g-lad xx

REVIEW

田亀源五郎『エンドレス・ゲーム』

田亀源五郎さんの新刊『エンドレス・ゲーム』が発売されました。いつもの田亀さんの作品とは少し異なり、「ハード」ながらも「セーフ」で、感情移入しやすい作品になっています。ぜひお読みください。

田亀源五郎『エンドレス・ゲーム』

世界的なゲイ・エロティック・アートの巨匠である田亀源五郎さんの新刊『エンドレス・ゲーム』が発売されました。いつもの田亀さんの作品とは少し異なり、「ハード」ながらも「セーフ」な、それでいてとてもエロティックな作品になっています。レビューをお届けします。(後藤純一)


 最近、田亀さんの作品の外国語版の出版が相次いでおり、今回の表題作「エンドレス・ゲーム」は、初めから海外出版を意識して描いたものだそうです。内容も海外(特にアメリカ)の基準に合わせた「ハード」ながらも「セーフ」なものにしようということで、非合意のセックスも、合意のうえでのSMも登場しない、それでいてとてもエロい、SM者でなくても楽しめる「ゲイ・ポルノグラフィの最大公約数」的な作品を描きたかったんだそうです。

 一読した感想は「超エロい!」。「淫乱上等!」という前向きさが前面に出ている「気持ちのいい」作品でした。

 主人公のアキラは坊主でマッチョ、ちょっとイモ入ってるやんちゃな感じで、この世界ではとてもモテそうな風貌。そしてセックス大好きな体育会系の学生です。よく通っているハッテン場で「ガサ入れだ、裏口から逃げろ」と店主に言われ、ケツ割れ一丁の姿で外に出ると、そこには警察官が。しかしその警察官も実はお仲間で…

 警察官とハッテン場の店主は実はグルで、アキラはある人物の策略にハマり、どんどんエロ業界にどっぷり漬かっていきます。見方によっては、汚い裏社会。なのですが、アキラは、(今回の『エンドレス・ゲーム』に併録されていた「転落の契約」や、名作「銀の華」などのように)借金のカタに性奴隷となったりするのではなく、純粋にキモチいいから、誘われるがままに何でもやっていくのです。「そこに山があるから登る」的なノリでチャレンジし、軽々とクリアしていきます。セックスが大好きで、天職だからセックスワークに就く。絵面はハードですが、潔いし、清々しい。そこが今までの作品と決定的に異なっています。

 田亀さん自身、ポルノグラフィにおけるセックスというもの「批評性」をもって描いている、とあとがきで書いています。物語の構造としては、主人公が「堕ちていく」というものですが、田亀さんは彼を「罠にはまっていく愚かな若者」として描いたつもりはない、としています。

 たぶん今の時代、ちょいエロイベントやハッテン場に足を運んでみたことがある方はとても多いと思います。初めは恐る恐るだったとしても、「なんだ、意外と大丈夫だった」と思ったり、キモチよかった、楽しかったと感じてハマったり。そうしてだんだんと、人前で脱ぐのが平気になったり、その場限りのセックスをするのが平気になっていく(ハマっていく)のです。そういう意味で、この作品を読んで違和感なくアキラに共感したり、「これは自分のことだ」と思える方も多いでしょう。
 逆に、この本を読んで、自分もアキラのようになりたい!と思う方すら、いらっしゃるかもしれません。
  
 性の探求は実に奥深く、アキラという求道者も、そのうちSMやフィストにハマっていくでしょう。
 そしていつか、アキラ自身も、一周して新しいアキラを発掘し、育てていくのです。まさにエンドレス・ゲームです。
 
 この純粋にポルノやセックスを楽しむ世界では、誰も傷つきません(傷つけるのは性を嫌悪する社会です)。ただ歓びだけが広がっていきます(お金は介在するにしても)。そういう世界を「エンドレス・ゲーム」はまるごと肯定しています。そこがイマドキだし、イイ!と思いました。
 

[+dr.title+]

エンドレス・ゲーム
田亀源五郎:著/ポット出版/希望小売価格:2400円+税

INDEX

SCHEDULE