NEWS

その他の記事

ゲイ解放運動のメッカ「ストーンウォール」が国定史跡に!

2016/06/27 03:49




オーランドの犠牲者に献花する人

記念式典。後ろで拍手している背の高い
男性がデブラシオ市長
 アメリカ政府は6月24日、LGBTの権利向上を求める運動の歴史を後世に伝えるため、ゲイ解放運動の端緒となった1969年の「ストーンウォール事件」の舞台であるニューヨークのゲイバー「ストーンウォール・イン」を、「LGBTに対する社会の捉え方や国の政策が変わる転換点を後世に伝えていくため」国の史跡である「ナショナル・モニュメント(国定文化遺産保護地域)」に指定すると発表しました。国の史跡には自由の女神像やグランドキャニオンの一部などが指定されていて、指定を受けた場所は国立公園局などが管理し保全していくことになります。また、今回の指定を受けて、国立公園局にアメリカのLGBTの歴史を伝える担当部署が創設されるそうです。
 LGBT関連の施設がアメリカの国の史跡に指定されるのは初めてのことです。

 国の史跡に指定されるのは、ニューヨークのグリニッジ・ビレッジのクリストファー・ストリートにあるゲイバー「ストーンウォール・イン」と近くのクリストファー・パークの周辺です。
 1969年6月28日、警察官らがいつものようにストーンウォール・インへの手入れを行ったところ、(ジュディ・ガーランドの死を追悼する気持ちで集まっていた)客たちが抵抗を始め、店の外にも多数の人が集まり、暴動が発生、その後の数日間にわたってデモ隊と警察との衝突が続きました。このストーンウォール事件は、逮捕されたり、職を失ったり、いやがらせを受けたりしていたゲイたちが初めて立ち上がったゲイ解放運動の始まりとして、歴史に刻まれることになりました。ストーンウォール・インだけでなく、近くのクリストファー・パークもコミュニティの人々が集まり、決意表明を行った場所として記憶されています。
 翌年には全米で抗議デモ的にパレードが行われ、すぐに欧州にも広がりました(イギリスにも日本にもストーンウォールというLGBT団体があるほか、ドイツのパレードなどは今もストーンウォール事件を記念し、クリストファー・ストリート・デーという名称になっていたりします)
 ストーンウォール・インはその後も世界中からニューヨークを訪れるLGBTの観光スポットとなっていて、昨年6月、全米で同性婚が認められることが決まった際にも、多くの人たちがここに集まり、喜びを分かち合っていました。
 
「ストーンウォール・イン」の国定史跡指定を求める声は以前からあったそうですが、先日のオーランドのゲイクラブ銃撃事件の後、大規模な追悼イベントがストーンウォール・インの前で行われ、LGBTにとっての心の拠り所として再認識されていました。

 ホワイトハウスは「LGBTの権利は向上したが、道半ばだ。彼らは暴力や差別と戦っている」「ストーンウォールの反乱は国の歴史を変えた。全国のLGBTコミュニティが全米で団結し、平等と尊厳を求める力を示した重要な分岐点として広く認められている」との声明を発表しました。
 また、オバマ大統領はビデオメッセージで「豊かで多様な独自の米国の精神が反映されるべきだと信じている」と語りました。

 27日には記念式典が開催され、デブラシオ市長らが国定史跡のプレートを披露しました。

 ちなみに、いまGoogleで「Stonewall Inn」と検索すると、国定史跡化を祝するようにレインボーの旗が現れます。素敵ですね!




米 LGBT聖地のバー 国の史跡に(NHK)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160625/k10010571431000.html

LGBTの原点、老舗バーを米国定記念物に(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/world/20160625-OYT1T50038.html

NYのバー、LGBT擁護発祥地の国定史跡に ホワイトハウス「人々の権利は向上したが、道半ば」(産経新聞)
http://www.sankei.com/life/news/160625/lif1606250037-n1.html

老舗ゲイバーを国定史跡に=LGBT運動の出発点-米大統領(時事通信)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016062500063&g=int

NYのLGBT運動発祥地、初の文化遺産保護地域に オバマ大統領(AFP)
http://www.afpbb.com/articles/-/3091747