g-lad xx

REVIEW

『母さんがどんなに僕を嫌いでも』

歌川たいじさんが、子ども時代のつらいつらい体験を、そして母親からの虐待をいかに乗り越えてきたか、を描いてくれました。世の中のすべてのサバイバーたちに贈る、涙なしには読めない名著です。

『母さんがどんなに僕を嫌いでも』

じりラブ』『ツレちゃんに逢いたい』『ブレイクスルー』でツレちゃんとのほのぼのした日常(パートナーシップ)やお友達のこと、そしてゲイプライドというものを、実にラブリーに、感動的に描いてきた歌川さん。マンガのタッチはそのままに、最新刊『母さんがどんなに僕を嫌いでも』では、歌川さん自身の子ども時代のつらいつらい経験が描かれていました。どんなに言葉を尽くしても、その渾身の作品に見合う紹介文なんて書ききる自信がありません…ぜひみなさんに読んでいただきたい、と願うばかりです。(後藤純一)


[+dr.title+]

母さんがどんなに僕を嫌いでも
歌川たいじ/エンターブレイン
/1,050円(税込)
 歌川さんがどうしてあんなに強くて優しくて魅力的な人間なのか、そのヒミツの一端を垣間見ることができたような気がしました。人一倍、苦労…という言葉では語りきれないほど苦しい経験を乗り越えてきたからなんですね。

 肥満児ってだけで学校でいじめられるのに、家では親に虐待され、どれだけつらかったか…
 しかも、思春期になるとゲイだということが学校中にも親にもバレて、「気持ち悪い」とまで言われ…
 ふつうだったらグレたり、いじけたり、心を病んだりしかねない境遇だと思うのですが、歌川さんは違いました。ときどき頭の中で幻聴を聴いたり、過去の記憶がフラッシュバックしたりしながらも、周りの人たちのあたたかさ・友情を糧にして、少しずつ、前向きに生きていきます。そして、周りの人たちを魅了しながら、素敵なミラクルをいろいろ起こしていくのです。

 たぶん、虐待というほどではなくても複雑な家庭環境で育ち、苦労した方もいらっしゃるでしょうし、ゲイであるがゆえにつらい思いをしたり(自死を考えたり)、心に傷をもつ方は、本当に多いと思います(この本はそうした「サバイバー」たちへのエールであり、癒しの書です)。そこから傷をこじらせていくのではなく、どうしたら自分とうまくつきあい、幸せへと向かっていけるのか、具体的に描かれているところが素晴らしいと思います。誰もが歌川さんのようなスーパーマンではありませんから、同じように奇跡を起こすことはできないかもしれないけど、きっと前向きに生きていくための勇気が得られるはずです。
 いま、失恋や、友人関係や、職場での人間関係や、家族との関係など、何かでつまずいたり悩んだりしている方にとって、大きな力になる本じゃないでしょうか。そして、パートナーや友達、実家の家族…大切な人たちのことをあらためてギュッと抱きしめたくなるような、そんな本です。ぜひ、読んでみてください。

 それから、歌川さんだけでなく、ツレちゃんも子どものときに苦労したというエピソードがコラムにさらりと書かれていました。今は愛情あふれる、みんなに祝福されるカップルになって、本当によかったと思います。(ツレちゃんがステージで一生懸命踊る姿には思わず感動させられます。みなさんも機会があればぜひ、見てください!)

INDEX

SCHEDULE