g-lad xx

NEWS

米国会の重鎮、バーニー・フランク氏が同性婚


右がバーニー・フランク氏、左が
パートナーのジム・レディさん
 アメリカのオープンリー・ゲイの国会議員として有名な(2010年の『OUT』誌が選ぶ「最も影響力を持つゲイ50人」の第1位に輝いた)バーニー・フランク氏が同性婚することになりました。

 ハーバード大学法科大学院を卒業したバーニー・フランク氏は、マサチューセッツ州選出の民主党下院議員を32年間も務めてきた連邦議会の重鎮であり、現在は下院金融委員長であり(2010年に成立した「金融規制改革法案=ドッド・フランク法」にもその名が冠されました)、連邦議会で最も発言が注目される人物です。「最も頭のきれる民主党議員」に選ばれると同時に、歯に衣着せぬ物言いで「最もユニークな議員」にも選ばれています。昨年11月、次期選挙に出馬しない(引退する)ことを発表し、32年の議員生活に終止符を打つことになりました。
 ちなみに、つい昨日、バーニー・フランク氏が訪米した「アメリカへ米軍基地に苦しむ沖縄の声を届ける会」の人たちに対し、「私は以前から沖縄に駐留する米海兵隊の撤退を主張してきた。戦後67年も経つのにまだ沖縄にあのように基地が残っているのは信じがたい。日本にあんなに多くの米軍基地は必要ない」と語ったことがニュースになっていました。

 そんな超大物議員であるバーニー・フランク氏が、29歳年下で5年来のパートナーであるジム・レディさんと地元・マサチューセッツで結婚式を挙げる予定だというニュースは、日本でも朝日や産経など大手メディアで取り上げられました。「同議員は連邦レベルでは、ゲイ(同性愛者)であることを公にしている政治家の草分け的な存在」「1987年に同性愛者であることを連邦議員として初めて自ら公表し、権利向上に取り組んできた」といった情報が世間の人たちに届けられたのは素敵なことです。
 
 英語圏ではもちろん、もっと詳しい情報が報道されています。
 以下に『Daily Mail』紙の記事をご紹介します。

「私にはパートナーがいる」とフランク氏はインタビューで語りました。「人生で初めての恋だ」
 同性結婚式の日程等は発表されていませんが、もし、フランク氏の在職中に結婚することになれば、国会議員で初の同性婚となるそうです。

 フランク氏は1987年にゲイであることを公にし、国会議員として初のオープンリーゲイの1人となりました(本当に最初にカミングアウトしたのはジェリ・E・スタッズ氏だそうです。スタッズ氏は2004年、マサチューセッツで同性婚が認められてすぐにパートナーのディーン・ハラ氏と結婚しました。そして2006年に亡くなりました)。現在までにカムアウトした国会議員は、たった7名しかいません。(東京国際レズビアン&ゲイ映画祭では、クローゼットな国会議員がゲイだとバレたくないためにゲイの権利を踏みにじってきたと告発する『Outrage』という作品が上映され、もちろんバーニー・フランク氏も登場していました)

 パートナーのジム・レディさんとは、2005年に政治資金集めのパーティで知り合いました。2007年、レディさんのパートナーが亡くなった後、二人はつきあいはじめたそうです。
 レディさんは『ワシントンブレイド』紙に「1987年の彼のカミングアウトのニュースがどれだけ瞠目の事態だったかを思い出すよ」と語りました。「TVを見ていてそのニュースが流れると僕は『ワオ! 彼はスゴイ!』と叫んだんです。そして彼に初めて会ったとき、僕がどんなに興奮したかを伝えました」
 レディさんはメーン州に住んでいて、ちょっとした便利屋をしていました。2007年、彼は庭で大麻を育てているとして逮捕されました。彼は無罪を主張しました。2010年、フランク氏は「もし二度とそんなことをしたら、二人の関係はおしまいだ、と彼に言った」と語りました。「彼は心の底から謝罪した。そして僕は彼を信じた」

 フランク氏は、ずっと同性婚の実現のために奮闘してきた人で、ロイターのインタビューで「ゲイの権利擁護運動に関する本を書きたい」と語ったこともありました。
 2004年(ブッシュ政権下)、連邦議会は同性婚を禁じる憲法修正案を議論しました。フランク氏は「仕事から家に帰って、私は男性といっしょに過ごす。それがいったい君たちにとって何の問題があるんだい?」と述べました。
 フランク氏が引退を発表したとき、オバマ大統領は彼のこれまでのLGBTの権利擁護の尽力に対して敬意とねぎらいの言葉を贈りました。


 これまでずっと仕事一筋で、恋をしたことがなかったというのが驚きです…『人生はビギナーズ』ではありませんが、71歳のフランク氏のこれからの新しい人生が本当に幸せで穏やかなものになるよう、心からお祈りします。



米民主重鎮が同性婚へ=金融規制法で活躍のフランク氏―ロイター(朝日新聞)
http://www.asahi.com/international/jiji/JJT201201270014.html

米有力議員が同性婚へ、5年来のパートナーと(サンスポ)
http://www.sanspo.com/shakai/news/120127/sha1201271410015-n1.htm

'I'm in love for the first time in my life': Barney Frank to wed long-term boyfriend(Daily Mail)
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2092329/Barney-Frank-marrriage-Gay-rights-pioneer-wed-boyfriend-Jim-Ready.html?ito=feeds-newsxml

INDEX

SCHEDULE