g-lad xx

REVIEW

歌川たいじ『ゲイです、ほぼ夫婦です』

歌川たいじさんの新刊が出ました。自身のブログと同じタイトルの単行本は、これまでの傑作選+新たなエピソードを新たに描き下ろしたコミックエッセイ。幸せに生きるためのヒントが満載で、きっと元気をもらえます。一家に一冊、ぜひお買い求めください。

歌川たいじ『ゲイです、ほぼ夫婦です』

 blog「♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です」や『じりラブ』『ツレちゃんに逢いたい』『ブレイクスルー』といった単行本でツレちゃんとのほのぼのした日常(パートナーシップ)をラブリーに描き、大人気ブロガーとなった歌川たいじさん。漫画だけでなく小説も世に送り出し(『やせる石鹸』とかぜひ映画化してほしいです)、昨年には著書『母さんがどんなに僕を嫌いでも』が映画化され、今や立派な作家となった感がありますが、そういえばなんで漫画描くことになったんだっけ?というところから振り返り、あらためて、スーパー天然なツレちゃんの「源泉かけ流しのような愛情」や、ゲイの友達たちの話、家族同然だった猫の話など、よりすぐりの素敵エピソードを、CDで言うとベスト盤的に盛り込んだ一冊です(でも、すべてこの本のためにあらためて描き下ろされていて、おかげで、見やすく、美しくなっています)

 歌川さんの本は全く初めてという方にも読みやすい一冊ですし、2010年の単行本デビュー以来、すべての本を読んできた方でも、初期の頃の代表的なエピソードとともに新しいストーリーにも出会える(まさにベストアルバムのように手元に置いておきたい)保存版的な一冊になっています。

 本の帯にも描かれてますし、無限に採掘できる鉱山のように10年も描き続けられるくらいエピソード豊富なツレちゃんのスーパー天然っぷりには、だれもがきっとほっこりさせられることでしょう(ツレちゃんは何度か二丁目などのイベントにも出演してますが、キレッキレなダンスとゆるゆるなトークの対照が面白い(Perfumeっぽいかも)、素敵な方です)。家族同然だった猫ちゃんがなくなったときのツレちゃんのエピソードにも泣かされます。歌川さんとツレちゃん、本当にいい「ほぼ夫婦」だなぁ〜って思うと思います。
 
 そもそも歌川さんがブロガーになったのは、2008年にリーマンショックのあおりで勤めていた会社が倒産したからですが、会社勤め時代のエピソードが非常にリアルで、まだ日本で企業がLGBT支援のことなんて全く意識してなかった頃なので、優秀でグングン実績を挙げてる歌川さんを「おかまちゃん」などと言って排除しようとする上司とか(あるあるですね…早く絶滅してほしいですが)、そんなパワハラ・セクハラ上司をどうやっていなしていったかといったあたりの痛快エピソードは、(みんながそういうふうに強く、賢くなるのは無理だし、こうしなさいというわけではないのですが)ある種のバイブルとして読めると思います。
 
 それから、ユウキくんとトンちゃんというゲイの友達カップルのエピソードが描かれていますが、二人の関係性よりも今回はユウキくんのお母さんが素敵!と感じました(以前にも読んでいたかもしれませんが、あらためて) 
 今は世間ではLGBTの支援者を「アライ」と言ったりしますが、ユウキくんのお母さんは「アライ」というレベルじゃなくてゲイと同じ目線、同じ立場で行動してる感じがして、面白いし、大好きです。
 
 ほかにも、悪友キミツさんの部下で頑張り屋のツィン子さんの感動エピソードなど、いい話が満載です。ゲイ(に限らず人間)が幸せになるにはどうしたらよいのか?ということのヒントがこれでもかと盛り込まれている、元気が出る、自分を信じて明日から頑張れる、そんな一冊です。
 ぜひ、読んでみてください。

ゲイです、ほぼ夫婦です
歌川たいじ/扶桑社

INDEX

SCHEDULE