g-lad xx

REVIEW

映画『サタデーナイト・チャーチ -夢を歌う場所-』

アメリカにおいて黒人でクィアであるということがどのようなことなのかということを、実にリアルにドラマチックに描いたミュージカル映画です。彼らにとってボールルーム(ヴォーグなどの技を競うイベント)がどんな意味を持っているのか、についての映画でもあります。 assets/images/review/CINEMA2/SaturdayChurch/sc_top.jpg

『サタデーナイト・チャーチ -夢を歌う場所-』は、土曜の夜、教会で行われている、行き場を失ったりホームレス状態になったりしているクィアな若者たちをケアする活動「サタデー・チャーチ」でボランティアに携わっていたゲイの方が、自身の経験に基づいて、黒人のクィアのリアリティをミュージカルの形でドラマ化した作品です。レビューをお届けします。(後藤純一)

 

 アメリカにおいて黒人でクィアであるということが何を意味するのかということをリアルに描いた作品という意味では『ムーンライト』のようでもありますし、ドラァグ・ボール(舞踏会)で「ヴォーグ」などの技を競う黒人のクィアたちがどうしてそこに集うようになったのか、彼らが直面している現実の厳しさに肉薄しているという意味では『パリ、夜は眠らない』や『キキ -夜明けはまだ遠く-』の系譜に連なる作品でもあります。
 
 ユリシーズは学校でいじめられ、セクシュアリティのことで悩み、揺らいでいる、多感な高校生です。軍務に就いていた父が亡くない、母と弟と、手を取りあいながら生きていくことを誓います。ところが、母が外で仕事をすることになって、家事とか弟の面倒を見るためという名目で叔母のローズが家に通ってくることになります。ローズは厳格なクリスチャンで(宗派は明らかにされていません)、ユリシーズが母親のヒールを履いてみたりしているのを厳しく咎めます。ユリシーズは家を飛び出し、地下鉄に乗ってクリストファーストリート駅で降り(ということは、そこがゲイタウンだと知っていたのでしょう)、ウェストサイドの川べり(レインボーフラッグが掲げられています)でたむろしていたエボニー、ディジョン、ヘヴン、レイモンドと知り合いになり、「サタデー・チャーチ」に連れて行ってもらいます。そこは教会で、ジョーンというトランスジェンダーの大人が切り盛りしていて、行き場のないクィアな若者に居場所を提供し、ご飯を食べさせてくれたりもします。そこでユリシーズは初めて、自分は孤独ではないんだ、仲間がいるんだということを実感します。そして、みんなが熱心に練習しているヴォーグに惹かれるのです。学校にも真面目に通い、教会で「ミサ仕え」などもしつつ、こっそりヴォーグを練習し、ボール(ダンスなどを競うイベント)に出たいと憧れ、閉店セールで素敵なハイヒールを衝動買いします。恋も芽生えます。しかし、幸せ気分で家に帰ると、ローズが鬼の形相で待ち構えていて……。果たしてユリシーズの運命やいかに?


 この映画、ふつうにストーリーに身を任せるような鑑賞の仕方で全然OKですし、ミュージカルファン(あるいはヴォーグのファン)として歌やダンスを楽しむのもよいと思いますが、実は、パッと見よりも、はるかに情報量が多い(というか、背景にある物事の情報が多い)映画です。そういった情報を事前に知ったうえでご覧いただくと、もしかしたらより興味深く観て楽しめるかもしれないと思い、老婆心ながら、ご紹介していきます。
 
 まず、主人公の少年はユリシーズという名前ですが、この名前には意味があります。ユリシーズとはオデュッセウス(トロイ戦争の英雄で『オデュッセイア』の主人公)の英語読みで、J.ジョイスの小説『ユリシーズ』も『オデュッセイア』に対応していますが、要は、意気揚々と故郷に凱旋しようと思っているオデュッセウスが、ポセイドンの策略によって次々に困難に遭い、漂泊していくというストーリーで、西洋の冒険譚の原型となっています。つまりこの名前は「苦難の英雄」を象徴しているのです。
 
 ユリシーズは、ヒールを履いてみたいと思っているだけでなく、ディジョンが「『プリティ・プリンセス』ごっこしない?」と言ってリップを塗ってあげた時に恍惚とした表情を見せたりもして、やはり女装して美しくなりたい人なんだなぁという様子が窺えます。でも、たまにクラブで女装するけどふだんは男性の格好で生活する生き方(ゲイのドラァグクイーン)で満足なのか、完全にトランスすることを望むのか、といったことまではわからず、曖昧なままです。ユリシーズ自身もまだ迷っている、揺れ動いているように見えます。アメリカではすでに「LGBTQ」という言い方が一般的になっていますが、ユリシーズは「Q(クエスチョニング or クィア)」なんだと思います。もし周囲で「LGBTQ」の「Q」って何なの?と尋ねる人がいたら、この映画をご覧くださいと言えばよさそうです。
 
 「サタデー・チャーチ」の友達であるディジョンやヘヴンは、普段から女性の格好で生活していて、セックスワーカー(たぶん街娼)で、みんなで集まってるときは「これを買ってもらった」とか楽しげに話してますが、おそらく危険な目にもあっているし、相当ヘビーな生活だと想像されます。エボニーも、今はやっていないのですが、以前はセックスワーカーだったと語っています。映画の中で「普通の仕事に就いたら?」「いったい誰が雇ってくれるの?」という会話がありましたが、あんなに大きなニューヨークの街で、黒人のトランスジェンダーを雇う会社がただの1社もないのだとしたら…絶望的な話です。
 映画では言及されていませんが、黒人のトランス女性にとって、HIVの問題も深刻です。暴行され、殺される人もたくさんいます。
 家を追い出され、ホームレス状態になり、セックスワークをするしか生きる術がない、それでもトランス女性として生きていきたい、そんな彼女たちの生き様に、胸が熱くなると同時に、切ない気持ちにさせられます。  
 主人公のユリシーズも、エボニーたちと同じ道を歩みます。将来にどんな困難が待っていようとも。気高く、美しく、プライドを胸に掲げて…。
 
 ここでレビューを終えるとキレイなのかもしれませんが、もう少し、おつきあいください。
 いいところばかり書いて、ダメなところを隠蔽するのはフェアじゃないな、と思い、また、個人的に共感しかねる、納得しがたいものがありましたので、論争を呼びそうなポイントとして、お伝えします。
 それは、マークというアジア系の男性が登場するエピソードにおける、彼の扱いです。彼は、日本人から見たら、この映画の登場人物の中でダントツのセクシーガイだと思いますが、映画の制作サイドから見たら、イケてない「おじさん」です。ユリシーズに嫌悪感を表明させているのが、その証拠です。そして、この黒人だらけの映画の中で、彼は唯一の東洋人で、そして、実にいやーな役を押しつけられているのです。そこに人種差別的な意図がなかったと、果たして言えるでしょうか(ちなみに監督は白人男性です)
 ただ、このエピソードは、見方によって意見が分かれるというか、一概にどっちがどうと言えないものがあり、複雑です。ぜひ彼氏さんやお友達と観て、どう感じたか、観た後に語り合っていただきたいと思います。
 
 僕らと彼らの、セックスに関する価値観の違いも、モヤモヤの一因になっている気がします。
 アメリカは実は売買春を否定している国で(ネバダ州の一部以外は違法)、オープンに見えて、意外と保守的です。この映画でも、いわゆるラブシーンや、同意のもとでセックス自体を楽しむというシーンは皆無で、生活のために仕方なくお金をもらってセックスしている私はなんて罪深くてかわいそう、みたいな描写しかないのです(キリスト教の思想が反映されているのではないでしょうか)
 
 キリスト教に関するいろいろは、いちばん理解しがたいところだと思います。
 ローズおばさんは敬虔なクリスチャンで(カトリックでしょうか? よくわかりません)、同性愛や異性装は罪であるという教義を厳格にユリシーズに押し付けます。一方で、クリストファー・ストリートにある聖ルカ教会(ここは聖公会だそうです)では、LGBTを支援する「サタデー・チャーチ」を行なっています。同じキリスト教なのに、全然スタンスが違うわけです。
 こうした点をどう見ればよいのか、について、あるいは「ミサ仕え」とは何なのか、について、映画館で販売されているパンフレットの中でオープンリー・ゲイの牧師・平良愛香さんが詳しく語っているページがありますので、ぜひ読んでみてください。
 
 ボールルーム・カルチャーや「ヴォーグ」についも、少しお伝えします。
 ニューヨークのハーレムで有色人種のクィアたちがド派手な仮装をして「ヴォーグ」や「ランウェイ」などを競うドラァグ・ボール(舞踏会)は、映画『パリ、夜は眠らない』によって一躍、有名になりましたよね。社会から激しい差別を受ける彼らにとって、そこだけがスポットライトを浴びれる(自己実現できる)唯一の機会でした。そして、『パリ、夜は眠らない』から30年近く経つというのに、今でもその状況は変わっていないということを、『サタデーナイト・チャーチ」は教えてくれました。
 「ヴォーグ」というダンスのスタイルは、マドンナがPVで取り上げて以降、超弩級のメジャー化を遂げましたが、幸いなことに、メジャーになって有色人種のクィアたちのスピリットが失われてしまったりすることなく、「ヴォーグ・ナイト」を通じて音楽もダンスも少しずつ進化を遂げ、現在の「Kiki」と呼ばれるボール・シーンで見られる「ヴォーグ・フェム」へと発展しました(『マジック・マイクXXL』でチャニング・テイタムも「ヴォーグ・フェム」を踊っていたのを憶えている方もいらっしゃるかもしれません。ダックウォークやスピン、フロアに倒れ込むディップなどが特徴です)

 最後に、キャストについてお伝えします。皆さん、監督さんがオーディションで発掘した、無名の方ばかりです。が、エボニーを演じたMJ・ロドリゲスなどは、この映画でデビューした後、ライアン・マーフィのドラマ『Pose/ポーズ』で主役を務めましたし、同様にディジョン役のインドゥヤ・ムーアも『Pose/ポーズ』をはじめたくさんの作品に出演が決まり、スターの仲間入りを果たした感があります。
 
 何気なくご覧いただくもよし、目を皿のようにしていろんな情報を読み解きながら観るもよし、突然始まるミュージカルシーンを楽しむもよし、です。ぜひ映画館でご覧ください。
 

 
『サタデーナイト・チャーチ -夢を歌う場所-』Saturday Church
2017年/アメリカ/監督:デイモン・カーダシス/出演:ルカ・カイン、マーゴット・ビンガム、マークイス・ロドリゲス、MJ・ロドリゲス、インドゥヤ・ムーア、アレクシア・ガルシアほか/2月22日、新宿ピカデリー他にて全国ロードショー
(C)2016 Saturday Church Holding LLC ALL rights reserved.

INDEX

SCHEDULE