VIDEO

その他の記事

Lady Gaga "Teeth"

2人の男性のボンデージでSMテイストなカラミが延々と映し出されるスゴい映像です。これはレディ・ガガの新曲のPVでしょうか? それとも…?

Lady Gaga

 今年1月に発表されたガガの『Teeth』のPV(に見える映像)
 ドビュッシーの『月の光』が流れる中、歯科医だと思われる男性が、処置質に男を連れ込みます。歯科医は連れ込んだ男を裸にし、椅子にしばりつけます。男が叫ぶと、バンパイアのような牙が…。歯科医のハンサムな男性は、バンパイアの男の周りをダンスしながら、彼に十字架をかけたり、聖水を振りかけたり、歯を抜こうとしたり、さらに男を…いうストーリー。
 この史上まれに見るゲイテイストな(というか、ゲイしか出てこない)「PV」は、日本ではあまり知られていないと思います。(18歳以上の閲覧制限の対象ですし)

 こちらの記事によると、これはガガのオフィシャルなビデオではなく、ロシアのゲイの映像作家Sergio Ceronにガガが資金提供し、公認した、プロモーション用のビデオ(シングルの発売とは関係ないもの)だそうです。ガガ公認であることは、「Haus of Gaga」のクレジットでも明らかです。
 ロシアではゲイは手をつないで歩くことすらできませんが(モスクワ市長がゲイパレードを「悪魔の所業」と呼んで暴力的に弾圧するような国です)、この映像にはそんなロシアで生きるゲイの「叫び」が聞こえるようです。
 この映像の製作にはガガ自身は関わっていないようですが、この作品がきっかけになって、ゲイへの愛を捧げたという『Alejandro』のPVが誕生したのでは?と推測します。