REVIEW

その他の記事

フライングステージ『ワンダフル・ワールド』

劇団フライングステージの新作『ワンダフル・ワールド』の初日レポートをお届けします。観終わったあとに余韻がひたひたと押し寄せてくるような、深くて、ものすごく大切なことを問いかけてくるような作品でした。

フライングステージ『ワンダフル・ワールド』

7月4日(水)、下北沢駅前劇場で劇団フライングステージの新作公演『ワンダフル・ワールド』が初日を迎えました。レポートをお届けします。(後藤純一)


 フライングステージのメルマガで作・演出の関根さんが、こう書いていました。
「今回の『ワンダフル・ワールド』は、2011年のことを思い出しながらの芝居作りをしています。いつの間にか忘れてしまっていたいろんな気持ちを、一つ一つ確認しているようなかんじです。一番最近の一年間を何でもなく、自然に舞台にしたいなと思ったのですが、やっぱりそうもいかなくなってきました。でも、それはそれ、記録や主張ではなく、舞台ならではのものになりますよう。祈ることの何かと多いこの頃ですが、これもまた僕にとって大切な祈りの中身です」
 これを読んで、たぶん新作は震災にからめた作品…被災地のセクシュアルマイノリティとか、被災者支援をしているゲイの話とかなのかな…と漠然と予感していました。ある意味、その通りではあったのですが、ある意味、予想を超えるものでした。
 『ワンダフル・ワールド』は、ゲイテイスト全開なコメディでもなく(それでも随所に笑えるツボが仕込まれていました)、お涙頂戴でも予定調和でもなく、安易なリアリズムでもなく、これまでのフライングステージの芝居とは(いい意味で)異なる、観終わったあとに余韻がひたひたと押し寄せてくるような、抑制の効いた、深くて、しかしものすごく大切なことを問いかけてくるような作品でした。舞台芸術として観たとき、間違いなく、これまでの最高傑作だと思います。

 あらすじはこうです(ネタバレを避けるため、ほんのさわりだけ書きます)
 海辺の田舎町(たぶん山形県)で犬と暮らすシュウイチ。パートナーのナオトが休みの度に家に来ます。大家さんも二人の関係を承知で、ときどき作りすぎたおかずを持って来てくれます。ひょんなことから、過去のことを語るはめになったシュウイチ。東北で酒蔵を営む名家に生まれ育ち、跡取りとなることを家族一同に所望されていたものの、10年前に家族にカミングアウトし、父親に勘当されてしまっい…東京で映画関係の仕事に就くも、うまくいかず、師と仰ぐ映画監督の地元であるこの町に流れ着いたのでした。シュウイチは震災後、実家(たぶん宮城県)が津波で流されたことを知り、10年ぶりに実家の家族に連絡をとるのですが、それでも父親は会ってはくれませんでした…

 いくら勘当されたとはいえ、今は頭を下げて父親に会い、被災した家族を支えるために実家に戻るべきではないか…だけど、ゲイを決して受け入れようとしない父親のために、なぜナオトと離ればなれにならきゃいけないんだ…シュウイチの葛藤は、ある意味「答えのない問い」であり、本当にせつなく、胸がギューっと締めつけられるようでした。
 そしてこの「問い」は、家族を大事にしながら生きているストレートの方たちにも、僕らゲイにも等しく投げかけられる(胸を打つ)ものでした。
 秀逸だと思ったのは、他の家族は全員舞台に登場しているにもかかわらず、父親だけは登場しなかった(顔が見えなかった、不在だった)ということです。この演出が、芝居によりいっそうの深みや余韻を与えている気がしました。
 
 演出的にもこれまでにない意匠が光っていましたし、役者さんの演技も出色だったのですが、やはり今回は、脚本が本当に素晴らしかったと思います(これは誉め過ぎかもしれませんが、岸田戯曲賞をもらってもいいんじゃないかと思ったくらいでした)
 聞けば、今回の脚本の完成は、過去最悪に遅かったそうです…(苦笑)。それでも、初日であれだけの芝居ができるなんて…と、逆に役者さんの実力のスゴさに感服しました(拍手!)。8日の千秋楽に向けて、日々さらにクオリティが上がっていくことでしょう。

 フライングステージの芝居ですから、もちろん、たくさんの(いろんなタイプの)ゲイが登場します。シュウイチのパートナーのナオトのように「だだ漏れ」な人もいますが(Grindrネタとか、ウケます)、舞台が東北なだけに、そうじゃないタイプの人が多いのが、とても新鮮でした。なかでもシュウイチの「自然さ」(ゲイっぽくなさ)は、驚異的。ノンケの役者さんが演じているので当然と言えば当然ですが、彼の佇まいというか、空気感というか、さりげない男の色気みたいなものは、ちょっとスゴイ(惚れちゃう人、多いと思います)。今までにないタイプのものでした(もしかしたら、ゲイの劇団なのに主役があれでいいのかな?と思う方もいらっしゃるかもしれません)。でも、東北の話を描く時、ああいう人が主人公でも全然いいし、むしろリアルなんじゃないかと思いました。

 ともかく、8日(日)まで上演されておりますので、お時間ある方はぜひ、観に行ってみてください。
 

フライングステージ公演「ワンダフル・ワールド」
作・演出:関根信一
出演:石関 準、遠藤祐生、大地泰仁(zacco)、岸本啓孝、木村佐都美(おちないリンゴ)、小林高朗、阪上善樹、坂本穏光、羽矢瀬智之、藤 あゆみ、水月アキラ、吉田日曜、関根信一
日程:7月4日(水)19:30 5日(木)19:30 6日(金)19:30 7日(土)14:00/18:00 8日(日)14:00/18:00
会場:下北沢 駅前劇場
チケット:全席指定 前売予約3,500円(予約は各公演日前日まで) ペアチケット 6,500円 トリプルチケット9,000円 当日券3,800円(開場と同時に発売)
WEB予約:
https://ticket.corich.jp/apply/35909/(PC)
http://ticket.corich.jp/apply/35909/(携帯)
メール予約:
yoyaku@flyingstage.com(劇団フライングステージ)
※「お名前(フルネーム)/ご希望日時/枚数/連絡先電話番号」の明記をお願いいたします
TEL/FAX予約:03-6803-1250
※日時、チケット種類、枚数、連絡先電話番号をお知らせ下さい。
※お電話にて、留守電の際は「お名前、連絡先電話番号」をお残し下さい。折り返しご連絡を差し上げます。
※いずれも、チケット代は当日精算で承ります。
お問い合せ:フライングステージまで
stage@flyingstage.com
tel/fax:03-6803-1250
携帯:080-3082-8156(公演期間中のみ)