VIDEO

その他の記事

Ricky Martin "‪The Best Thing About Me Is You‬"

リッキー・マーティンの新曲『The Best Thing About Me Is You』のPVが解禁。ゲイとしてのメッセージも込められた、素晴らしいビデオでした。

Ricky Martin

 昨年3月にゲイであることをカミングアウトしたリッキー・マーティンの新曲『The Best Thing About Me Is You』のPVが1月11日に解禁となりました。
 カミングアウト後、初めて発表する曲だけに、ゲイとしてのメッセージも込められた、素晴らしいPVでした。

 冒頭、重低音が流れる中、リッキーの声で「ラブ(愛)、イクオリティ(平等)、インジャスティス(不公平)、イノセンス(無実・純粋)、マリス(敵意)、レフュジー(難民)、オプレッション(抑圧)」と囁かれます。さまざまな人々が登場し、「ラブ(愛)」のところでは中東の女性と白人の男性(おそらくイスラム教徒とキリスト教徒)が、「イクオリティ(平等)」のところでは男性二人(おそらくゲイ)が映し出され、多様性のメッセージを伝えています。口に「YOU=ME」と書かれた布を巻いた上半身裸のリッキーは「フリーダム(自由)」のところでそれを引きちぎります。
 一転して軽快なラテンのリズム(レゲエ調?)で曲がスタートすると、リッキーも指を鳴らしてリズムをとりながら「自分の気持ちに素直になろう」「人生は短いんだから、やりたいことをやろう」と歌い上げます。そして、ゲイやレズビアンのカップル、年の差カップル、人種の異なるカップル、子ども、妊婦などの姿が映し出されます。みんな同じ人間なんだというメッセージが伝わってくるような、オシャレでピースフルな映像でした。
 リッキーが胸毛をちょい見せしてるSEXYショットも素敵です。

 この『The Best Thing About Me Is You』は、アメリカで2月1日にリリース(日本では2月23日にリリース)されるニュー・アルバム『Music + Soul + Sex』のリードシングルでもあります。アルバムがどんな内容になっているかも楽しみです。(編)