「私の身体は丈夫ですが、魂はさらに強い。何よりみなさんに、感謝の気持ちを伝えたいです。仲間からの愛やサポートは、言葉にする以上に多くの意味を持つものでした」
 未だに襲撃犯は逮捕されておらず、ジャシーは「捜査機関とともに、真相を追究している」ことを明かし、フラストレーションや懸念があることを認めながら、「それでも正義は果たされると信じている」と語りました。
 そして、先んじて家族が発表した声明の内容に触れ、自身が被害に遭ったヘイトクライムは「誰の身にも起こり得ることだ」としてい、近く事件の詳細を明らかにすることを明言し、またそれが必要なプロセスであるとし、「愛」の重要性を訴えました。

 ジャシーは2月2日には、予定通り、ウェストハリウッドの由緒あるライブハウスで開催されたイベントに出演し、パフォーマンスを行いました。
「僕は、今夜みんなとここにいたかった。やつらに勝利を与えるわけにはいかないんだ」
涙をこらえながら語るジャシーに、拍手と歓声が贈られました。
「言いたいことはたくさんあるけど、いちばん大切なのは、(みんなに)とても感謝しているということ、そして僕は大丈夫だよということ。まだ完全に治ったわけじゃないけど、そのうち治るさ。君たちと一緒なら強くいられるだろうし、(憎悪ではなく)愛を支持することができると思う。誰がなんと言おうと、愛のためだけに闘うよ。みんなもそうしてくれると信じてる。だから、今、行動を起こそう」
「暴行されたけど、肋骨は折れてなかった。すぐに病院に行って、入院もせずに済んだ。LAのドクターも、シカゴのドクターも経過は慎重に見ていく必要があるけど、パフォーマンスをしても大丈夫だと許可してくれた。あとこれは絶対に言っておきたいんだけど、僕はやつら(の目論見)を阻止してやったんだ!」
観客は歓声をあげて支持を表明しました。

 


ジャシー・スモレット、人種差別・ホモフォビア事件後、復活ライブを開催(ELLE ONLINE)
https://www.elle.com/jp/culture/celebgossip/a26128189/jussie-smollett-first-live-since-racist-homophobic-attack/

暴行被害後、初のステージに…「犯人に勝利は与えない」(COSMOPOLITAN)
https://www.cosmopolitan.com/jp/entertainment/celebrity/a26137547/empires-jussie-smollett-performs-at-concert-days-after-attack/

「Empire」ジャシー・スモレット、襲撃事件後はじめて公式声明を発表! 「身体も丈夫だが、魂はより強い」とイベントにも強行出演(TV Groove)
https://www.tvgroove.com/?p=4037


INDEX

SCHEDULE