REVIEW

その他の記事

マンガ『ムチャチョ―ある少年の革命』

第16回文化庁メディア芸術祭・マンガ部門の優秀賞に輝いた『ムチャチョ―ある少年の革命』をご紹介。ゲイの修道士が主人公で、物語の魅力もさることながら、1コマ1コマが精彩に描かれた美しい作品です。

マンガ『ムチャチョ―ある少年の革命』

 第16回文化庁メディア芸術祭・マンガ部門の優秀賞に輝いたのが、エマニュエル・ルパージュのバンド・デシネ『ムチャチョ―ある少年の革命』です。
 バンド・デシネとはアーティスティックなタッチのフランス語圏のマンガで、一枚一枚が映画のワンシーンのように繊細に描かれているのが特長です。『ムチャチョ―ある少年の革命』も、最初のページから一気に作品世界に引き込まれていきます。

 1976年、独裁政権下・革命前夜のニカラグア。神学校上がりの少年・ガブリエルは、教会の壁画を描くために小さな村にやってきます。村人たちの貧しくも生き生きとした姿、政府の圧政に苦しむ人々の姿を目の当たりにしたガブリエルは、キリストの受難と民衆の受難を重ね合わせ、壁画を描き上げるのですが、その夜、村が国家警備隊(政府軍)に襲われ、神父は連れ去られ、女性が陵辱され、ガブリエルは親元へと引き離されようとするのですが、車から飛び降り、山中へと入っていきます…

 ガブリエルは村人たちの中でも異質な、浮いた存在です。それはお坊ちゃん育ちの修道士だからというだけではなく、彼がゲイだからです(彼が壁画のために人々の姿をスケッチしていた、そのスケッチブックには、彼が想いを寄せる男の子の裸体も描かれていました)。ゲイであるがゆえに荒々しい(男性的な)村人たちにもあまり溶け込めず、また、カトリックの修道士であるがゆえにゲイであることに罪悪感を覚えながら、独り悶々と絵を描く日々なのです。

 後半、この国の矛盾や政府軍の横暴に怒りを覚えていたガブリエルは、傷だらけの体でジャングルを這い回るなかで出会ったゲリラ軍の闘士たちと行動を共にします。時には「ホモ野郎」と罵倒されたりもしますが、ガブリエルは自身の信念を曲げずに行動し、かよわい少年(ムチャチョ=坊主)から立派な青年へと変貌していきます。そして、闘士の一人への愛が芽生えます。二人が愛しあうシーンは、この作品のなかでも最も美しく、幻想的です。

 ラテンアメリカのゲイ作品と言えば、映画『蜘蛛女のキス』が有名ですが、政治なんかには全く興味のない(自分を着飾ることに余念のない、お気楽な)モリーナとこの「ムチャチョ」のガブリエルは一見、対照的に見えるかもしれません。が、ゴトウは、ガブリエルの正義感の強さや真っ直ぐな生き様もまた、とてもリアルな(典型的な)ゲイの姿だと感じました。

 正直、マンガというよりは画集並みのお値段になっているのですが、見ていただければきっと納得がいくハズ。なぜ作者が主人公をゲイにしたのかがわかるインタビューも掲載されています。


ムチャチョ―ある少年の革命
エマニュエル・ルパージュ/訳:大西愛子/飛鳥新社/2835円