g-lad xx

REVIEW

歌川たいじ『僕は猫好きじゃない』

歌川たいじさんの待望の新刊『僕は猫好きじゃない』が届けられました。「猫が好きじゃない」と宣言する歌川さんが、さまざまな葛藤を経て猫を飼うことに…そこで見えてきたものとは…? 凡百の猫本とは一線を画す、深い感銘を得られる一冊になっています。

歌川たいじ『僕は猫好きじゃない』


歌川たいじ
『僕は猫好きじゃない』
1200円
 歌川さんの待望の新作最新作が届きました。表紙はかわいい子猫の写真(ツレちゃん撮影)。なのですが、冒頭で歌川さんは「猫が好きじゃない」と宣言し、猫愛にあふれる読者の期待を小気味よく裏切ってくれます。凡百の猫本とは一線を画す本になっているのです。
 では、どんな内容なのでしょうか?
 歌川さんはキレイ好きということもあり、家の中が毛だらけになったり、所構わず「うんちょす」をしたりする猫は我慢ならなかった、絶対に飼いたくはありませんでした。ところが、大の猫好きであるうツレちゃんと「飼わない」「飼いたい」とバチバチ攻防を繰り広げ、また、師匠から「猫を飼ってみるといいよ。猫以外のことが見えてくるから」と言われたりして、結局おうちに茶助ちゃんというかわいいニャンコを迎え入れることになるのです。その過程に、いろんなことが描かれています。猫というのはただの猫じゃない(「家族」のような)存在だということ。猫と人との関係は、家族となんら変わることのない、「絆」とか「愛」と呼ぶほかないものであるということ。人間どうしではなしえなかったことを、猫がいとも簡単に実現してしまったりすること。などなど…
 
 これまで、ゲイのこと(パートナーのこと、友人たちのこと、ゲイコミュニティのことなど)や母親のことを描き、常人にはマネできないくらいのパワーと行動力で苦難を乗り越えてきて、読む者を勇気づけてきた歌川さん。
 この最新作「僕は猫好きじゃない」でも、ツレちゃんと築くほのぼのした家庭に加わる新しい「家族」との関係の中にやはりゲイのパートナーシップが描かれていますし、同時に、これまでの作品と同様、人と人(あるいは猫)とのかかわりを通じて、何か大切なことに気づかされ、人として成長したりするのです。
 
 たぶんゲイの世界では、犬や猫が大好きな方、実際に飼っている方も少なくないと思います。
 飼い猫を亡くしたゲイの方が泣き叫ぶシーンには、猫好きな方は激しく共感することでしょう。ツレちゃんも、あの悪友・キミツくんも、本当に深い悲しみを表現しています。

 気まぐれで、所構わず「うんちょす」して、夜もうるさくて、本当に手間がかかるけど、だからこそ面倒見なきゃと思わせる、愛らしくてかけがえのない、夫夫の絆を強めてくれる(かすがいのような)存在…それはまるで「子ども」のようです。
 ゲイカップルが犬を飼ったり猫を飼ったりするのは、世界的に定番だったりしますが(たぶん普遍的なありようなのでしょう)、子どもができないからこそ、というところもあるのでは?と思います。
 
 ほのぼのさせられつつ、それだけじゃないものがある、深い感銘を得られ、癒されもする、そんな一冊になっています。歌川さんにしか描けないような、傑作猫漫画になっています。ぜひ、読んでみてください。

『僕は猫好きじゃない』PV

INDEX

SCHEDULE