g-lad xx

REVIEW

歌川たいじ『母の形見は借金地獄 -全力で戦った700日-』

歌川たいじさんの新作は『母さんがどんなに僕を嫌いでも』の続編的な作品。歌川さんのエンターテイナー精神が発揮された、壮絶にして感動的な実話コミックエッセイとなっています。

歌川たいじ『母の形見は借金地獄 -全力で戦った700日-』


じりラブ』『ツレちゃんに逢いたい』『ブレイクスルー』でツレちゃんとのほのぼのした日常(パートナーシップ)やお友達のこと、そしてゲイプライドというものを、実にラブリーに、感動的に描いてきた歌川さん。マンガのタッチはそのままに、1年前には歌川さん自身の子ども時代のつらいつらい経験を描いた『母さんがどんなに僕を嫌いでも』を発表し、大ヒットを記録しました。

[+dr.title+]

母の形見は借金地獄
-全力で戦った700日-

歌川たいじ(著)
KADOKAWA/エンターブレイン
¥1,050
 最新刊の『母の形見は借金地獄 -全力で戦った700日-』は、『母さんがどんなに僕を嫌いでも』の続編(スピンオフ?)的な作品です。「まだこんなハードな体験があったなんて…」と思わずにはいられません。

 お母さんが亡くなったあとに残された莫大な借金。その債務を逃れるため、相続放棄をしようとしたら、「金返せ〜」とゾンビたちに取り囲まれることに(まさかのホラー展開)。どうしても返さなければならなかった借金を保険金で支払おうとしたら、お母さんの死が事故か自殺かをめぐって保険会社と争う羽目に(まさかの火サス展開)。警察も裁判所も自殺だと決めつけるし、弁護士は髪の毛が九一(くっぴん)分けだし、なんだか歌川さんまでゾンビになっちゃいそう… 
 でも、大将やかなちゃん、『ブレイクスルー』で活躍したタカユキくん、歌川さんのおばあちゃんに似た女性(新しいキャラクター)など、応援してくれる人たちもいて。
 果たして歌川さんは、初めての裁判で、大どんでんがえしの奇跡を起こせるのでしょうか?

『母さんがどんなに僕を嫌いでも』は、本当につらい体験の数々に胸が苦しくなる、そしてそれを乗り越えてきた歌川さんの奮闘や周りの人たちのあたたかさに涙せずにはいられない一冊でした。今回の『母の形見は借金地獄 -全力で戦った700日-』は、負けたら借金地獄が待っている(それこそ首をくくりたくなる)という、壮絶にしてとんでもなく厳しい現実を描きつつも、ゾンビが出てきたり、どこか楽しく読めてしまう(歌川さんの気遣いですね)エンターテインメント作品になっています。

 そんなふうに楽しく読めてしまいつつも、やはり、勝てるかどうかわからないのに700日(約2年)にわたってあきらめずに闘い続けたことは本当にスゴイことだと思いますし、誰もが歌川さんのようなスーパーマン(「なんとかする人」)ではありませんけども、「がんばれば、僕だってきっと…」と思えるはずです。右肩下がりの時代、閉塞感が日に日に強まる世の中にあって、この本は「あきらめないで」と勇気づけてくれます。もしかしたら、あなたにも奇跡を起こすパワーをくれるかもしれません。


INDEX

SCHEDULE