g-lad xx

REVIEW

絵本『くまのトーマスはおんなのこ』

セクシュアルマイノリティ絵本シリーズの一冊として、トランスジェンダーのことを描いた『くまのトーマスはおんなのこ』が出版されました。ぜひ、ご覧ください。

絵本『くまのトーマスはおんなのこ』

『タンタンタンゴはパパふたり』『王さまと王さま』に次ぐ、セクシュアルマイノリティ絵本シリーズの一冊として、トランスジェンダーのことを描いた『くまのトーマスはおんなのこ』が出版されました。このセクシュアルマイノリティ絵本シリーズを手がけてきたのは『パレード』『同性愛入門』『ゲイという[経験]』『クィア・ジャパン・リターンズ』や田亀源五郎さんの本を多数手がけてきたポット出版です(素晴らしいですね!)

 

 お話はこんな感じです。
 エロールはいつもくまのトーマスと遊んでいます。裏庭で自転車に乗ったり、庭で野菜を植えたり。でもある日、トーマスはふさぎこんでいて、出かける気にならないと言います。理由を聞くと、「話したら、君とはもう友達じゃなくなってしまうかもしれないよ」とトーマス。「僕はいつだって君の友達だよ」とエロール。そこでトーマスは、自分は本当は男の子じゃなくて女の子で、名前もティリーがいいと思ってた、と打ち明けます。エロールは「君が女の子でも男の子でも気にしないよ。大事なのは、君が僕の友達だってことさ」と言います(ふたりが抱きしめ合っている、ちょっと胸を打つような絵になっています)。それからエロールは、友達のエイバを呼びます。エイバは女の子ですが、ロボットを作ったり、機械いじりが得意で、実に活発です。そして、ティリーが胸についてる蝶ネクタイを取ると、「私はリボンを取っちゃおうっと」と言ってポイとリボンを投げます。ティリーはそのリボンを髪?につけて喜びます。最後はティーパーティのシーンです。エロールとティリーとエイバと、エイバが連れてきたロボットの、素敵なティーパーティです。

 絵本の作者は、メルボルン在住でバイセクシュアル女性のジェシカ・ウォルトン。彼女の父親は男性から女性に性別移行したトランスジェンダーだったそうです。ジェシカは、自分の息子エロールに読んで聞かせるトランスジェンダーをテーマにした絵本を作りたいと思ったことがきっかけで、自分でこの絵本を制作しました。ドゥーガル・マクファーソンの絵も、かわいらしくて、味があって、とても素敵です。

 文章を翻訳したのは、グッド・エイジング・エールズの川村安紗子さん(先日のwork with Prideでも中心的に活躍していた方です)
 それから、同じくグッド・エイジング・エールズの中田せらさんが「『ボク』じゃなくて『ワタシ』って言いたい」というあとがき的な文章を寄せています。中田さんも男の子として生まれたけど、心は女の子だと思っていて、なかなかそのことを周囲に打ち明けられなかったそうです(今は女性として暮らしています)。「もっと早くにこんな絵本に出会い痛かった!」と心から思ったそうです。

 幼稚園や保育園の先生たちが小さな子どもたちに性の多様性のことを伝えるのは難しいかもしれませんが(小中学校でも未だに教えられていません)、こういう絵本があるだけで、ずいぶんセクシュアルマイノリティの子どもたちが救われたり(いじめが減ったり)するんじゃないかな、と思います。もしお友達に保育士さんや児童館で働く方などがいらっしゃる方は、オススメしてあげてはいかがでしょうか?


[+dr.title+]

くまのトーマスはおんなのこ ジェンダーとゆうじょうについてのやさしいおはなし
作:ジェシカ・ウォルトン、絵:ドゥーガル・マクファーソン、訳:川村安紗子
発行:ポット出版プラス
希望小売価格:1,500円+税(この商品は非再販商品です)

INDEX

SCHEDULE