g-lad xx

FEATURES

「ゲイの漫喫」の魅力をレポート:メンズカフェ&休憩スペース「キングイオ」

大阪・難波に誕生した「ゲイの漫喫」の魅力をレポートします。仕事中のちょっとした休憩やテレワーク、ひまつぶしなどしながら出会いも期待できる、ゆったり、まったり過ごせるスポットです。

「ゲイの漫喫」の魅力をレポート:メンズカフェ&休憩スペース「キングイオ」

メンズカフェ&休憩スペース「KingEO(キングイオ)」は、堂山のMedia Space「GEOFRONT(ジオフロント)」の系列店として今年、難波にオープンしたゲイの漫喫(漫画喫茶)です。ゲイの漫喫っていったいどんな感じなんだろう?と興味津々だったところに、ちょうど大阪に行く機会がありましたので、取材をさせていただきました。レポートをお届けします。
 
 
 終電を逃した時に二丁目の漫喫で時間つぶしをしたことがある方などもいらっしゃるのでは?と思いますが、世の中には漫喫が1500軒以上もあって、なかには女性向けのBL漫喫など、特定の層に向けた漫喫というのも存在します。そして大阪には、「ゲイの漫喫」があるのです。いったいどんな所なんだろう?とずっと気になっていたのですが、たまたま大阪に行く機会がありましたので、取材をお願いしてみました。
 ゲイバーは飲んでしゃべって楽しむところですし(カラオケもあったり)、ハッテン場は基本的にヤルための施設ですが(なかには飲食スペースやカラオケ、ジム、映画上映設備などが併設されてるところもあったりしますが)、漫喫って漫画を読んだりコーヒーを飲んだり、一人で静かに過ごすところなので(以前、一般の漫喫でハッテンするのが流行ったことがありましたが、それはちょっと危険ですよね…)、ゲイ向けの漫画を読んだりネットを使えたりコーヒーを飲んだり、個室になってて、あわよくばデキたりってことなのかな?と想像していました。
 
 「キングイオ」の場所は、御堂筋線なんば駅7番出口を出てすぐ、四つ橋線なんば駅の出口もすぐという、ものすごく便利な所でした。それでいて、人通りが多いわけでもないですし、たいへん入りやすかったです。こんなに便利で入りやすい、理想的なロケーションのゲイ施設ってそうそうないんじゃないでしょうか。(初めて行く方は、入口を見つけるまでちょっと迷うかもしれません…。こちらもご参照ください)
 
 開店時間の45分前くらいにお店に到着。個室がたくさん並ぶビデオボックス的な形態のお店を想像していたのですが、意外にも、靴を脱いで上がるスタイルでした。そして暖房がよく効いていて、コーヒーなども飲めて、いい感じのBGMも流れていて、自然とくつろげるようなアットホームな空間でした。本を読んだりPCやタブレットでネットにつないだりして過ごせるスペースが3つくらいあり、ひとり静かに過ごすこともできますし、誰かとお話したいなと思ったらお話もできそう。自由で多彩な楽しみ方ができそうな感じです。



 置いてあるのはゲイ雑誌(バディ、G-men、さぶ、ファビュラスなど)、ゲイコミック(田亀先生や戎橋先生の本なども)、メールヌードの写真集、LGBTQ関連の書籍、一般の漫画(『風の谷のナウシカ』や『ガラスの仮面』もありました)や文庫本、新聞など多彩で、それらすべてが読み放題。コーヒーや紅茶も飲み放題。さらには、ゲームもできたり、PCやタブレットでネットにつないで見たりもできますし、もちろん無料Wi-Fiも完備されてますし、充電もできますので、ご自身のノートPCでお仕事(テレワーク)をすることも可能です。


 奥のほうに行くと、ちょっと暗い「そういう」スペースがあって、意外と広くて本格的でビックリしました(もともとヤリ部屋だった場所を改装して使っているそうです)
 漫画や本も読めるし、ネットも使えるし、コーヒーも飲めるし、もし誰かと意気投合したら個室に移動して二人きりの時間を過ごす…という使い方もできちゃうのです。「ここ来たら、何でもできるじゃん!」と思いました。
 



 ここは「ひまつぶし」に最適な、いろんな過ごし方ができるスペースであり、それでいて出会いも期待できるというのが新しいし(ジオフロントは10年前からあったそうなので、決して新しくはないのですが)、面白いと思いました。
 ハッテン場って、行ってもお客さんが少なかったり、タイプの人が誰もいなかったりすると、ポツンと待ってる時間が「虚無」に感じられたりすると思うのですが、ここだと漫画を読んだりゲームをしたり、楽しみながら時間を過ごすことができますし、仕事中にちょっとカフェに寄る感覚で使えたりもします。脱ぎ系のギラギラした感じが苦手な方にもおすすめです。
 あと、ハッテン場だと「ヤリに来ました」ということになってしまうのですが、ここだと「ちょっと漫喫に寄りました」「カフェでお仕事してました」的なエクスキューズ(言い訳)が通用するのかな、と思いました。実際、お仕事中やお仕事帰りのリーマンの方が多いそうですし、様々な事情でゲイのお店に出入りしづらかったり、ゲイ漫画が好きだけど買って持ち帰るのが難しいというような方も来られるようです。
 

 日々、お仕事を頑張っている兄貴系サラリーマン。あまりゲイの世界に入りびたっていない、派手に遊んだりもしていない、「光る原石」のようなタイプ。難波での仕事のついでに、ちょっと漫喫に立ち寄る感覚で「キングイオ」へ。そこに、出会いを求める若い子がやって来る。「素敵なお兄さん…」と思いつつも、最初はなんとなく距離をとって、チラチラ見たりしている。勇気を出して「その漫画、いいですよね。僕も好きです」と話しかけてみる。漫画をきっかけに会話が始まり、兄貴のほうも悪い気はしないようで、コーヒーを飲みながら、話に花が咲く。そのうち「どういう人がタイプなん?」「タチウケどっち?」という話題になり。お互いにイケると確信した二人は、「じゃあ、奥行こっか?」
 外は風の冷たい12月の夜。しかし、二人は「キングイオ」でひととき、ぬくもりを感じることができたのだった…。
 (妄想です)
 
 本当は街中でもどこでも出会えればいいのでしょうが、やっぱりゲイだけの場所(安全な場所)じゃないと難しいですよね。でも、諸事情でゲイバー(とかゲイタウン自体)に足を踏み入れない方もいらっしゃると思いますし、脱ぎ系のハッテン場が苦手…とか、アプリでもなかなかリアルできない…という方もいらっしゃると思うので、そういう方にはピッタリじゃないかと。また、ふだんゲイバーやハッテン場を利用している方も、きっとここでしか出会えない人がいると思うので、行く価値があると思います(「河岸を変える」って結構大事です。どこも同じ顔ぶれになりがちなので)。ゲイの出会いの施設の第三の選択肢としてアリなのでは?と思います。
 
 それから、本を読んだりコーヒーを飲んだりするテーブルのところに、「らくがき帳」(たいへん懐かしさを覚えます)や、distaが発行している「南界堂通信」という新聞のようなフリーペーパーなども置かれていたのもいいなと思いました。「南界堂通信」は毎号、とても良い記事がたくさん載っていて、じっくり読めるフリーペーパーですが、こういう場所にしか行かないような方がなにげなく手にとって読んでくださるのは、とても意味のあることだと思います。ある意味、ミナミのHIV予防啓発のステーション的な役割も果たしているのでは?と思いました。
 
 ここはいつも着衣ですし(基本的にスーツを優遇。スウェット&ジムウェアDAYというのもあったりします)、年齢や体型などでの制限もなく、18歳以上の男性であればどなたでもご利用できますので、幅広く、いろんな方が来られるようです。初心者の若い方なども多いそう。
 いったん外出して戻ってくることもできますので(出る時に渡されるレシートをとっておけばOK)、お昼にちょっと寄って、また仕事に戻って、仕事が終わってからまた行く、といった使い方もできます。梅田ジオフロントとの行き来もできるそうです。
 利用料は1,500円ですが(他の施設と比べても十分リーズナブルですよね)、学生&22歳までの方や、ビジネススーツを着たジム会員の方は1,000円で入れますし(ビジネススーツ着用またはジム会員の方は1,200円)、遅割もありますし、毎週月曜は1,000円DAYとかいろんなキャンペーンもやっていて、さらにお得です。PayPayなどのQR決済も利用可能です。
 
 なお、コロナ対策が気になっている方もいらっしゃるかと思いますが、「キングイオ」は、お客様にマスク着用をお願いしているのをはじめ、手指消毒用のアルコールスプレーを各所に用意し、除菌シートやおしぼり、ハンドソープ、うがい薬なども用意し、換気が十分に行われているかどうかを確認するためのCO2濃度測定器や空気清浄機、空間除菌剤も設置、さらにはお客様が使用したスリッパもその都度消毒(そもそも靴を脱いで上がるので履いたままよりも安全)、お釣りすらも…といった徹底した感染防止策が取られています。スゴいです(詳細はこちら
 安心してお出かけください。

 ちなみにスタッフの方、たいへん感じのいい、ちょうどよいお年頃のモテ筋さんでした。いろいろお話を聞けて楽しかったです。ありがとうございます。
  
 関西方面のみなさん、いいお店だと思いますので、ぜひ一度、足を運んでみてください。
 
 
メンズカフェ&休憩スペース「KingEO(キングイオ)」
場所:こちら
TEL:06-6585-7943
営業時間:13:00〜22:00
年中無休
料金:キャンペーン通常料金1,500円
【各種割引】
学生 & 22歳迄:1,000円
ビジネススーツ着用:1,200円
ジム会員:1,200円
ビジネススーツ+ジム会員:1,000円
※割引の適用には学生証やジム会員証や生年月日の提示が必要です
遅割:20:00〜21:00 全員1,000円、21:00〜22:00 全員500円

INDEX

SCHEDULE

    記事はありません。