FEATURES

その他の記事

レポート:東京レインボープライド フェスタ&パレード(2)「フェスタ」ステージ

5月6日(土)7日(日)、東京レインボープライドの(レインボーウィークのフィナーレとなる)フェスタ&パレードが代々木公園イベント広場で盛大に開催され、過去最高となるのべ約10万人を動員しました。4回に分けてレポートをお届けします。2回目は「フェスタ」のステージの様子です。

レポート:東京レインボープライド フェスタ&パレード(2)「フェスタ」ステージ

 2017年5月6日(土)7日(日)、東京レインボープライドの(レインボーウィークのフィナーレとなる)フェスタ&パレードが今年も代々木公園イベント広場で盛大に開催され、過去最高となるのべ約10万人を動員しました。
 両日とも(土曜日は雨の予報も出ていましたが「パレードは晴れる」のジンクスの通り)とてもよく晴れて、絶好のイベント日和となり、代々木公園には朝からたくさんの方たちが訪れ、ステージで行われたパフォーマンスを楽しんだり、広場に所狭しと並んだ100軒以上のブースを見て回ったり、思い思いにセクシュアルマイノリティのお祭りを満喫していました。
 1日目の「フェスタ」のステージでは星屑スキャット、東京ゲゲゲイ、清貴さんらが出演し、2日目の「パレード」では、中島美嘉さんが6曲を熱唱し、超満員の会場は大歓声に包まれました。
 過去最高の23のフロートが出走したパレードも、MODI(マルイ)のデジタルサイネージが東京レインボープライド開催を祝うレインボー仕様になり、沿道でも多くの方たちがハイタッチしたり、お店から出てきて応援してくれる方などもいて、約5000人の行進を盛り上げてくれました。
 東京レインボープライド「フェスタ&パレード」のレポート、2回目は5月6日(土)に開催された「フェスタ」のステージの様子をお届けします。
(取材・文・写真/カケジク)



 真夏のような日差しが照り付ける5月6日(土曜日)、代々木公園イベント広場にて東京レインボープライド2017「フェスタ」が開催されました。


この日の司会は女装パフォーマーのブルボンヌさんとフジテレビの元アナウンサーで現在はシニアコメンテーターの阿部知代さん。漫才のような軽妙な掛け合いに一気に場が和みます。


二人の挨拶に続いて、オープニングを飾ってくれたのはチアリングスクールSpecial Performance Teamの皆さん。「ゴー!レインボー!」の掛け声と共に元気なチアリングを披露してくれました。


続いての登場は「真弓瞬×若林佑麻 with GUEST MORE」。ドラァグクイーンのおりいぶぅさんをスペシャルゲストに迎え、「ファッション」をテーマに歌・お芝居・ダンスを融合させたパフォーマンス。「自分がカッコイイと思う服を着よう。なりたい人になろう。」とメッセージを発信してくれました。


初登場のシンガーソングライター、キムラマサタカさんは熊本出身。アコースティックギターをサポートに迎えて鍵盤での弾き語り。初々しさの中に力強さもある歌声を響かせてくれました。


フリースタイルバスケットボールのShotaさんは昨年日本2位の実力を持つヒューマンビートボックスのエクスバスさんをフィーチャーしたパフォーマンス。最後は司会の阿部知代さんにペンを持たせてその先に高速回転するバスケットボールをのせる技も!


女性3人組「ニジノココロ」も初登場。メンバーの年齢が19~21歳という若々しさ! アコースティックな音色と優しい歌声で会場を包み込んでいました。


お次は、昨年も出演していた男の娘ユニットの「最先端ガールズ」。ブルボンヌさんが「入りたい」と言ったところ「おばさんはちょっと…」と返されたんだとか。この日が初披露となった新曲「HYPER SPIRIT」もパフォーマンスしてくれました。


「まめしば」は男性5人のヴォーカルグループ(この日は1人欠席)。軽妙なMCで場を和ませつつ、知る人ぞ知るアイドルグループ「少女隊」のデビュー曲「FOREVER」などを披露してくれました。


続いての登場は男性シンガーソングライターの小川ハルさん。とても力強いヴォーカルで「バタフライ」「呼吸」の2曲をパフォーマンス。


ワタナベエンターテインメント所属のお笑いコンビ「猛獣クイーンズ」。アメリカ人男性でゲイのCODYさんの底抜けに明るいボケに腐女子のすぎもとりょうこさんが冷静にツッコんでました。異色のコンビとしてこれから要チェックです!


「チゲ子☆アンドロイドNH」。ドラマのセリフやCMの音声を組み合わせた小芝居(?)を織り交ぜながらのリップシンクパフォーマンス。楽曲のクオリティーが非常に高くて、ノリが良かったです。


2サックス・3ダンサーという編成のユニット「EMPTY KRAFT」はこの日は生バンドを従えてのパフォーマンス。とても激しいダンスを踊りながらのサックスプレイは唯一無二なのでは? ステージ狭しと5人が縦横無尽に駆け回っていました。


13時過ぎから行われたシンポジウムのテーマは「HIVとアジア~韓国・台湾・日本 We are All Living Together with HIV in ASIA」。「ぷれいす東京」の生島嗣さんが司会で、ソウル・台北・東京のコミュニティセンターのスタッフが登壇し、個々の現状やこれからについてを話し合いました。


ケヅカテツオダンスアカデミーは「Another Day of sun(LA LA LAND)」「Beauty and the Beast(美女と野獣)」「Born This Way(LADY GAGA)」「Jupiter(平原綾香)」という非常に親しみやすい選曲でダンスを披露してくれました。途中同性同士でのペアダンスも!


登場する前から熱狂的なファンの皆さんがステージ前に殺到したのは先日グループ名を改名したばかりの「二丁目の魁カミングアウト(元二丁ハロ)」。一瞬「ここは秋葉原?」と思うくらいのコールが飛び交う中、新曲「言いたいことも言えないこんな世の中じゃん」などを披露してくれました。


レインボーな扇子をはためかせながら客席後ろから登場したのはセクシーDAVINCIさん。段々と服を剥いで(決して「脱いで」ではありません)いきつつ、セクシーを周囲に振り撒きつつ、ジャグリングなどの大道芸で観客を魅了しました。


お次は昨年に続いての出演、「西新宿パンティーズ」。4MC・1サックスの、セクシュアリティもバラバラな男女5人組。ステージ前のお客さん達にパンティーをばら撒きながらリリック(歌詞)はほとんど放送禁止もの?な楽曲をパフォーマンス。途中で松田聖子の「赤いスイートピー」を入れるなど、ユニークさではピカイチでした。


ここで東京レインボープライドのマスコット「トビー」が登場してのフロート説明。今年のフロートは過去最多の23フロート!


続いては、もはや常連!のアイハラミホさん。「モーニング・ムーン(チャゲアス)」で登場し「艶姿ナミダ娘(小泉今日子)」「禁区(中森明菜)」と一枚ずつ衣装を剥いでのリップシンク。最後の「かもめが翔んだ日(渡辺真知子)」では、司会の2人とスタッフも登場し、一緒にかもめのパフォーマンスをしてくれました!


「BANANALEMON」は女性4人組。圧倒的な歌唱力とパワフル&セクシーなダンスでステージを彩ってくれました。


2015年のフェスタのステージでカミングアウトをした清貴さん。「戻ってきた」嬉しさに溢れた、とても伸び伸びとしたステージでした。途中のMCで曲順を間違えるというお茶目な一面も! マルイと東京レインボープライドとのコラボレーションで使用された「Dreamer」も披露してくれました。


客席前方に幅広い層のファンが詰めかけて今か今かと登場を待っていた「東京ゲゲゲイ」。今回はスタンドマイクを使ってのパフォーマンス。少し時間が短かった?のでファンの皆さんは消化不良な感じだったかもしれません。


そしてこの日の大トリは「星屑スキャット」。言わずと知れた安定感。シングル「ご乱心」やカバー曲「バナナの涙(うしろゆびさされ組)」などをパフォーマンス。小気味いいMCでも会場を楽しませてくれました。


最後に司会の2人に紹介されて、東京レインボープライドのスタッフが登場。共同代表の山縣真矢さんと杉山文野さんの挨拶で締めくくられました。


☆東京レインボープライド2017「フェスタ」のフォトアルバムはこちら