g-lad xx

NEWS

タイの新航空会社、トランスジェンダーの客室乗務員を採用

 タイの新航空会社ピー・シー・エアーがMTFトランスジェンダー(男性から女性にトランスした方。世間で言うニューハーフ)の客室乗務員を採用し、話題を集めています。同社は今年3月から、バンコクと成田空港、関西国際空港、韓国の仁川空港などを結ぶ路線を運航する予定ですが、客室乗務員として男性10人、女性17人、トランスジェンダー3人を募集しました。トランスジェンダーの方については手術などが済んでいて、外見や声色が女性同様であることが条件でした。
 この条件をクリアし、採用第1号となったのは、タイの国立難関校カセサート大学卒で、2007年にタイの「ミス・インターナショナル・クイーン」(2009年にはるな愛さんが優勝した有名なニューハーフのミスコン)で優勝したタンヤラット・ジラーパットパーコンさん(23)。タンヤラットさんは「誇りに思うし、両親も喜んでいます」と喜びを語りました。
 同じく採用が決まったカセサート大学卒のパンタカンさん(24)も「タイ社会において“第3の性”への理解が深まったようで、とてもうれしい。期待に応えたい」と語りました。パンタカンさんは、かつて他の航空会社にも応募して不合格となり、人づてに「ニューハーフだから」との理由を聞き、落ち込んだといいます。
 タンヤラットさんたりはこれから社内訓練を受け、試験に合格した暁には、晴れて客室乗務員となります。

 タイはゲイやトランスジェンダーに寛容な国として知られています。これまでにも元男性を客室乗務員に雇用する航空会社はありましたが、あくまでも「男性」としての採用で、今回のようにトランスジェンダー枠で正式に募集が行われたのは初めてだそうです。

 ちなみにピー・シー・エアー側は、就航先の入出国手続きでトラブルが起きないよう、3人の名札には「サード・ジェンダー(第3の性)」との表記を入れるそうです。

 3月以降にバンコク旅行を考えている方、ピー・シー・エアーに乗ってみてはいかがでしょうか?(編)


タイの新航空会社、ニューハーフ客室乗務員募集(newsclip.be)
http://www.newsclip.be/news/2011126_029812.html

ミスコン勝者のニューハーフがCAに(バンコク週報)
http://www.bangkokshuho.com/news.aspx?articleid=11544

INDEX

SCHEDULE