g-lad xx

REVIEW

映画『追憶と、踊りながら』

ベン・ウィショーがゲイの主人公を演じる映画『追憶と、踊りながら』が公開されました。カミングアウトにまつわること、亡くなった恋人の母親と必死に関係性を築こうとすること…本当に繊細で、奥が深い、美しい作品でした。レビューをお届けします。

映画『追憶と、踊りながら』

[+dr.title+]

[+dr.title+]

[+dr.title+]

[+dr.title+]

[+dr.title+]

[+dr.title+]

[+dr.title+]
『追憶と、踊りながら』は、息子を失った初老の中国人女性と、息子の恋人であった英国人青年の交流を繊細に、美しい映像で描いたドラマです。イギリスの人気俳優ベン・ウィショーがゲイ役で主演したこと、武侠映画で活躍した伝説の女優チェン・ペイペイが母親役で出演していることで話題になりました。
 第30回サンダンス映画祭でオープニング作品として上映され、最優秀撮影賞を受賞。ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード2014で主演女優賞、プロダクション賞、新人監督賞、第68回英国アカデミー賞(BAFTA)で英国デビュー賞にノミネートされました。
 作家の吉本ばななさんは「自分のまわりにいる人たちとしか思えない人たち、知っているとしか思えない感情たち。自分の人生を好きになれる映画です」とコメントしています。

 4年間共に暮らし、深く愛しあうリチャード(ベン・ウィショー)とカイ(アンドリュー・レオン)。イケメンカップルのおつきあいはとても順調でしたが、カイには気がかりなことがありました。カイは一家でカンボジアからイギリスにやってきたのですが、父親はもう他界し、英語がわからないままの老いた母親(チェン・ペイペイ)が施設(老人ホーム)で暮らしているのでした。カイはときどきバスに乗って施設にいる母親に会いに行きます。本当はいっしょに暮らしているリチャードが実は恋人であると打ち明けたい、せめて母親がリチャードのことを気に入ってくれたら3人でいっしょに住むことができるのに…と思っているのですが、母親はいつもリチャードの悪口ばかり言うので、なかなか言い出せません。そんななか、予期せぬ事態が起こります。カイが乗ったバスが事故に遭い、突然、カイが亡くなってしまったのです。リチャードは心底、悲しみに暮れていましたが、やがて、施設にいるカイの母親を訪ねます…
 
 カイが施設の母親の部屋にやってきて、「誰に車で連れて来てもらったの?」「バスで来た。バスが好きなんだ」「友達に優しくしすぎよ」みたいなやりとりをするシーンが、何度も出てきます(服装が違ってたりします)。回想シーンと現実の境目は不分明で、「あ、これは現実じゃないんだ」と、あとで気づかされたりします(なんとなく、『めぐりあう時間たち』を思い出しました)。カイが亡くなった直後で、悲しみはまだ濃厚に部屋に残っているのです。リチャードにとっても、それは同じことです。リチャードは、カイへの追憶の気持ちを、悲しみをなんとか分かち合おうとしますが、それは本当に本当に大変なことでした…
 リチャードはまだ若いのに思慮深く、通訳まで雇ったりして、意固地なカイの母親となんとかコミュニケーションをとろうと努力を続けます(いじましいというか、本当に殊勝です)。カイがカミングアウトできてさえいたら、もっと話は簡単だったのに…とも思います。しかし、この映画は、「やっぱりカミングアウトはしたほうがいいよね」という趣旨の作品ではありませんし、アジア系の年配の方はゲイに理解がないと責めるものでもありません。丁寧に「通じない言葉」「通わない心」のもどかしさや困難を描き出し、そのなかでほんの一筋、希望が見えたかもしれない、といった感じなのです。(こちらの記事で監督は「合法的に同性婚が求められていても、イギリス社会でカミングアウトすることは難しいですね。カミングアウトは、やはり簡単なことではありません。この問題は極めて難しく、デリケートであることと思います」と語っています。「そもそも、カミングアウトする行為もおかしなことだと思います。ゲイの人にとって、ゲイであることは普通のこと。当たり前のことです。ストレートの人たちは「僕はストレートだよ」と、自らのセクシュアリティをカミングアウトしたりはしませんよね。LGBTの人たちがカミングアウトしなければならないのは、おかしいと思います」)
 母親が安易に「改心」してリチャードと仲良くなってハッピーエンド、みたいなことにならず、また、単純にリチャードがいい人で母親が頑固で無理解な悪い人という構図にもなっていないところもいいと思いました(誰ともまともに会話できず、施設の狭い部屋で暮らす母親の気持ちを考えると…身につまされます)。あえてこの映画のテーマをまとめるなら、言葉が通じることで物事がうまくいくこともあるし、言葉が通じたせいで不幸になることもある、コミュニケーションとはなんと複雑で難しいものか…ということだと思います。
 劇中で流れる「夜来香(イェライシャン)」という中国の歌謡曲も、とても印象的です。
 本当に繊細で、奥が深い、美しい作品でした。

 なお、『追憶と、踊りながら』の監督は2013年に『スクリーン・デイリー』紙で「明日のスター」の1人に選ばれたカンボジア出身の若手監督、ホン・カウ。これが長編デビュー作になります。この作品は、ホン・カウ自身のパーソナルな体験が色濃く反映されていると伝えられています。そして彼自身、カミングアウトしているゲイの方です。今後の活躍に期待しつつ、次回作を楽しみに待とうと思います。 
 

追憶と、踊りながらLilting
2014年/イギリス/監督:ホン・カウ/出演:ベン・ウィショー、チェン・ペイペイ、アンドリュー・レオンほか/配給:ムヴィオラ/新宿武蔵野館ほか全国で公開
(C) LILTING PRODUCTION LIMITED / DOMINIC BUCHANAN PRODUCTIONS / FILM LONDON 2014

INDEX

SCHEDULE