g-lad xx

REVIEW

田亀源五郎『嬲り者』《復元完全版》

『弟の夫』ドラマ化が大反響を呼んでいる田亀源五郎さんが25年前『さぶ』誌に発表した初の長編作の単行本《復元完全版》です。レジェンドの始まりとなる記念碑的作品を、保存版としてぜひ、お手元に。

田亀源五郎『嬲り者』《復元完全版》

 『弟の夫』ドラマ化が大反響を呼んでいる田亀源五郎さんが20代でまだサラリーマンだった頃(1992〜93年)、『さぶ』誌に掲載された初の長編作です。

 当時はゲイ雑誌の全盛期で、『嬲り者』で長編デビューして人気を博した(単行本もすぐに売り切れたそうです)田亀さんは1994年、専業作家となる決意をし、『G-men』の創刊にも携わりつつ、『銀の華』『PRIDE』『君よ知るや南の獄』といった伝説的な名作長編を怒涛のように発表し…そして現在の『弟の夫』へとつながるわけですが、そのレジェンドのスタート地点に燦然と輝く(田亀さん自身はそれまでの集大成の気持ちで描いたそうですが)記念すべき作品が『嬲り者』なのです。

 リアルタイムで『さぶ』誌の連載をご覧になっていた方もいらっしゃるでしょうが、未見の方も多いと思いますので、これを機にご覧になってはいかがでしょうか。

 目を覆いたくなるかもしれないようなハードなSM描写が続きますが、最後に一筋の愛の光が差してきて、感動を誘います(まるで宗教画のような構図で描かれたカットはとても美しいです)。しかし、主人公が「あなただけのものになりたい」と望んだ瞬間、それは手の平からこぼれ落ちていき…のちの『銀の華』や『君よ知るや南の獄』にもつながるような、深いテーマです。

<あらすじ>
プロレスラーとして活躍していたグレート平山は、シャブ中になるも、奥村という男に拾われ、ボディガード兼地下レスリングの出演者として更生する。しかし、金に目がくらんだ社長は、平山をヤクザの組長に身売りしてしまう。平山は組長からハードな調教を受け、男妾として堕ちていく…

 当時発表された原稿は(『さぶ』誌といえども)性器に消しが入っていましたが、今回、その部分を田亀さんが復元し(結構大変だったそうです)、《復元完全版》として発行されることになりました。カラー口絵4ページは当時のまま掲載。さらに、田亀さんの手元に残っていた、使用しなかった絵の下描き16ページ分を付録としています。電子書籍版も発売されていますが、そちらは、せっかくの《復元完全部分》が大きなモザイクで全消しになっているそうですので、ぜひ書籍版でお求めください。スリーブケースに入った豪華版です。



嬲り者《復元完全版》
田亀源五郎/ポット出版

INDEX

SCHEDULE