REVIEW

その他の記事

映画『彼は秘密の女ともだち』

フランスの名映画監督フランソワ・オゾンの新作『彼は秘密の女ともだち』のレビューをお届けします。今回はゲイじゃなくてトランスジェンダーが主人公。実話に基づいた物語で、人間の奥深さ、愛の尊さに感じ入り、思わず涙がこぼれるような素晴らしい作品でした。

映画『彼は秘密の女ともだち』

 フランスのゲイの映画監督(もはや巨匠)フランソワ・オゾンの新作『彼は秘密の女ともだち』が上映中です。デビュー作からいきなりゲイの短編を発表し、たくさんのゲイ映画を発表してきたオゾン監督ですが、今回はトランスジェンダーが登場します。東京国際レズビアン&ゲイ映画祭で予告編が流れたのをご覧になった方もいらっしゃるかと思います。予告編だとコメディなのかな?とか、ちょっとアブナイ人のお話?みたいな印象を受けるかもしれませんが、とんでもない! 実話に基づいて監督自身が脚本を練り上げた、人間の奥深さや愛の尊さに深く感動させられること間違いなしの、涙なしには観ることができない大傑作になっています(『チョコレートドーナツ』に負けないくらい、感動します)
 

 冒頭、ウエディングドレスを着た美女・ローラのなきがらを納めた棺のふたがゆっくり閉まっていくシーンが印象的です。
 クレールとローラは小学校時代から大の仲良し(ローラが転校してきたときから夢中でした)。大人になってもずっと一緒に遊んでいましたが、やがて、それぞれに彼氏ができ、ローラはダヴィッドと、クレールはジルと結婚しました。ローラが女の子を授かると、クレールがリュシーと名前をつけました。しかし、ローラは不意にこの世を去ってしまったのです。クレールは「ローラに約束しました。これからもリュシーとダヴィッドをずっと見守ると」と弔辞を述べ、ダヴィッドと泣きながら抱き合うのでした。
 呆然と過ごした数日ののち、ダヴィッドとリュシーの様子を見に、クレールは家を訪ねます。するとそこには見慣れないマダムが…なんとそれは女装したダヴィッドでした。ダヴィッドは釈明します。実は昔から女装癖があり、ローラもそれを知っていた。娘が母親を求めて泣き止まないので、ママに見えるように女装していた…しかしあとで、それは言い訳で、ローラが亡くなったあと、女装したい願望に火がついたということでした。
「どうかしてるわ。変態よ!」と最初は罵っていたクレールですが、ダヴィッドとリュシーを支えると誓った手前、2回目に会ったときは優しく受け入れます。ダヴィッドはそのうち、街に買い物に行きたい!という願いを抱くようになり、クレールは「他の人にどんな目で見られるか…」と恐れながらも、ちょっと大柄な女性「ヴィルジニア」と一緒にショッピングモールに行くことに。「ヴィルジニア」は心から楽しく、幸せいっぱいな時間を過ごせました。しかし、その欲求はさらにエスカレートしていき…
 後半は予想を超えるような展開に。ラスト10分、本当に素晴らしいです。泣けます。奇蹟を目にしているような気がしました。
 
 グザヴィエ・ドランが『わたしはロランス』で、ダンナがトランスジェンダーであることに気づき、次第に女性化していくことに苦しむ女性を描きましたが(女装で登場するシーンなどは爽快感もありましたが、ほとんどは苦悩や葛藤。重い映画でした)、この作品は『わたしはロランス』とは逆のベクトルです(もしかしてアンチテーゼ?) 
 だいぶ前からPACSで同性カップルの権利が認められ、最近同性婚も実現したフランスですが、そんなフランスでもトランスジェンダーはまだこんなに生きづらいのか…というのが第一のオドロキでした。しかし、そういう意味では、最後の(最後であってほしいです)受難者を救済しようとするあたたかいまなざしに包まれた、このうえなく幸せで優しい物語でした。
 最初は「変態!」と罵倒していたクレールが、だんだんダヴィッドの理解者になっていくのは、ローラとの友情(遺された家族を支えるという誓い)だけではありませんでした。クレール自身もダヴィッドと同様に、ローラの死をきっかけに、内なる何かに目覚めていくのです。クレールがただの凡庸な女性ではなかったというところに、物語の(実話の)奥深さがあります。
 亡くなったローラ、その娘・リュシー、クレールの夫・ジル、それぞれが媒介となり、(多くの人々にとっては眉をひそめるようなものでしょうが)かけがえのない二人の「友情」を強固なものにしていきます。その人間関係の描写の巧みさ、絶妙さは、オゾンだからこそ。あのシーンはこういう意味だったのか!と、全部観終わってからいろいろ気づかされます。
 最初期は純真な少女のようにかわいらしい『サマードレス』を撮っていたフランソワ・オゾンも、年を重ね(と言ってもまだ47歳)、こんなにも円熟味を増した、まるで母の慈愛のような作品を作るようになったのか…と感慨を覚えました。『8人の女たち』『しあわせの雨傘』と並ぶ、オゾンの3大女性礼賛映画のひとつと称してよいのではないかと思いました。
 


彼は秘密の女ともだちUne nouvelle amie
2014年/フランス/監督:フランソワ・オゾン/出演:ロマン・デュリス、アナイス・ドゥムースティエ、ラファエル・ペルソナほか/シネスイッチ銀座、新宿武蔵館ほか全国で順次公開