FEATURES

その他の記事

レポート:第12回台湾同志遊行

2014年10月25日(土)、第12回台湾同志遊行(Taiwan LGBT Pride)が台北で開催されました。6万5千人が参加したというアジア最大のパレードの模様をレポートします。

レポート:第12回台湾同志遊行

2014年10月25日(土)、台北の総統府前で第12回台湾同志遊行(Taiwan LGBT Pride 2014)が開催されました。6万5千人が参加したというアジア最大のパレードには、日本からもたくさんの方たちが参加し、盛り上げに貢献していました。レポートをお送りします。(後藤純一)
 

 10月25日(土)、快晴。カラっと晴れて、過ごしやすい、絶好のパレード日和。Tシャツ1枚とか浴衣とかでも歩けるような感じでした。
 第12回台湾同志遊行(Taiwan LGBT Pride 2014)のスローガンは「性別を抱きしめ、違いを認めよう」。そして、今回のパレードには「Walk in Queers' Shoes」という愛称もつけられていました。
 パレード会場の総統府前、凱達格蘭大道(ケタガラン大通り)には、13時頃から続々と参加者が集まってきました。今年は、台湾各地をはじめ、日本や香港、シンガポールなどのアジア各国、また、アメリカ(ニューヨークやサンフランシスコから来たという会話を耳にしました)などからも来ており、ワールドワイドな広がりを感じさせました。
 ステージでは、地元のゲイのダンスチームがカッコいいパフォーマンスを披露。ブースではお水(FREE。ドネーション方式)を売っていたり、レインボーグッズを売っていたり(すごい人気でした)。そして広場では、ハデな格好の人たちが盛んに写真を撮られていて、中でも、オリジナルの和風の衣装を作ってきたマッチョ集団とか、レザー野郎軍団とか、花魁とか、エイサーのみなさんなど、日本の人たちが相当目立ってました(台湾はドラァグクイーンやレザーなど欧米型のゲイカルチャーがあまり盛んじゃないので、ハデな格好やセクシーな格好が受けます。あと、日本ほど規制が厳しくないので、ギリギリの露出も許容されます)
 
 14時前、整列が始まり、14時過ぎにパレードが出発。人数が多すぎるので、北と南に分かれて2ルートで行進します。赤~紫のフロート(というより、隊列の区切り)にたくさんの団体が振り分けられ、赤・オレンジ・黄色は、凱達格蘭大道→信義路一段→林森南路→忠孝東路一段→忠孝東路二段→金山南路→仁愛路二段→仁愛路一段→凱達格蘭大道の北ルート、緑・青・紫は、凱達格蘭大道→中山南路→羅斯福路一段→羅斯福路二段→杭州南路二段→杭州南路一段→仁愛路一段→凱達格蘭大道の南ルートとなっていました。
 東京のパレードは「Tokyo Gay Nightフロート」のようにグループの名前を冠したフロートで数百人ごとの隊列(交通事情により、人数が制限されています)をパフォーマーの乗ったトラックが先導する、というかたちが一般的ですが、台北では数千人単位(赤だけで東京のパレードの参加者全員分という感じ)。とにかく歩く人が多くて、全員が出発し終わるのに1時間くらいかかっていました。南ルートには、TOKYO RAINBOW WEEKやJack’dのフロート、水男孩(=ウォーターボーイズ。競パン一丁の集団)などが参加していて華やかな感じでしたが、北ルートは「同性婚の実現を!」といったコールをする感じのメッセージフロートがメインでした。
 今まさに同性婚の法制化実現に向けて活動している「台灣伴侶權益推動聯盟」をはじめ、台湾の何百というLGBT団体が行進するなか、Googleの社員の方たち数百名も参加していました。初めて台湾のパレードを体験した2008年は、2000年頃の東京のパレードのようなコミュニティ的な熱さを感じましたが、その後どんどん規模が大きくなって、今では欧米のように企業も参加するようになったのです。
 
 TOKYO RAINBOW WEEKは、昨年に続き、フロート(トラック)とお揃いのTシャツを用意して、一団を形成し、日本から台湾への友好の気持ちをアピールしていました。「TAIWAN」と「JAPAN」の文字がつながっている、素敵なデザインのTシャツは、とある日本のゲイの方が無償で制作し、配布したものだそうです(写真右下)。それから今年は、花魁の格好をした方が二人、そして殿様のコスプレの方、六尺の方、浴衣や甚平の方なども多数!でした(たくさん写真を撮られ、目立っていました)


「TAIWAN」と「JAPAN」が
つながっている素敵なデザイン
 パレードが終わると、凱達格蘭大道のステージで集会が開かれ、夜まで続いていたようです。また、公式アフターパーティが、いま台湾で最もスタイリッシュなホテルと評判のWホテルのバー「WET」で開催されました。

 主催者発表によると、今年のパレードの参加者は6万5千人。翌朝の朝刊各紙は、カラー写真でパレードを取り上げていました。TVのニュースにもなりました(こちら)。日本にも、いくつかのニュースサイトで紹介されました(こちらこちら、そしてこちら)。記事によると、人気タレントのポーリン・ラン(藍心湄)さんなども参加していたとそうです。
 

☆第12回台湾同志遊行(Taiwan LGBT Pride)のフォトアルバムはこちら