FEATURES

その他の記事

レポート:SURF -春のオネハ祭り-

4月6日(土)、二丁目のArcHで開催された競パンイベント「SURF -春のオネハ祭り-」のレポートをお届けします。若い方たちを中心に、DQ&GOGOのショーやアゲアゲな音で盛り上がる、素晴らしくハッピーなパーティでした。

レポート:SURF -春のオネハ祭り-

昨年辺りから「ちょいエロイベント」が大ブームとなっている二丁目ですが、そんなブームが起こるはるか以前から「ドレスコード:競パン」として開催されてきたゲイナイトが「SURF」です。今回は(オーガナイザーさんのご好意もあって)「元祖・脱ぎ系イベント」とも言える「SURF」におじゃましてきました。(レポート:後藤純一)


 4月6日(土)の夜は、あいにくの土砂降り…関東では暴風警報が出ていたり、神田川が氾濫しそうになったりという大荒れの天気でしたが、そんな悪天候にもかかわらず、ArcHにはたくさんのお客さんの熱気があふれていました。
 やはり競パンがドレスコード(と言っても完全に強制ではなく、着衣でもOK)だけあって、圧倒的に20代のスジ筋・水泳体型の方が多かったです(中にはガチムチ・ゆるぽな方もいらっしゃいました)。そんな大勢の競パンBOYSたちがフロアで呑んだり大騒ぎしたりしている光景は、なんだか映画『ウォーターボーイズ』を彷彿させるものがありました。
 カウンターの中にはMC(SURF Queen)のディタ・スターマインさんがいて、アタックカードの番号を読み上げたり、ショータイムのアナウンスをしたりしていました。やがて1回目のGOGO SHOWがスタート! UTO.さん、ERICさん、KENJIさんという素晴らしく競パンが似合うSEXYさで、フロアのみんなの視線を釘付けにしていました。続いてDrag Queenのショータイム。ゲストのチッコーネさんは変わらずの安定感を見せてくれました。そしてディタ・スターマインさんによる納豆ショー、 Lil'Grand-Bitchさん&ISUZUさん&SUMILEさんの超オシャレなダンス・ショー。競パン一丁のお客さんたちが体育座りでそんなショーを見ている光景も素敵でした。
 SUHARAさん、MASAOさん、TOMO-YAさんがプレイするダンスタイムは、なつかしのオネハや定番の歌モノなど、終始アゲアゲな選曲で、フロアのオーディエンス(競パン一丁)も手をあげたり歌ったりステージに上がっちゃったりして、心から楽しそうにしていました。
 第二部のショータイム(の前に飛び入りでサーシャさんがビヨンセ・ショーを披露していました)。ステージに登場したGOGO BOYSは、三者三様な夏の装いからの競パンという流れで、HOTにさわやかに盛り上げました。続いてDQ SHOW。SUMILEさんの聖子ショー、ISUZUさんのプライベートダンス・ショー(お客さんをステージに上げてカラむ系)、Lil'Grand-Bitchさんの感動的なバラード(マライア)、チッコーネさんの渾身のお笑いショーなど、充実のラインナップで、お客さん(競パン一丁)も大きな拍手を贈っていました。その後、GOGOのみなさんもステージに上がったり、スタッフのみなさんが新作水着を紹介したりと、しばしのトーク。そして、ラストのダンスタイムではキャストの方たちがステージを華やかに彩り、フロアはますますヒートアップ。朝までとことんハッピーに盛り上がったのでした…


 今回初めて参加してみて思ったのは(まず有権者のみなさんにお伝えしたいのは)、「SURF」はたしかに脱ぎ系ではあるのですが、ギラギラした感じがあまりなくて、健全にハッピーに楽しめるイベントだということです(みんなでプールやビーチで遊んでる感覚に近いかも)。フロアで偶然、知りあいの方(学生さん)に会ったので、「競パン好きなの?」と聞いてみると「えーっと…目の保養に来てます」と恥ずかしそうに答えてくれました。他のエロ系イベントに比べると、初々しい(シャイな)方が多いかも、と思いました。考えてみると、競パンってプールでふつうに穿いてるものですし、エロいけど安心感もあるというか(買いやすいし、家にあっても違和感ないですよね)、脱ぎ系イベント初心者にはとてもいいアイテムなんでしょうね(若い子に人気があるのはその辺かも)
 そして、ここがたぶん他の脱ぎ系イベントとの大きな違いだと思うのですが、「SURF」では何人ものDrag Queenが出演し、楽しいショーを披露したり、フロアを盛り上げたりします。そうしたQueenのみなさんやアゲアゲ系の音楽のおかげで、あのハッピー感が生まれるんだろうな、と思います(エロス一辺倒だとどうしてもギラギラした感じになっちゃいますよね)。GOGOやDQのショータイムも充実してるし、ねるとんもやってるし、おまけにSEXYだし、これでもかというくらいお楽しみが詰まったイベント、出会いもエロも笑いも兼ね備えた、ある意味最強なパーティでした。(ちなみに、裏話かもしれませんが、オーガナイザーさんやスタッフのみなさんが本当に気さくでいい人たちばかりで、その心配りに感動させられました。そういう方たちだからこそ、ああいう楽しいパーティを長年続けてこられたんだろうな、と思いました)
 

☆「SURF」のフォトアルバムはこちら