REVIEW

その他の記事

映画『迷い子たちの物語』(レインボー・リール東京2017)

第26回レインボー・リール東京(新宿)で上映された台湾=フィリピン合作映画『迷い子たちの物語』のレビューをお届けします。

映画『迷い子たちの物語』(レインボー・リール東京2017)

現在、シネマート新宿にて第26回レインボー・リール東京(新宿)が開催中です。『迷い子たちの物語』は、家族との関係性に悩むゲイとストレートの男の子、国籍の違う二人の間に生まれた友情を描いた青春映画です。レビューをお届けします。(後藤純一)


 フィリピンからいとこを訪ねて台北にやってきたアレックスと、街中で偶然知り合ったゲイの男の子・ジェリーとの友情を描いた映画です。「迷い子」の意味が次第に明らかにされていき、切なくなりますが、二人の間に芽生えた友情が、大きな一歩へと繋がります。

 アレックスは、いとこがゲイだということを知ってるし、別に気にも留めていません。いとこは仕事で香港に行かなければならず、誰も知り合いがいない台北の街を、ブラブラします(西門の繁華街とか)。そこで偶然、外でタバコを吸っているジェリーと出くわし、「ここでタバコを吸っても大丈夫?」と聞いて、そこから会話がはずみ、一杯おごるからと誘われて、ジェリーがミセコをしているお店(レズビアンやゲイの若い方が集まるお店でした)に入り、なんとなく友達になったのでした。
 アレックスは車の修理で生計を立てていますが、ジェリーの車をタダで直してくれて、ジェリーはとても喜びます。その晩、ジェリーの大学の女の子の友達や、ジェリーの彼氏も家に来て、パーティになるのですが、なんだかとてもエロティックな展開に…(何でしょう…サービスショット?)
 翌朝、ジェリーは、車の修理のお礼にと、アレックスをドライブに連れて行きます。そこで、ジェリーが宜蘭に住むタイヤル族という少数民族で、いずれは村に戻り、村の長老的な存在である父親の跡を継がなくてはいけない、とてもじゃないけど家族はゲイのことなんて理解してくれないだろうし…と語ります。一方、アレックスも、家族に関する悩みを打ち明けます(そもそもアレックスが台北に来たのは、そういう理由でした)。そしてアレックスは、今から実家に行くべきだ!と言い、迷った末に、ジェリーは車を宜蘭へと向けるのです…。
 
 セクシュアリティ自体というよりも、家族との関係性という共通の悩みを抱えたゲイとストレートの男の子が、偶然生まれた友情によってお互いに一歩を踏み出すことができた、という物語でした。
 ジェリーもアレックスも、本当にいいやつです。いいやつどうしで、美しい友情を紡ぎます。そこがこの映画のいちばんの魅力かもしれません。
 
 ジェリーもいとこも、ゲイだけど、決してオネエでもイケメンでもおしゃれでもないところがリアルだなぁと思いました。たぶんですが、世間の人は、パッと見、どっちがゲイだと思う?と聞かれたら、ジェリーじゃなくてアレックスって言うと思います。アレックスの方がイケメンで、センスがよくて、セクシーな雰囲気を醸し出しているのです。(もしかしたら、ジェリーもそこに魅かれて、誘ったのかもしれません)
 
 桃園空港に降り立ち、中正紀念堂や台北101が映り、西門の繁華街、士林の夜市なども出てきて、台北に行ったことがある方なら、あーここ知ってる!みたいな感じで楽しく観れると思います。フィリピン人街があるのは初めて知りました(中山にあるそうです)
 
 『ファーザーズ』もそうでしたが、今や、アジア映画といえども、アジアンクィア映画祭で上映されていたような、アツくてエモーショナルでウェットなテイストではなく、現代風に洗練されているんだなぁと感じました。

 映画『迷い子たちの物語』は、7/15(土)13:45〜@スパイラルホールでも上映されます。

迷い子たちの物語
英題:Tale of the Lost Boys
監督:ホセリト・アルタレホス
2017|台湾、フィリピン|90分|英語、タガログ語、中国語、アタヤル語
★日本初上映
※台北駐日経済文化代表処 台湾文化センター、フィリピン共和国大使館後援作品