g-lad xx

REVIEW

カイリー・ミノーグ『アフロディーテ・レ・フォリ -ライヴ・イン・ロンドン-』

今年4月、まばゆいばかりのスペクタクルと素晴らしくゲイテイストなステージで僕らを魅了してくれたカイリー・ミノーグの「アフロディーテ・ツアー」。その何倍もゴージャスなロンドン公演の模様を収めたライブDVDで、あの感動を再び!

カイリー・ミノーグ『アフロディーテ・レ・フォリ -ライヴ・イン・ロンドン-』

[+dr.title+]

[+dr.title+]

[+dr.title+]

[+dr.title+]

[+dr.title+]
 あの今年4月の、幕張メッセホールをほとんどゲイだらけで埋め尽くした(ほとんどゲイナイトのようだった)カイリー・ミノーグの「アフロディーテ・ツアー」来日コンサートの感動が甦る…どころか、その何倍ものゴージャスなロンドン公演の全貌(日本盤ではドキュメンタリーも)が楽しめる、「これぞゲイテイスト!」な保存版的DVDです。
 
 ギリシャ神話の世界から飛び出してきたようなダンサーたちに続き、名画「ヴィーナスの誕生」のようにカイリーが登場するところはいっしょですが、その後、天井から吊り下げられた布を使ったサーカス的な演出や、レザーを着た(ハードゲイテイストな)ダンサーたちに率いられ、古代ローマの戦車に乗ってカイリーが凱旋するシーンや、花道が噴水になるシーンなどは、日本では見られませんでした。そもそも舞台が壮麗なギリシャ神殿になっている辺りからしてぜんぜん違います。
 どうか「日本公演はこれに比べるとショボかったよね」などと言わず(あの時期に日本に来てくれただけでも本当に感激でしたよね)、ぜひこのロンドンのライブのゴージャスさをDVDでお楽しみください。

 今年の来日公演をご覧になった方はご賛同いただけるかと思いますが、今回のカイリーの「アフロディーテ・ツアー」は、本当にゲイテイストでした。隅々までこだわりが行き届き、女性ダンサーの中にドラァグクイーンがまじっていたり(MCでもそう言ってましたね)、男性のダンサーもほとんどゲイで(ちなみにダンサーの一人であるJeremy Hudsonは、ガガのバックダンサーをしているMark Kanemuraとつきあっていたそうです)、またスクリーンに映し出される映像が必要以上に男性の裸だったりして、もう、すべてがたまらなくゲイテイストなのでした。
 このツアーのディレクターは、カイリーと長年いっしょにやってきたデザイナーのウィリアム・ベーカー(オープンリー・ゲイの方)で、衣装製作はあのドルチェ&ガッバーナ(もちろんゲイ)、おまけにスタッフの方もたぶんゲイ(ステージの舞台裏を映したこちらのPVをご覧ください)。カイリーの魅力に取り憑かれたゲイたちが生み出したステージだったと言っても過言ではないと思います。

 「まばゆいばかりのファッション・スペクタクル!桁違いの派手さと壮大さ、寛大さが共存する」「カイリーは正真正銘の女神だ」「息を呑むような、一生忘れられないショー」と各紙で絶賛された、奇跡のように美しく鳥肌モノなフィナーレを、心ゆくまでお楽しみください。

 そして、この30日にはカイリー・ナイトが開催されます。DVDを観て再びカイリー熱が上がってきた方はぜひ、ArcHへお出かけください。

[+dr.title+]

アフロディーテ・レ・フォリ -ライヴ・イン・ロンドン-
KYLIE / APHRODITE LES FOLIES LIVE IN LONDON
LIVE DVD+2CD(豪華3枚組)/全27曲収録/TOBW-3386/¥5,800(税込)
※日本盤のみ、ドキュメンタリー日本語字幕入り / 解説入り

INDEX

SCHEDULE