REVIEW

その他の記事

『泥だらけの制服』楽しんご

TVではあんなに明るく振る舞っている楽しんごさんが、『金スマ』で壮絶ないじめ・暴力を経験してきたことを語り、大きな反響が寄せられ、この本へとつながりました。ここで語られている「ゲイであるがゆえに受けがちな理不尽な迫害」は、とても他人事ではない、そして本当にたくさんの人に知ってほしいことです。

『泥だらけの制服』楽しんご


泥だらけの制服
楽しんご/ワニブックス/1300円
 この本はしんごさんが中学時代に実際に書いた遺書ではじまります。
 中学1年生だったしんごさんは、10人くらいの不良グループに目をつけられ、「お前ホモか」「気持ちわりぃな」と言いがかりをつけられ、ズボンを脱がされ、殴られ、蹴られ…ということが毎日続くようになり、そのうち、髪をライターで燃やされたり、カッターで唇を切られたり(手術で消えたけど、今でも唇の裏側に傷跡が残っているそうです)、ゴミ焼却炉で熱くなった鉄棒を胸に押し付けられたり、どんどんエスカレートしていって、やがてお金を要求され、その金額もふくれあがり、ついに払えなくなったとき、しんごさんは自殺を決意したのです。
 幸い自殺は未遂に終わりましたが、壮絶ないじめ・暴力に遭い、しんごさんがどれだけ深く絶望していたか、痛いほど伝わってきます。
 
 いじめていた人たちにとっては誰でもよかったのかもしれませんが、なよなよしててゲイっぽい人が「ホモ」とか「おかま」と言われ、こうしたいじめに遭いやすいことは、しんごさんが身を以て経験し、伝えてくれた通りです。(もちろん、読者の方の中にも多かれ少なかれいじめられた経験を持つ方もいらっしゃることでしょう)

 しんごさんはどんなに制服が泥だらけになり、顔が血だらけになっても、決して両親にいじめを受けていることが悟られないようにしていたそうです。汚れた制服は裏返しにして家に入ったり、髪を燃やされたときはお小遣いをはたいて床屋に行って短く切ったり(お母さんは「さっぱりしたわね」と喜んでいたそうです)…仲のいい家族で、家族のことが大好きだったからこそ、心配をかけないようにという思いで。なんとけなげな中学生でしょう。
 しかし、女装して外を出歩いていた頃、しんごさんは「なよなよしてんじゃねーよ」とお兄さんにリビングで殴られたことがあるそうです。お母さんも黙ってそれを見ていたとか…。さらりと語られていましたが、とてもせつない話です。

 後半は、中学を卒業した楽しんごさんがどのようにゲイとしてはじけ、芸能人への道に歩みはじめたかというシンデレラ(?)ストーリーが綴られ、ワクワクさせられます。
 特に女装バーのママに見出され、そのお店で接客の基礎を教えてもらったり、とてもお世話になったという話(定番だけど、いい話)、どんな仕事もお金をもらうためにいやいややるというより「楽しかった」と語っていること、そして、人を癒したい、それが自分の喜びになるという気持ちで整体師の道を志したことなど、地獄を見た人だからこその気持ちや言葉が、心にしみます。

 この『泥だらけの制服』には、(オネエだったり女装してたりする)ゲイの人がどのように世間の人たちから嫌悪感を向けられ(たとえ家族であっても)、いじめや暴力にさらされるのかというエピソード、「ゲイであるがゆえに受けがちな理不尽な迫害」の実態が、本当にリアルに綴られています。
 本の発売記念握手会で楽しんごさんは、いつものドドスコをやるようなテンションではなく、「自分で読み直して泣いちゃいました」としみじみ語り、学校でのいじめを受けている子どもたちに「同じ境遇の子どもたちに読んでほしい」「ちゃんと“言う”ことが大事だよ!」と呼びかけました。
 子どもにも大人気なタレントとなった楽しんごさんの勇気ある告白が、きっと世間の人たちのゲイ(をはじめとするセクシュアルマイノリティ)へのシンパシーとホモフォビア(同性愛嫌悪)の払拭に、大いに貢献してくれていることと思います。