g-lad xx

REVIEW

田亀源五郎『僕らの色彩』単行本

世界中でアワードに輝いた不朽の名作『弟の夫』に続く田亀先生の一般向け連載『僕らの色彩』、待望の単行本が発売されました。ぜひ一冊、お手元に!

田亀源五郎『僕らの色彩』単行本

 文化庁メディア芸術祭優秀賞をはじめ、世界でいろんな賞を受賞し、昨年にはNHKで実写ドラマ化されて大きな反響を呼んだ『弟の夫』、その輝かしい栄光のあとに、田亀さんが世に送り出した(現在も連載中な)のが『僕らの色彩』です。

 「俺は男が好きだ」その秘密が、自分を、相手を、追い詰める――高校生の井戸田宙(いとだそら)はクラスメイトの吉岡健太に片想いする、ゲイの高校生。幼なじみの仲村奈桜(なかむらなお)にも秘密にしていたが、「ホモなんて気持ち悪い」と友人達とふざけあう吉岡の姿にショックを受け、学校を飛び出してしまう。海辺で佇んでいると、年配の男性から突然「好きだった」と告げられ…。"当たり前"が誰かを傷つける――心ヒリつく青春ドラマ。(公式サイトより)



 『弟の夫』は、カナダからマイクというクマ系のゲイのおじさん(ダブルミーニング)がやってきて、義理の兄弟だと(亡くなった双子の弟の夫だと)告げられた弥一の戸惑いや葛藤、そして弥一の娘・カナちゃんのあっけらかんと懐く様を描き、家族とは何か?を新しく塗り替えていく物語でした。初めはホモフォビアを持っていた弥一が、それをあらわにしたりしつつも、マイクの人間性の魅力に触れて次第に変わっていく様が丁寧に描かれていました。ゲイという経験に対しては理解も共感も難しいような読者の方も、家族になるということの素晴らしさはわかるし、感情移入しやすいですよね。だからこそ『弟の夫』は普遍性を獲得し、世間にも、世界にも評価されたのではないかという気がします。
 『僕らの色彩』のほうは、一歩進んで、正攻法で、ゲイという経験がどのようなものかを、読者に理解していただこうとするチャレンジをしていると思います。吉岡が「ホモなんて気持ち悪い」と言うクラスメートと一緒に笑っているのを見て、好きなのに、とてもじゃないけど好きだと言えなくなってしまった宙の苦悩、そして、その苦しさを誰にも相談できないつらさは、多くのゲイの方々が経験してきたことですが、ストレートの読者にも、どうしてカミングアウトがそんなに困難なのかというリアリティとして伝わるはずです。また、信頼できる(できれば当事者の)大人が身近にいて、こうした悩める高校生のよき相談相手になってくれたらどんなにいいだろう、ということも描かれています。自分の高校時代を振り返ってみると、宙のように同じクラスで好きになった人がいたけど、告白もできず、その恋の苦しさを友達に相談することもできず、周りに同じゲイの人もおらず(田舎なので市内にゲイバーなどもなく)、同性愛について書いてる本なども全て「異常性欲」と書いてあり、半ば人生に絶望し、暗い気持ちで過ごしていました。もし宙のように、居場所があり、相談できる人がいる環境だったらどんなによかっただろう…と思ってしまいます。
 
 主人公の宙と幼なじみの奈桜が美術部の部員であるという設定が、この漫画のカラーの一つです。
 例えば吉岡が「ホモなんて気持ち悪い」と言うクラスメートと一緒に笑っているのを見て、海の底に沈んでいくような、世界が灰色になってしまったような描写になっていて、一方で、初めてゲイだと名乗る人と出会い、世界が急に鮮やかな色に感じられたり、宙の心象風景が色彩として表現されていて、印象的です。 
 
 最初の1巻が発売されたばかりですから、これからあのカフェのマスターがどんな役割を果たすのか、また、奈桜や吉岡、高校のクラスメートたちとの関係性がどんなドラマを生み出していくのか、楽しみです。

 単行本は1巻の売れ行きが非常に重要だそうなので、全話完結を待とうと思っている方もぜひ今、お買い求めください。20日にはサイン会もあります(詳細はこちら


『僕らの色彩』(1) (アクションコミックス)
著:田亀源五郎

INDEX

SCHEDULE