VIDEO

その他の記事

‪Lady Gaga and Maria Aragon ”Born This Way‬”

Youtube上でセンセーションを巻き起こした10歳の少女による『Born This Way』の弾き語り。これに涙したガガは、コンサートに彼女を呼び、ひざの上にのせ、彼女のピアノに合わせて『Born This Way』をデュエット。会場は爆発的な歓声に包まれました。

‪Lady Gaga and Maria Aragon ”Born This Way‬”

‪ ガガが『Born This Way』を発表するやいなや、カナダに住む一人のアジア系の少女がピアノ弾き語りで『Born This Way』を見事に歌う動画に投稿しました。その評判を聞きつけたガガが動画を観て「この動画を観てたら涙が止まらなくなった。ここに私が音楽をやってる理由があるの。彼女こそ未来よ」とツィートし、さらに話題となりました。(動画のアクセス数は2000万を超えました)

 3月3日、モンスター・ボール・ツアーのトロント公演にこの少女(マリア・アラゴンちゃん。フィリピン系だそうです)が登場し、ガガと『Born This Way』をデュエットしました。

 ガガから紹介されて登場し、ハグされ、ピアノの前に座るガガのひざの上にひょいとのせられた後、マリアちゃんは「ハ~イ、みなさん」と言って、超満員の観客たちの歓声を集めました。ガガはこう付け加えました「今日はマリアに来てもらっています。マリアがこの歌の内容そのものだからです」
 マリアちゃんは全く緊張していない様子で、この曲を意気揚々と披露し、ガガとともに歌い上げた後、オレンジ色のサルのぬいぐるみを高く掲げました。

 デュエットが終了すると、会場は爆発的な拍手と歓声に包まれました。
 そして、マリアちゃんはマイクを握って観客に向かってこう言いました。「みなさん全員に感謝しています。応援してくれてありがとう。私はウィニペグ出身で、皆さんに歌を披露するためにここまで来ました。ウィニペグにいる私のファンと家族にも、ここから挨拶したいと思います。しばらくしたら、私はもう1度、このステージに立つつもりです。だから、ずっとチェックしていてください」
 「一人の人間に私のメッセージが届いたことを知っただけでも、心がいっぱいよ」とガガは涙ぐみました。「私を見て。この子が私を…(感極まる)。この子はスーパースターね」

マリアちゃんのピアノ弾き語り『Born This Way』


ガガとマリアちゃんのデュエット『Born This Way』(モンスターボールツアー in トロント)