g-lad xx

FEATURES

レポート:二丁目海さくら

3月6日(水)、第20回を記念する「二丁目海さくら」という清掃活動が二丁目で開催されました。ゲイバーやクラブの方たち、GOGO BOYのみなさん、いろんな方たちが参加し、清貴さんが歌ってくれたりもして、楽しく有意義なイベントになりました。レポートをお届けします。 assets/images/FEATURES/SOCIAL/CleanUp/nus_top2.jpg

2019年3月6日(水)、第20回を記念する「二丁目海さくら」という清掃活動が、二丁目の新宿公園を集合場所にして開催されました。ゲイバーやクラブの方たち、GOGO BOYのみなさん、いろんな方たちが参加していて、20回記念でスペシャルゲストの清貴さんが1曲歌ってくださる場面もあったりして、楽しく有意義なイベントになりました。レポートをお届けします。(後藤純一)


 海さくらという名前に不思議な感じを覚える方もいらっしゃるかもしれません。新宿なのに、なぜ「海」なのでしょうか…?
 2005年12月、江の島の海に、かつて生息していたタツノオトシゴが戻ってくるようなキレイな海にすることを目指し、海さくらという団体が活動を始めました。活動はどんどん広がりを見せ、湘南ベルマーレの選手や社員の方たちが参加してくれたり、現役のお相撲さんが参加者とふれあいながらゴミ拾いに参加してくれたりもするようになって。そして、海のゴミの約8割が街や川からやって来るということで、活動は街に広がり、全国に広がり、「ゴミ拾い環境イベントポータルサイト」なども立ち上げられました。今では「目指せ日本一楽しいゴミ拾い!」を合言葉に、いろんな趣向を凝らしたイベントが開催されています。
 
 この「海さくら」の活動にたまたま参加し、いたく感動したゲイの方が、これを二丁目でもやれないかと思いたち、周囲にいた方に声をかけ、『バディ』誌の編集長・HIROさんが代表となって、2017年7月に第1回の「二丁目海さくら」がスタートし、大勢でゴミ拾いの活動を行いました。
 こうして「二丁目海さくら」が毎月第1水曜日に行われるようになりました。ゴミ拾いのイメージを刷新し、カッコいいことというイメージを持ってもらえるよう、GOGO BOYの方々が文字通り一肌脱いで、ポスターも制作されました。
 1年経ってHIROさんが代表を降りることになり、二丁目の不動産屋「フタミ商事」の二村さんと、「ぽんぽこ」というゲイバーのマスターのとしさんが、共同代表を務めることになりました。
 そして今回、めでたく第20回を迎えることとなり、スペシャルな感じで開催されたということです。



 
 3月6日(水)19時前、集合場所である新宿公園には、続々と人が集まってきました(新宿公園は確か、19時にゲートが閉められるのですが、特別に借りているのでは?と思います)。真ん中の受付のようなところで、ゴミ袋(ビン・カン用とその他の燃やすゴミで分けています)とトングを受け取ります。
 存じ上げない方もたくさんいらして、失礼しているのですが、お名前を存じ上げている方をご紹介すると、砂川秀樹さん(元東京プライド代表、元ピンクドット沖縄代表)、NAWOTOさん、NORIさん、SASUKEさん、RICOさんといったGOGO BOYの方々、「3G」などのお店の方々も来られてました。特にAiSOTOPE LOUNGEの系列店のみなさんは、小原さんやダイアンさんをはじめ、ほぼ全員来られてたと思います(岡崎さんなんて、この日、バースデイパーティだったのですが、蝶ネクタイの姿で参加してて…共同代表のとしさんが「すみません、お誕生日なのに」と言うと、「いえいえ、ゴミ拾いの方が大事です」と、なんともけなげで…)
 最初に、共同代表のお二人がご挨拶し、そのあと、スタンプがたくさんたまった方にレインボートングを授与するというイベントがありました(1回参加するごとにスタンプを押して、5個たまるとJOY SOUNDのタオル、10個でレインボートングがもらえるそうです)
 そしてなんと、スペシャルゲストとして清貴さんが登場し、1曲歌ってくださいました(その模様はこちら)。素晴らしいですね。
 とても清らかな気持ちになったところで、みなさん、意気揚々とゴミ拾いに出発。三々五々、二丁目の街角へと向かって行きました。
 19時40分に再び新宿公園に集合し、最後に、拾ったゴミの山を前にみんなで記念写真を撮りました(ビン、カンのゴミ袋と同じグリーンだからということで、ダイアンさんがセンターに。ウケました)
 本当の最後に、共同代表のお二人がご挨拶しましたが、ここでとしさんが、ちょっと衝撃的なお話をしました。二丁目のゴミの出し方は日本でもいちばんひどい、週末ともなると二丁目には分別されてなかったりするゴミ袋が山と積まれ、また、壊れた椅子とかお店の廃棄物が粗大ゴミシールも貼られずに捨てられているそうですが、それはどうなるかというと、二丁目の町内会の方たちが区の清掃事務所と相談しながら、処理等の対応をされているんだそうです(知りませんでした…)。二丁目のお店のみなさんにはぜひ、ゴミ出しの時間を守る(昼まで営業したからといって昼に出さないで)、分別する、粗大ゴミはしかるべき方法で捨てるということをお願いしたい、とのことでした。
 弱冠29歳のイケメンが、ひたむきな、心からのお願いをしている姿に、おじさんは胸が熱くなりました…(同じ思いの方、多かったはず)
 
 散会したあと、としさんに少しお話を聞きました。コメントとしてお伝えします。
「今日はたくさんの方に参加していただけて、うれしかったです。ありがとうございます。この二丁目海さくらは、ゴミを拾って二丁目をきれいにするということだけだったら、それほど大してきれいにしてないと思うんですね。簡単なゴミ拾いということを入り口にして、二丁目のみなさんのゴミに対する意識が変わっていくことが、目標なんです。二村さんが、さっき僕が言ってたような、分別のこととか粗大ゴミのことを教えてくれて、僕も初めて知って。ここに来た人に、そのことを知っていただきたいし、問題意識を持ってもらえたら。さらに、周りにも伝えてほしいですし、いろんな人が参加して、広がっていくとうれしいです。もしかしたらこの活動で、ゴミのことだけじゃない何かを持ち帰ってもらえるかもしれません」



 次回は4月3日(水)19:00~です。集合場所は「吉龍軒(ギロンセン)」等のあるニューフタミビル前だそうです。
 誰でも、一人でも、手ぶらでも参加できるそうですので、ぜひ。



(※の付いた写真は、二丁目海さくらさんからご提供いただきました)

INDEX

SCHEDULE