g-lad xx

REVIEW

映画『カミングアウト』

今年の東京国際レズビアン&ゲイ映画祭でも上映された映画『カミングアウト』が現在、渋谷ユーロスペースで上映中です。ゲイの青年が葛藤の末にカミングアウトするまでの日常をリアルにつづった青春ドラマ作品で、歌川たいじさんなども出演しています。

映画『カミングアウト』

 思春期の頃、あるいは学生時代、同級生や同じ部活の子を好きになり、その子が同性だったために、「自分はおかしいんじゃないんだろうか…」「こんな思い、絶対に誰にも相談できない…」などと葛藤し、苦悩した経験をお持ちの方は本当に多いと思います。
 中には、勇気を出して告白したのに、相手にそのことを言いふらされ、いじめられたり、自殺まで考えたり…という方もいらっしゃいます。
 同性を好きになることはそんなに間違ったことなのか、どうして自分だけこんな思いをしなければいけないのか…
 
「REACH Online」の研究代表者・日高庸晴氏が、全国の保育園、幼稚園、小中高校の先生6000人弱を対象にセクシュアルマイノリティに関する調査を行ったところ、セクシュアルマイノリティの子どもと関わった経験のある先生はごく少数で(同性愛の子どもの場合、7.5%)、また、性的指向は個人の選択ではなく生まれつきのものだということを70%以上の先生が正しく理解していなかったことが明らかになりました。
(そんななか、2016年の教科書の改訂を目指し、こちらで署名が呼びかけられています)

 いくら社会が寛容になってきたとはいえ、学校で同性愛のことが教えられず、先生がよくわかっていない(差別的な発言をしているかもしれない)状況で、ゲイやレズビアンの子どもたちは、未だに周囲の偏見や差別に傷つき、好きな人に自分の思いを伝えられず、誰にも相談できず、孤立感に苛まれていたりします。
 こうした状況を変えていくための、ひとつの希望となるのが、この映画『カミングアウト』だと思います。

[+dr.title+]

[+dr.title+]

[+dr.title+]

[+dr.title+]

[+dr.title+]
<ストーリー>
ゲイの大学生・陽は同じサークルに所属する昇に思いを寄せているが、自分がゲイであることは周囲には秘密にしていた。そんな陽がありのままの自分でいられるのは、新宿二丁目にある行きつけのバー「B♭」だけ。友情や恋愛、将来に対する不安など悩みが尽きない陽だったが、さまざまな出来事を経験していく中で、ある思いが芽生えはじめる…

 陽や昇が所属している学生サークルは、先輩が典型的な女好きキャラだったり、サークル内で男女がくっついたり、ヘテロセクシズム(強制異性愛)が吹き荒れる、ゲイにとっては居心地悪いことこのうえないところなのですが、昇と少しでもいっしょにいたいという思いで、陽は我慢しています。報われない恋…だけでなく、家族やサークルの他のメンバーにゲイだとバレたら生きていけるだろうか…という恐怖もあり、陽は心底苦しみます(とてもリアルです)
 そんな陽が心の拠り所としているのが、二丁目の「B♭」というゲイバー。ママ役をつとめるのが(TVに出てくるようなうっすらお化粧をしてわざとらしいオネエ言葉をしゃべるおじさんじゃなく)「♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です」で有名な歌川たいじさんだったりするところがリアルで素敵です(これが二丁目のゲイバーだよね、と思わせる、安心感のような、ほっこりするような感じがあります)。バーの常連さんの役で、オープンリー・レズビアンのタレント、一ノ瀬文香さんも出演しています。
 さまざまな葛藤を経て、また、そうした仲間たちを心の支えにして、陽は一大決心をします。きっと観客の方たちは応援したくなるはずです。

 監督の犬童一利さん(弱冠28歳)はストレートの方ですが、2012年には、恋人がSRS(性別再指定手術)を受けた元男性だったというミュージシャンの方の実話を映画化した『SRS♂ありきたりなふたり♀』という作品を撮っており、今回も、純粋に同性愛者へのシンパシーの表現としてこの『カミングアウト』を作りました(監督さんの語りを聞くと、なんて実直な方なんだろう…と思います。作品にもそのまじめさが表れていると思います)

『カミングアウト』は、ゲイやレズビアンの当事者の方はもちろん、その家族や友達、同僚、先生など、アライとなるべき方にぜひ観てほしい、そして「ホモとかって好きでやってるんだからつらい目にあっても自業自得だよね」「男にモテないからレズに走るんだよね」みたいなことを言っちゃう人たちにこそ絶対に観てほしい、と思います。文科省が推薦して、全国の学校の授業で教材として上映したらいいのに、と強く思います。
 これは、そういう作品です。

 
[+dr.title+]

カミングアウト』 
2014年/日本/監督・脚本:犬童一利/出演:高橋直人、岡村優、夏緒、高山侑子、秋山浩介、歌川たいじ、一ノ瀬文香ほか/配給:レイズインターナショナル/渋谷ユーロスペースにて上映中

INDEX

SCHEDULE