g-lad xx

REVIEW

DVD『レディー・ガガ ザ・ストーリー』

21世紀が生んだ世界のポップ・スター、レディ・ガガの誕生の軌跡を追ったDVD『レディー・ガガ ザ・ストーリー』。前代未聞の数分間にわたるゲイパレードのシーンが、ガガとゲイとの関係を鮮やかに印象づけます。

DVD『レディー・ガガ  ザ・ストーリー』

 これまでに発表された伝記本『レディー・ガガ』『レディー・ガガ ルッキング・フォー・フェイム』と同様、裕福なイタリア系アメリカ人の家に生まれ、パリス・ヒルトンと同じカトリック系のお嬢様学校に通っていたステファニー・ジャーマノッタがいかにしてポップ・クイーン、レディ・ガガになったのか、というストーリーです。音楽大学に通いながらストリッパーをやったり、レディ・スターライトとコンビを組んで強烈なパフォーマンスを繰り広げたり、フサーリと恋に落ち、デフジャムとの契約が断られ、レッドワンと出会ってついに才能が開花し、プッシー・キャット・ドールズに曲を提供しながらワールド・ツアーに同行して話題を呼び。その内容自体はこれまでの本とほぼ同様ですが、ガガの伝記本を書いたライターなど、複数の人がガガという人物の非凡さを熱く語っていく構成や、「どこにでもいるふつうの女子高生」が「ショッキングなパフォーマンスをする女性」になり、レディ・ガガへと変貌を遂げていくという過程がビジュアルとして生き生きと見えるのは、やはり面白いです。

[+dr.title+]
 途中、ガガとマドンナが比較されるシーンがありますが、2人の最大の共通点は「ゲイを支援していること」だとして、ゲイパレードの映像が流れ、いかにガガがゲイのファンを大事にしてきたかということが語られます。「ゲイカルチャーのためのガガの活動は、まさに伝説的」「ガガはパーフェクトなゲイのアイコンだ」「彼女はゲイコミュニティを意識している」「ハデに着飾り、夜の町へ繰り出すパーティ好きなゲイは、ガガのテーマとぴったり重なる」パレードの映像は、昨年の首都ワシントンD.C.で行われた全米プライドマーチでガガ自身が行進する映像につながります。周りのゲイたちは「レディ・ガガを大統領に!」と叫び、ガガは「ありがとう、愛してるわ!」と答えます。このシーンだけで(全体で63分あるうちの)数分間をも占めています。ポップスターについてのビデオでこんなにゲイパレードの映像が使われることは未だかつてと思います。自身もパレードを歩いたガガだからこそ、です。感動しました。

 他にも、HIV予防のプロジェクトについてシンディ・ローパーと対談し、「LGBT向けのTV局に仕事で行ったときに会って、意気投合した。ゲイクラブでもよく会うの」と語るシーンがあり、元カルチャークラブのボーイ・ジョージが「ジギー・スターダスト以来のショッキングさ」とガガを絶賛するシーンがあり、ガガがペレズ・ヒルトンにあいさつするシーンがあり、絶対にゲイだと思われるファンがいっしょに写真を撮ってもらって感激で泣くシーンなど、随所にゲイが登場します。

[+dr.title+]
 もちろん、バイセクシュアルであることを公言していることや(ガガに向かって「僕もバイセクシュアルです」と言う男性のファンが映っています)、インターセックスだという噂にも触れられています(その噂に対し、「性別は重要ではない。私は私」とコメントしたことで、ゲイやトランスジェンダーが支持した、とライターが語っています)

 「存在自体が話題」であり「パフォーマンスアート」である「21世紀の」ポップ・スター、レディ・ガガ。その誕生に、ゲイのファンとの相思相愛ぶりが欠かせないファクターであったことが、よくわかる映像でした。

 ガガのPVやライブ映像などはいっさい入っていませんし、若干編集も粗いかなという気もしますが、そういう意味で、一見の価値はあると思います。(後藤純一)

 

 

 

[+dr.title+]
[+dr.title+]

レディー・ガガ ザ・ストーリー [DVD]
レディー・ガガ/コロムビアミュージックエンタテインメント/2940

INDEX

SCHEDULE