g-lad xx

FEATURES

レポート:Shangri-La 46 “WHITE BALL”

2014年12月13日(土)、新木場ageHaでShangri-La 46 “WHITE BALL”が開催されました。寒さを少しも感じさせない、HOTで楽しくて夢のような一夜でした。

レポート:Shangri-La 46 “WHITE BALL”

 12月12日(金)はShangri-Laの前夜祭としてAiSOTOPE LOUNGEで”BANANA Friday”が開催されており、今回は案 山子さんがお店に入るのが最後の日ということで、ご挨拶も兼ねて行ってみました。サブフロアのPEACH LOUNGEは照明も明るめでキラキラな雰囲気でしたが、奥のBANANA ZONEはちょっと暗めでエロティックな感じ。ガタイ系のイケメンさんだらけでビックリしました(さすが、脱げる方たちは体ができてますね)。アジア系の方もちらほらいたかな?と思います。24時にはカウンターでGOGOショーがスタート。ピチピチな若いGOGOさんががんばっていました。GOGOショーを見届けて終電で帰ってしまったのですが、朝方にはみなさん酔いも回り、さらに盛り上がっていたそうです。

 さて、13日(土)はいよいよShangri-Laの本番です。24時過ぎにageHaに到着し、まずはISLANDのバーカウンターでカクテルを注文し、“RUSHCRUISE 10 Years Anniversary Japan Tour Final”のフロアへ。パーティもまだ始まったばかりですが、DJ TABOさんのビルボード系のアガる選曲で、すでにみなさんノリノリで盛り上がっていました。そしてほどなくしてGOGOタイムがスタート。いい感じにあたたまっていました。

[+dr.title+]
 続けてWATER(プールサイド)の“CIRCUIT PARADISE 9”ヘ。屋外、しかも海風が吹いてくるエリアということで、さぞかし寒くて人も少ないだろうと思いきや、とんでもない! DJ DAIさんのプレイ&ガチムチGOGOのショーでHOT!に盛り上がっていました(ヒーターも効いてましたし)。GOGOさんが光る(サイリウム?)スティックをお客さんにプレゼントしていたのが素敵♪演出でした。

[+dr.title+]
 1時からはアリーナでのGOGOショーを堪能。サンタをイメージした全身白で統一されたコスチュームのJAPAN’S HOTTEST GOGO BOYS。白いコスチュームにカラフルなライトが映えて、キレイでした。(ちなみに3回目のGOGOショーでは、アリーナ中央のステージにGOGO BOYSが集合し、巨大なミラーボールに照らされながら踊るという演出で、それもまた素敵でした)

[+dr.title+]
 1時半、BOX(テント)のデブも専ナイトへ。ドアボーイからショー・パフォーマーまで、がっちり〜ぽっちゃりなイケメンがズラリ(ついでにお客さんもモテ筋系が多数)。ももクロやモー娘。など人気のアーティストを押さえたダンス系のショーや、むらっちさん、フーチ葉よもぎさんらのお笑いショーでお客さんもがっつり楽しんでいました。9月に行われた総選挙の勝者(ニューフェイスもいっぱい!)もGOGO BOYとしてステージに上がり、ファンの方たちを喜ばせていました。

[+dr.title+]

[+dr.title+]

[+dr.title+]
 2時前、デブも専のGOGOショーに後ろ髪引かれる思いをしながらアリーナへ移動。なんといっても本日のいちばんのお楽しみ、「RUSHCRUISE」による年に1度の一大スペクタクルなスペシャル・ショーが繰り広げられるのです。考えることはみんな同じで、あちらからもこちらからもどんどん人が集まって来て、フロアのみならず、フロアに降りる階段やその上にまで人があふれ、ショーが始まるのを今か今かと待ち構えていました(こんなに人がギュウギュウになったのってShangri-La史上初じゃないでしょうか)
 DJタイムからのカウントダウン。数千人が見守るなか、中央の花道に登場したのは、GOGOのAkiさん、Nawotoさん、Gonさん。酔っぱらった船員のていで…とくれば、これはあの、「Candyman」のライブの再現! 彼らがステージを指すとステージの幕が開き、巨大な「RUSHCRUISE号」が出現。ワー!っという大きな歓声が上がります。リル・グランビッチさんがアギレラに扮し、クイーンのみなさん(こちらの衣装もライブのときとそっくり!)、ニコル組のみなさん、NONOCHICなど男性ダンサーのみなさん…総勢30人ほどのパフォーマーたちがステージを所狭しと走り回りながら、軽快なダンスでオーディエンスを魅了しました。
 En Vogue「Free Your Mind」。そのPVのような、ゴージャスなクイーンによるファッションショーがスタート。ひときわ色鮮やかなドレスのHOSSYさんを先頭に、バブリーナさん、ヴェロニカさん、バビ江さんが登場。続いてブリトニーの「Work B**ch」に乗せて、レスペランザさんらが登場し、ランウェイを彩ります。マドンナの「VOGUE」では、アンジェリカさん、ナジャさん、ドリアン・ロロブリジータさんらが登場。東西の豪華クイーンが揃い踏みな、あまりにも贅沢で、夢のようなひとときでした。
 TOYBOYのHIROSUMIさん&MASAKIさんのポールダンス。そしてGOGO BOYのみなさんがズラリと並び、RIOTOさんが登場。黒のエナメルで統一された衣装で、スタイリッシュかつエロティックな世界が現出。セクシーさとカッコよさが見事に調和した、素晴らしい時間でした。
 さて、トリをつとめたのはこの人!マルガリータさん。リアーナの「Where Have You Been」というトライバルなイメージのカッコよくも難しいダンスを、ダンサーさんたちに負けないくらいキレッキレに見事に踊りちぎってました。観客の盛り上がりもハンパなく…ちょっと鳥肌モノでした。
 お約束の「ショウほど素敵な商売はない」が流れ、30分にわたるスペシャル・ショーもフィナーレを迎えました。ゴールドの紙吹雪が降りしきるなか、たくさんの踊り子さんたちが次々と登場、最後に総合プロデューサーのRIOTOさんがご挨拶し、割れんばかりの拍手の嵐のなか、世紀のショーは幕を閉じたのでした…
 ショー後の曲(客出し)がプロコフィエフのバレエ音楽「ロメオとジュリエット」だったのも素晴らしい(徹頭徹尾、オシャレです)…と感動しながら、半ば放心状態でアリーナを後にしたのですが、会う人、会う人、みんな頬を紅潮させ、パアーっと華やいだ表情で、「さっきのショー、ホントよかったね」「感動した!」と口々にほめそやしていました。
 2014年は「ArcH」が閉店したり、何人ものDJが亡くなったり、さびしいこともいろいろありましたが、このショーを観て勇気づけられた、やっぱりゲイシーンって本当に素晴らしい!と思えた方も多かったと思います。コマ劇場での一夜をはじめ、数々の伝説を生み出してきたRIOTOさんの「RUSHCRUISE」にあらためて敬意を表するとともに、キャスト&スタッフ(裏方さんとかも大変だったと思います)のみなさんに心からの拍手を贈りたい気持ちです。



[+dr.title+]
 スペシャル・ショーの余韻にひたりつつも、“WHITE BALL”はまだまだいろんなお楽しみが満載!ということで、再びアリーナでGOGOショーを観たり、フードコートでご飯を食べたり、再びデブも専ナイトのショーを観たり、各エリアをぐるぐる回って楽しみました。どのエリアも朝まで人がいっぱいで、みなさんゴキゲンな音と美味しいお酒と景色と(今回もイイ男がいっぱい!でした)パーティの雰囲気を楽しんでいました。特にISLANDは「RUSHCRUISE」のGOGOやクイーンが入れ替わり立ち替わりでステージを彩り、本当に華やかで楽しいフロアになっていました。

 折しも、全国的に寒波に見舞われ、行くのをやめる人が続出してもおかしくないほどの寒さだったのですが、ふたを開けてみれば、ビックリするくらい熱く盛り上がり(「少しも寒くないわ」って感じ)、年末にふさわしい華やぎとにぎわいに包まれた、本当に素敵な一夜になったのでした。来年もまた、Shangri-La@ageHaを楽しみにしましょう!というわけで、2015年のShangri-Laのスケジュールをご紹介いたします(次回は3月21日の“BLACK BALL”です!!)

SCHEDULE 2015
3.21[SAT] Shangri-La 47 “BLACK BALL”
5.2[SAT] Shangri-La 48 “SPLASH”
7.18[SAT] Shangri-La 49 “MUSCLE BEACH”
9.12[SAT] Shangri-La 50 “TRIBAL JOURNEY”
12.12[SAT] Shangri-La 51 “WHITE BALL”

INDEX

SCHEDULE