g-lad xx

NEWS

ダニエル・ラドクリフもゲイの若者のためにメッセージ

 ハリー・ポッターでおなじみの俳優、ダニエル・ラドクリフ(21)は、周りにゲイの人がたくさんいるハリウッドで育ったこともあり、とてもゲイに寛容です。自身がゲイではないのか?と噂されたときも「光栄だよ」とコメントするなど、何度となく、ゲイが喜ぶメッセージを届けてくれています。
 
 アメリカで10代のゲイの自殺が相次いでいることについても心を痛めており、セクシュアルマイノリティの若者のための24時ホットラインを開設していることで知られる団体「The Trevor Project」を通じてこのようなメッセージを発信しました。
 
「タイラー・クレメンティさん、セス・ウォルシュさん、アシャー・ブラウンさん、ビリー・ルーカスさん、そしてジャスティン・アーバーグさん。まだ若いこうした人たちの自殺のニュースに、僕は胸を痛めています。
 友達だと思っていたのに仲間外れにされ、傷つけられながら生きていたといいます。性的指向、性自認、人種、能力、宗教などは、人と違いがあって当然なんです。私達は互いにそれを認め合い、優しく接して生きていくべきです。
 いわれのない攻撃には、黙っていないで立ち上がらなくてはいけません。また大切な誰かが何かに苦しみ、落ち込み、自殺まで考えている時には、真剣にその人に寄り添い、力になってなりたいと思います。
 素晴らしい未来があったはずなのに、それをあきらめ、若くして死を選んでしまった若者たちのご家族や友達は今、どれほど悲しんでおられることでしょう。心からお悔やみを申し上げたいと思います。
 もしもあなたが今、同じようなことで苦しんでいるのでしたら、どうか一人で悩まず、『Trevor Lifeline』に電話してみてください。あなたの話を真剣に聞いてくれますよ」 

 「The Trevor Project」は毎年クリスマスに「Cracked Xmas」というチャリティ・パーティを開催していることで有名です。2008年には『プラダを着た悪魔』のアン・ハサウェイが出席し、自身とデートする権利をオークションにかけ、約1万2000ドルの寄付を得ました。アン・ハサウェイは実のお兄さんがゲイだそうで、家族ぐるみでゲイを支援しているそうです。
 また、「The Trevor Project」はブリタニー・スノウがMTVと組んで立ち上げた「Love is Louder」プロジェクトにも協力しています。


ダニエル・ラドクリフ、性に悩むティーンに励ましのメッセージ!
http://japan.techinsight.jp/2010/10/yokote2010100611160.html

INDEX

SCHEDULE