g-lad xx

REVIEW

ゲイコミック『きのう何食べた? 4』

ゲイカップルの毎日の晩ご飯(レシピと作り方の詳細もわかって実用的)をからめながら、二人の幸せライフを描いたゲイコミック『きのう何食べた?』の第4巻が発売されました。

ゲイコミック『きのう何食べた? 4』

 弁護士の筧史朗(シロさん)&美容師の矢吹賢二(ケンちゃん)というゲイカップルの毎日の晩ご飯(レシピと作り方の詳細もわかります)をからめながら、二人の幸せライフを描いたゲイコミック『きのう何食べた?』の第4巻が発売されました。作者はあの男女逆転版『大奥』の作者、よしながふみさん。もともとBLコミック作家でグルメ漫画(『愛がなくても喰ってゆけます』)も手がけてきたよしながさんが満を持して『モーニング』に(たぶん確信犯的に)連載している作品で、「バリバリの男性誌にゲイ漫画が!」とゲイの間でも話題になりましたが、2009年版「このマンガがすごい!」オトコ編で6位になるなど、世間でも大きな反響を呼んでいます。『西洋骨董洋菓子店』や『大奥』のようにいずれ映画化もされるのでは?と期待されます。

 『きのう何食べた?』第1巻〜第3巻の内容をざっとお伝えしましょう。
 史朗は43歳には見えない若々しさを保ち、仕事にやりがいを求めず、毎日定時退社しては自分流に手際よく晩ご飯を作ります。高校のときにゲイであることが母親にバレて、母親は新興宗教に走ってしまい、以来、実家とは距離を置いています。職場では「言う必要がない」のでカミングアウトしていません。
 賢二は41歳の美容師で、明るくて人当たりがよく、職場でもカミングアウトしています。一方、人がよすぎるので、面倒な客の対応もするはめに。料理は得意ではなく、専ら史朗が作った手料理を食べる係です。
 二人は、日常生活の中でささいなトラブルや面倒に巻き込まれ、何とかやり過ごし、最終的には二人で美味しいご飯を食べてほっこり、というパターンで連載が進んでいきます。
 第2巻では二人の「なれそめ」が明らかにされ、二丁目が登場しました。第3巻では賢二が初めて大晦日を独りで過ごすという「大問題」が生じます(でも、そこで作られたものがとても美味しそうでした)

[+dr.title+]

きのう何食べた? 4
よしながふみ/講談社/
562円(税別)
 さて、第4巻では、つつましく幸せに暮らしているゲイカップルのもとにどんなドタバタが訪れるのでしょうか?
 筧はふつうな髪型(リーマン系)、賢二は美容師ということもあってややロン毛。40代ですが、一般受けするだろう(草食系と言うんでしょうか)さわやかな雰囲気です。ところが今回、ちょっと頭の薄いがっちり系のヨシさんと、50代で恰幅のいいテツさんというカップルが登場しました。(リアルだと思います)
 4人はレストランで食事をしていて、調味料とかインテリアの話題で盛り上がっているのですが、筧はずっと無口です。店を出た後、賢二は「ごめんね。隣の席のカップルに絶対バレてたよね」と言います。それに対して筧が「なんでそこで謝るんだよ」と怒るところから、第4巻がスタートします。
 2話目では、ヨシさんとテツさんのカップルが家にご飯を食べに来るというので、筧が大慌てします。料理の達人であるヨシさんに気に入ってもらうために、どれだけ凝ったおもてなし料理を作ればいいのか、悩むのです(何を作ったかは、コミックで確かめてくださいね)。ご飯をいただきながら、ヨシさん&テツさんは弁護士である筧に、テツさんが亡くなったときの相続について相談を始めます。とても身につまされる、ホロリとさせられるシーンでした。
 3話目は、風邪で寝込んでしまった筧のために、ふだん料理をしない賢二が晩ご飯を作るというお話です。決して上手ではないのですが(筧が寝ながら「水出しすぎ…」とか「手際が悪い…」と悶えます)、ヒシヒシと愛が伝わってきて、何だか泣けてきました。
 といった感じで、とてもリアルなゲイライフを描いていながら、ゲイの読者もノンケの読者も感情移入できるような、ますます素晴らしい第4巻なのでした。
 もちろん、筧の料理の腕も冴えわたっています。なにしろおもてなし料理が登場!ですから。実際にホームパーティをやったり、日々のご飯のレシピに悩んでいる方などもぜひ、お買い求めください。(後藤純一)

『きのう何食べた?』公式サイト
http://morningmanga.com/lineup/24

INDEX

SCHEDULE